忘れられない猫。 

2014, 12. 20 (Sat) 01:50

 表玄関を更新しました。
 ・・・って、凄い時間なんですが。
 明日仕事なんですが。
 まあ、カーテン洗う合間に仮眠とったから大丈夫か。

 で。
 今回、ものすごく思い入れが強すぎるというか、めそめそしています。
 すみません。

 『野良猫の矜持。』 (← クリックして頂くと、表玄関へ飛びます)

 本当は、前回の黒猫&ブサカワ猫繋がりで、彼らに比べると欲のない猫として題材を決めていたのですが、すっかり横道に逸れて、なんだか演歌になっています。
 ほんとうに、そんなに好きだったらさっさと家の子にすれば良かったんだよな・・・と、今も思いますが。

 ちなみに、プロフィール画像で使っている猫のことです。
 あまり写真撮っていない・・・と言うか、最後の方は本当にかわいそうだったので・・・。

 風邪は随分と良くなりました。
 再発させないために、ゆっくりゆっくり気をつけますが、そのせいで小説更新できなくてごめんなさい。
 よくよく考えたら、年末は夫の方が休みが長い!!
 ・・・って、お風呂に入っている間とかにちょこちょこいじってみますね。
 いい加減、脳内で煮えています、妄想が・・・。

 ではでは、皆さん良い週末を。


      < ↓ポチリとしてくださるとうれしいです↓ >

  br_decobanner_20100412095827.gif  にほんブログ村 小説ブログ BL小説へにほんブログ村 
スポンサーサイト


  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

コメント

コメントの投稿

非公開コメント