魂の洗濯。 

2014, 09. 28 (Sun) 01:31

 最近、好きだな~と思う絵本作家さんの話を表の方で書きました。
 ほんわかして、かわいい絵なのです。
 最初はそのようなテーマで書くつもりだったのに、気が付いたら妄想妹に振り回されるお兄ちゃんの話つながりにしてしまいましたが。

 『妄想と現実のマーブル模様』

 私自身、かなり妄想少女だったと思う幼少時代。
 その生活習慣を封印したのは中学に上がってからかな・・・。
 でも妄想の尻尾をうまく隠し通せるはずもなく、集団生活の中で浮いてしまっていた思春期だったと思います。
 隠せば隠すほど、挙動不審になるんだよね、多分・・・。
 大人になり、ネットが普及して私の妄想癖を許してくれる優しい友達に出会ったら、随分と楽になりました。
 そして、たがが外れたように転がり落ちた現在に至ります。
 うん。
 ネット社会が私を救ってくれたのだと思います。
 いや、三十を過ぎたあたりから開き直ったのか。
 そうすると、また別の景色が見えてくるものなのですよね・・・。
 
 妄想の王国も、桃源郷も、本当はどこかに存在してるかもしれない。
 そう思い始めた辺り、今の方がずっと重症なのか、それとも妄想も現実も楽しむ術を大人として身につけたのか。
 腐海にどっぷりハマリながらも、ときどき、汚れなき文学を取り入れて、魂の洗濯に努める日々です。
 たまには洗濯しないと、魔物になりそうで怖いので(笑)。

 でも、ちいさなへいたいさんからちいさなおはなをもらいたいなーと思ってしまうあたり、妄想癖の後押しをしているだけかもしれません。

 

      < ↓ポチリとしてくださるとうれしいです↓ >

  br_decobanner_20100412095827.gif  にほんブログ村 小説ブログ BL小説へにほんブログ村 

スポンサーサイト


  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

コメント

コメントの投稿

非公開コメント