読ませてみなきゃわからない。 

2014, 09. 15 (Mon) 00:39

 今日は三時くらいから妙に疲れていて、根気も体力も知力も底を尽きました・・・。
 いや、でも接客業として最低ラインは保ちましたよ・・・。多分?

 ところで昨日、表玄関の方を更新していました。

 『謎が謎を呼び、それからさらに・・・』 (← クリックして頂くと、表玄関へ飛びます)

 ええとですね。
 これ、『秘密の花園』-無花果2-で、清乃が俊一に読み聞かせをねだった『Outside Over There』の日本語版です。
 最初はオーソドックスに『かいじゅうたちの~』にしようかなと思ったのですが、兄弟愛ということと、女の子が闘う話だったので。
 私の目から見ると、子供受けしない絵かな・・・と思っていたのですが、繰り返し読みたがる子がちゃんといるのですよね。
 本当に何処がツボなのかな。
 正直なところ、アニメや漫画風のキラキラした絵が好きな子の多い幼稚園~小学校低学年期の少女が、あえて大人向けのような正統派の絵を気に入るとは、当時驚いたのですよね。
 今でも、あの子はどんな大人に成長するんだろう・・・と、ちょっと楽しみです。
 もう顔も覚えていませんが(そもそも私は人の顔が覚えられない致命傷を・・・)、あの時の女の子。今は、どんな本を読んでるかな?
 これからも沢山の本と出会って、楽しんでいると良いな、と思います。

 そんなこんなで、引用した絵本の紹介でした。

 ではでは、また、火曜日に。


      < ↓ポチリとしてくださるとうれしいです↓ >

  br_decobanner_20100412095827.gif  にほんブログ村 小説ブログ BL小説へにほんブログ村 
スポンサーサイト


  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

コメント

コメントの投稿

非公開コメント