フト子さん・・・。 

2014, 09. 09 (Tue) 00:37

 表玄関で、朝ドラの中で出てきた童話の原文を紹介しています。
 一応、河出から出ている本にも載っていますが、国会図書館のデジタルライブラリーをオススメしますわ。

 「デジタルライブラリーを活用しよう。」 (← クリックして頂くと、表玄関へ飛びます)

 なんだか、図書館だよりっぽい題名だわ~。
 でも、ま、なんだかんだ言ってもそのものですね(笑)。
 一昔前なら、国会図書館へ問い合わせして、有料でコピーを送ってもらったりしていたのが、こうして気楽に検索してすぐに見られる・・・って、今の大学生はいいなあと思います。
 紙の本派としては、ちょっと抵抗があったデジタル版。
 こうして知識を共有できるならいうことないな・・・と、改めて思いました。

 ところで、みみずの女王のお名前は『フト子』さんなんですが・・・。
 ドラマの中の宇田川先生は、実はお優しい方なのだと思ったのは私だけでしょうか。
 一番貶める呼び名は「あら、フト子じゃない?」が一番でしょう。
 そう呼ばずに『みみずの女王』。
 良い人だ・・・。

 そして、ある程度予想通りとは言え、なんだか衝撃の描写は、ぜひご自分の目でお確かめを。
 ・・・そうだな。
 『獣の奏者』のヒロインのお母さんの最期と対を張ると思ったのは、私だけだろうか・・・。
 女性作家は、男性作家よりもある意味大胆、というより剛胆なんだよな・・・。

 ではでは、また。
 ご、ごきげんやう。



      < ↓ポチリとしてくださるとうれしいです↓ >

  br_decobanner_20100412095827.gif  にほんブログ村 小説ブログ BL小説へにほんブログ村 
スポンサーサイト


  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

コメント

犬飼ハルノ

ですよねえ。
アニメですら衝撃だった・・・。
凄い話です。
さすが国際アンデルセン賞。

2014/09/13 (Sat) 01:19 | 犬飼ハルノ | 編集 | 返信

公爵

エリンのお母さんの時は、親子で衝撃を受けたんですがΣ(゚д゚lll)

2014/09/09 (Tue) 05:15 | 公爵 | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント