『きみは、すてきだよ』-2-(『夢の中』その後編) 

2013, 11. 22 (Fri) 07:20

 朝っぱらから何をやってるんだか・・・。
 これから仕事に出かけるというのに私ときたら。

 なんとか、『きみは、すてきだよ』終了です。
 エピソード的にたいした話じゃないはずなのに引っ張る引っ張る・・・。

 とにかく、年末に向けて広げまくった風呂敷を片っ端から畳むつもりです。
 がんばるぞー。

 ところで、栄転した元上司からお便りが届いたのですが・・・。
「東京は広いけど、美人はあんまりいないよ!!」
 ・・・何年経っても変わらない彼を喜ぶべきか・・・。
 つい先日、彼の活躍ぶりを後輩に聞いたばかりだったのですが、これくらい余白があった方が良いのか。
 本当に仕事に関しては有能なんだけどなあ。
 ところで東京の女性達のために是非とも言いたい。
 福岡は繁華街がコンパクトだから、錯覚しがちなんだ。
 九州山口の各方面から老若男女問わずめいいっぱいお洒落した人たちが買い物や観光に訪れて、互いに競い合っているから美女率が高いように見えるだけなんですよね・・・。
 まあ、彼のそのコメントは郷愁が言わせたと思おうそうしよう。

 あ。
 小説、相変わらず脳天気ですが息抜き代わりに楽しんで頂けると嬉しいです。



   どの日付のものでも構いませんので、それぞれの記事の下の『拍手』ボタンをクリックすると、おそらく『拍手御礼』というページが展開されるかと思います。
  そこに、小話を添付しています。
  小話は、『拍手御礼』に1話のみ。
  今回は、池山・江口を中心に、『全て、夢の中』です。
  R指定・・・かな。
  なんせ、池山と江口ですから・・・。
  いちゃいちゃしているような、なんというか。
  そういうのが苦手な方はごめんなさい。  

  ともかく、楽しんで頂けたら幸いです。


 一応、これからも拍手用小話を月に一度書き換える予定です。
 随時オーダー受付中。
 毎月16日の正午締めで、20日頃に新作アップという形を取りたいと考えています。

 
 これからも何かご希望がありましたら、是非リクエストを拍手コメントかメールフォームでお願いします。


 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 とくに、励ましの拍手をクリックして下さる方へ。
 本当にありがとうございます。
 頑張ります。

 もしもよろしければ、一言、くださいね。
 感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。

 お待ちしています。



 あと、アンケートをやっています。
 PCから閲覧している人にしか見えない見たいですが・・・。
 出来れば、ご協力頂けると嬉しいです。




  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

『きみは、すてきだよ。』-2-



「台湾組と言えば、なんだっけ、タナヒデ?あの人燃え尽きちゃったって、相沢さんが電話で言ってたよ」
 空になった皿を片付けながら本間がぼそっと言い出した。
「タナヒデ・・・って、誰だっけ」
 池山は、台湾出向組の面々を思い浮かべて頭をひねる。
「タナカ、ヒデオさん?ソフト系の系列会社で、ずっと江口さん達のグループ関連の仕事してるらしんだけど」
 この会社ではよくある苗字の人の場合、適当な略称またはあだ名で呼ばれる。
 どうやら四年くらい所属していると言われて、ああと、池山は肯く。
「そういや、ちょこちょこ飲み会で見かけたような」
 特に親しくしていないのでその程度しか覚えがない。
「私もあんまり印象にない人なのよね。でも江口さんのとこの事務の子に宿泊先を尋ねたら、彼を同じ宿でセット手配したら隣室になったらしいって聞いて、慌てて電話で呼び出したわけよ」
「なんで?」
「だって、どうせ池山さん、江口さんの部屋になだれ込むと思ったから。そのホテル、念のためネットでチェックしたら口コミで壁が薄いって出てたのよね・・・」
「え・・・?」
「本間、これ以上言ってくれるな・・・」
 片桐がストップをかける。
 が、池山にはその気遣いと情けを感知する能力はなく。
「え?マジ?俺、江口を寝かせてやんなかったけど・・・」
 盛大な花火を打ち上げてくれ、岡本と片桐は倒れ伏した。
「あら、まあ・・・」
 橋口は綺麗な指先を熟れた唇に当てて、涼しげに笑う。
「田中さんも燃え尽きるでしょうね、それじゃあ」
「でも、自業自得なんだよね。私はちゃんと一晩だけで良いから別の部屋に行けって忠告したのに、電話口でぐずぐず言うから、あ、こりゃだめだなと思って切ったら案の定、逆らいやがって」
 そして彼は灰になってしまったのである。
「今になって思うと、なんか、よく敵意ある視線を送ってくるヤツが江口さんとこにいたんだけど、あれがタナヒデかなあ」
 と、そこで岡本が割って入った。
「ちょっと待て。本間、お前タナヒデ覚えてないのか?」
「ん?なんのこと?」
「いつだったかなあ・・・。何年か前にお前、飲み会の最中に告白されたじゃないか」
「えええ?誰が?」
「お・ま・え・が、タナヒデに!」
「え?マジ?おぼえてない!!」
「マジだ。大まじめだ。覚えておいてやれよ、それくらい・・・」
「うわ・・・なつみちゃんたら」
「完璧にデリートされてやがる・・・」
「んー。松田のおばかさんは強烈だったから覚えてるんだけど」
「松田って、あの、営業の松田さん?」
「ん。あれ、何年前だったっけ。なんか年末の合同飲み会の時だったと思うけどね、へべれけだったのね、松田」
 ちなみに、彼もいくらか本間より年上である。
「宴もたけなわの時に、トランクスいっちょにサンタの三角帽子被って、腹になんか絵を描いた格好でね、土下座されたの」
「・・・はい?」
「そういや、やったな、松田・・・」
 池山が感慨深げに肯いた。

 その格好は、ペアの一発芸だったから覚えている。
 二人で潔く脱いで、腹踊りをした。
 今ならもうとてもやれないが、当時は若かったのだ。
 そして、その後、酒をかなり飲まされた松田は千鳥足のまま本間の元へ行き、足下にうずくまるように土下座して、こう叫んだ。
「一発、やらせて下さい!!」
 あたりが一瞬、しんと静まった。
と、そこでわなわな震えだした本間がすかさずヒールのある靴で蹴りをいれる。
「だれがさせるか、このあほんだら!!」
「ごふ」

 当時の本間曰く、それでも怪我をしないように力を加減したと言うのだが、酔っ払いは床をころんと転げて腹をさらした。
 慌てて飛んできた立石が松田を担いで撤収し、池山がその場を取り繕い、当時の事務職だった岡本の妻が本間をなだめてなんとか収まったが、格好の話題を提供し、本間はしばらく屈辱を味わうことになった。
 しかもなんと松田はそのことを全く覚えておらず、後日、本間はもう一発拳骨を繰り出した。
 一応それで手打ちにし、その後、松田自身は池山達が計画する飲み会や旅行にちょこちょこ顔を出していて、本間ともそれなりに仲良くしていて今では笑い話になっている。
 が、しかし。
「その、松田の土下座事件あたりからなのよねえ。酔っ払いに絡まれるの・・・」
 悩ましげなため息に、酸いも甘いもかみ分けている橋口がふふふと笑った。
「まさか・・・。蹴られてみたいとか?」
「いーやーっ!!それはいやーっ!」
 本間は頭を抱えて半狂乱になる。
「いや、男ってシャイなのよ。酒の力を借りないとなかなか踏み切れないって言うかさ・・・」
 ともかく。
今現在、酔った勢いで交際を申し込んでくる男が後を絶たない。
「うーん。素面の時にもう一回言ってくるくらいの気骨のある男なら、少しは考える余地あるんだけどね・・・」
 なら、素面の状態で現在押しに押しているあの男のことはどうなんだと全員考えたが、口をつぐんだ。
「え?考える余地あったのか?バッサリだったぞ、タナヒデの時」
「え?」
「コンマ一秒も考えずに、『無理です』って即答したから、あの後荒れた荒れた・・・」
 その日からしばらく、田中と飲みに行くと必ず飲み過ぎて世話が大変なので、しばらくそっとしておこうと申し送りが発生したくらいだ。
「うーん。思い出せない・・・。彼は私になんて言ったの?」
「ああ・・・。『付き合って下さい。まずはお茶から』だっけな?」
「ああああ!!思い出した!!」
 ぱん、と膝を叩いて叫ぶ。
「あの、どこからどうみても『お茶から』じゃないヤツ!!」
「どこからどうみても?」
「目がもう、満月を見た狼男みたいに血走っていて、満員電車の痴漢みたいにハアハア言いながら『お茶から』って迫ってくるから、反射的に『無理』っていったんだった!!」
「はんしゃてきにむり・・・」
「だって、めっちゃ怖かったんだもん!!うっかり『はい』なんて応えたら、速攻でホテルに連れ込まれそうな勢いだったもん!!」
「いや、それはよ・・・」
 なんとも気の毒でフォローに回ろうとした岡本だったが、次の一言で石と化した。
「・・・だって、微妙にテント張ってたし」
「・・・は?」
「だから、発情してたんだってば、ソイツ!!・・・他にも目撃者がいたから、妄想じゃないよ?」
 ちなみにその目撃者は現在、岡本の愛妻となった保坂有希子だが、彼の心の平穏のためにあえて伏せた。
「とにかく、ソッコーでお断りした後、きちんと『カレシがいるから』ってフォローしたはずだけど?後が怖いから」
「いや、多分、その部分は全く聞こえてなかったと思う・・・」
「男って悲しいイキモノだよな・・・」
 池山が目尻の涙をぬぐう。
 ちなみに、同情の涙ではない。
 肩が小刻みに震えている。
「いや、あんたに言われたかないだろう、田中も・・・」
 そもそも、今回のこの話のきっかけは池山の台湾襲撃によるものだ。
「え?そんなこと俺に言っちゃう?そういうお前はどうなのよ、片桐」
「う・・・」
 同じく酒に飲まれてしまった経験のある片桐は胸を押さえる。
 しかも新人というわけではなく、つい最近のことだ。
「ほんとに・・・。男の人ってしょうがないわねえ」
 橋口のほのぼのした一言に、池山と片桐は明後日を向く。
「それにしても、何年経ったのよ。だってタナヒデ結婚してるんだよね?」
 単身赴任の話はホテルの手配をした子から聞いた。
「・・・最近、子供も生まれたよ」
「ああもう、わけわかんない・・・」
 不満げに唇を尖らせる本間に、岡本はそっとため息をついた。
 本人は気が付いていないようだが、最近ますます蠱惑的になったと思う。
 田中もいまだに本間に対して構えた態度をとり続けるあたり、数年経ってもなおかつ忘れられないのだろう。
 初恋だ、と泣いたのを覚えている。
 年を経て更に輝きを増して、そばにいればある意味拷問だ。
「・・・ま、いいわ。ここは私がオトナになりましょう。帰国したらゆるーく接しますね」
 些細なことにこだわらないのが、また、彼女の長所でもある。
「そうしてやってくれ・・・」
 とりあえず、疲労困憊の田中のフォローが最優先だろう。
 呑気に茶菓子をぱくついている池山に恨めしげな視線を送りつつ、岡本は頭を下げた。


 初恋。
 それは、永遠に解けない呪縛。

 きみは、すてきだよ。


 -おしまい-





      < ↓ポチリとしてくださるとうれしいです↓ >

  br_decobanner_20100412095827.gif  にほんブログ村 小説ブログ BL小説へにほんブログ村
スポンサーサイト

タグ:続きを読む

コメント

コメントの投稿

非公開コメント