桜が散る前に。-Silent Love①- 

2010, 05. 07 (Fri) 20:47

たしか、東北にはまだ桜が残っていたと思うので、慌ててUPします。

この間、目黒川を散歩していて思いつきました。
(同行した友人Mさんごめんなさい・・・。思いついたのは、後だから!!!ええと、次の日のバスの中だから!!)
ある程度骨組みは決まっているのですけどね…。
いつ、続きが書けることやら。
ちなみに、別件で椿の話もあるんですけどねえ・・・。
いや、その前に片桐たちの決着をつけないといけませんよね。

オープニングに持ってこようと思っている一文です。
桜のあるうちにどうぞ・・・。

BGMは『あの夏、いちばん静かな海』のサントラです。

あの夏、いちばん静かな海あの夏、いちばん静かな海
(2001/06/28)
不明

商品詳細を見る




  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

Silent Love-1-



 花曇りとはこのような時を言うのだろうか。

 真珠の肌のように光をはらんだ薄雲と、同じように薄紅を刷いたような桜の花びらがまるで溶け合うかのように交わるさまをぼんやり眺めながらそう思った。
 朝と昼のはざまの時間。
 川沿いの遊歩道には満開の桜並木が続いている。
 その中のベンチの一つに腰を下ろしたきり、拓真は動けないでいた。
 普段なら、こんな風に桜並木の下に座って空を見上げることなどなかっただろう。
 そっと目を閉じて桜の枝を飛び交う小鳥たちの鳴き声とかすかな川のせせらぎを聞きつつ、深く息を吸う。ほのかに花の匂いがするような気がした。
 そんな時、唇にそっと何かが触れた。
 目を開けると、そこには隣に座っていたはずの男の顔があった。
「…何をした」
「キス」
 ふわりと笑って、また頬を寄せてくる。
 少したれ目がちの瞼は綺麗な二重を描き、それを縁取る茶色がかったまつ毛の長さにみとれているうちに唇を合わせられてしまった。
 ゆっくりと互いの唇を温めるかのようなキス。
 雲と桜の境界線が解らないように、自分たちの存在も曖昧になる。
 全ての音も風も何もかも曖昧になってしまった。
「なんで…」
 吐息の混じりあうほどの近さで尋ねた。
「したかったから」
 ふわふわと男はほほ笑む。
「怒らないの?」
 怒るべきなのかもしれない。
 しかし、何も考えることができなかった。
「義兄さん?」

 風が、さあっと吹いて、花びらが雪のように舞いあがった。







br_decobanner_20100412095827.gif

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

タグ:続きを読む

コメント

コメントの投稿

非公開コメント