秘密の花園ー早春ー 

2013, 01. 29 (Tue) 23:38

 これから何を書くか結局決まっていないので、とりあえず「シークレット・ガーデン」のシリーズ(真神勝己・憲二)の一部を掲載します。
 序章みたいですみません。 

 普段、『楽園』シリーズを書く時のBGMは圧倒的に大澤誉志行の『楽園』を使うことが多いのですが、真神家に関する話を書く時は、マイケル・ナイマンの『ピアノ・レッスン』を使います。
 それに引きずられて真神家三姉弟プラス長兄の話が出来上がってしまいました。
 私の中で、音楽はかなり重要かもしれません。
 普段は、『ガッ活』のオープニングが流れているので、これを修正するためにも、BGMは必須です、ホントに・・・。

 ご存じない方のために。
 マイケル・ナイマン氏本人の演奏だそうです。

 

 ちなみに、大澤氏ならこちら。

  

 そして、他にも憲二と勝己のイメージで浮かぶ曲がこちらの二つ。

 谷山浩子の『王国』。




 大貫妙子の『LABYRINTH』。

   



 今回の話は私にしては短いですが、ゆっくり楽しんで頂ければ嬉しいです。



   どの日付のものでも構いませんので、それぞれの記事の下の『拍手』ボタンをクリックすると、おそらく『拍手御礼』というページが展開されるかと思います。
  そこに、小話を添付しています。
  小話は、『拍手御礼』に1話のみ。
  今回は、『女王陛下と俺』の立石徹とその家族の話です。
  お題は『バイオレンス・バイオレンス』。

  楽しんで頂けたら幸いです。


 一応、これからも拍手用小話を月に一度書き換える予定です。
 随時オーダー受付中。
 毎月16日の正午締めで、20日頃に新作アップという形を取りたいと考えています。

 
 これからも何かご希望がありましたら、是非リクエストを拍手コメントかメールフォームでお願いします。



 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 とくに、励ましの拍手をクリックして下さる方へ。
 面倒な操作なのに、本当にありがとうございます。
 頑張ります。

 もしもよろしければ、一言、くださいね。
 お待ちしています。


  



  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

  秘密の花園-早春-


 この土地の春は駆け足だ。
 雪どけが始まった途端、次々と芽吹き、花を咲かせていく。

 ひんやりとした空気の中に、植物の放つ、甘く清々しい香りを感じた。
 ふと立ち止まって見回すと、広い敷地のそこかしこの木の枝や草花に赤や黄色をはじめとした様々な色彩がぽつりぽつりと散らされていた。
「憲、そんな格好でうろつくな」
 暖かな声がいつもより尖り気味で、どうしたことかと振り返ると、弟の勝己がコートを腕に抱えて追いかけて来た。
「ちょっとつらつらと歩こうかと思っただけなんだけど」
 うっすら微笑んでみせると、彼はなんとも言えない面持ちのまま、コートを着せてくれた。
 ボタンの一つ一つを子供にするかのように丁寧にとめていくのを見つめていると、急に顔を上げた勝己と視線があった。
「なに」
「・・・べつに」

 何か言いたげなくせに、いつも言わない。
 こちらも問いかけはするけれど、深くは追わない。
 それが、自分たちの日常だ。
 きっと、たぶん、勝己がこの世に生まれて、言葉を解するようになってからずっと。

 さわさわと音を立てて近くの竹林が揺れる。
 少し前まできちんと管理されていたが、今年はもう筍を採ることさえないだろう。
 この庭を作り上げた母はもういない。
 いや、母だけではなく、誰もいなくなった。
 あの男が逝き、兄が追いかけ、父が力尽き、またそれを母が追い、早春の花を愛した姉はもっと山奥の雪深い土地へ嫁ぎ、甥は自分の足で歩き始めた。
 すっかり空っぽになった広い邸内を老夫婦に住み込みで管理させてはいるものの、庭の手入れはほどほどでよいと申し渡してある。
 ほんの前までは、足繁く通っていた様々の人の訪れもぱたりとやみ、ここはうち捨てられた庭園になってしまった。

 さっと風が吹く。
 土の匂いと、草花の少し青臭い匂い。

「今年もけっこう咲いたな」
 足下の白い花を見つめて勝己が顔をほころばせる。
「この花、名前なんだっけ」
「背が低い方がスノードロップ、すらりとしている方がスノーフレークだよ」
 俯いてぽってりとした白い花弁の方をまず指し示し、星をかたどったような白い花弁の先に緑の斑点がぽつんとたらしてある。
「・・・去年もここで聞かれた気がするぞ」
「ふうん。そうだっけ。じゃあ、あれは?」
 さらに奧にひっそり花をつける似たような葉で黄色い花を指すと、ますますあきれた声を上げた。
「あれは水仙だろう?それくらい覚えろよ」
「必要ないから」
 母と姉が丹精込めて作った庭。
 姉が心身共に破綻して以来、勝己がその輪に加わり、いつも介添えしていた。
 そして春彦が生まれ、おとなしい甥が小さな手でそっと花に触れる。
 
 ウメ、マンサク、ヤブツバキ、アセビ、ネコヤナギ、ダンコウバイ、ミツマタ、トサミズキ、ロウバイ、クロモジ、コブシ、シキミ、ユスラウメ、モモ、マヤブキ、ジンチョウゲ、モクレン、ミモザ・・・。

 花に囲まれて、家族が笑う。

 フキノトウ、フクジュソウ、ツクシ、ナズナ、スズシロ、ハコベ、ホトケノザ、スミレ、ハルリンドウ、トラノオ、カタバミ、ナノハナ・・・。

 冬の寒さを越えて、出会う花に喜びを。

 フユアヤメ、クリスマスローズ、クロッカス、ストック、スイセン、スイートアリッサム、スノードロップ、スノーフレーク、スナニラ、ビオラ、ヒヤシンス、プリムラ、フリージア、ムスカリ・・・。

 それぞれの心に光を灯して。



「・・・憲」
 ふいに背後から抱きしめられた。
「俺がいるから」
 背中に感じる、いきたおと。
「ずっと、いるよ」
 暖かい。
 確かな力が天と地を繋ぐ。
「・・・そうか」

 風が吹く。
 はるか遠くから滑るように迫ってきて、あっという間に通り過ぎていった。
 命が、香る。
 木々がざわめき、草花が揺れ、水が通っていく。
 目覚めの音が聞こえたように思えた。
 ぼんやりとした光の中、命の色が瞬く。

 花の名は、言わない。
 あれは、問うべきもの。

「・・・すこし冷えた。暖めろ」

 振り向いて、求める。
 差し出される、誠実な唇。
 吐息が、交わる。
 熱に包まれて、溶かされていく。

「かつみ・・・」

 つなぎ止めるための呪文。
 
「寒いから・・・」

 だから、そばにいろ。
 
 二人きりの王国。
 秘密の花園。



-完-


 
     < ↓ポチリとしてくださるとうれしいです↓ >

  br_decobanner_20100412095827.gif  にほんブログ村 小説ブログ BL小説へにほんブログ村
 



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント