チョコレートの日。 

2012, 02. 14 (Tue) 18:09

 今日はバレンタインですね。
 日本ではチョコレートの日として定着しつつあるこの頃。
 そして、伏兵として、「ふんどしの日」が・・・。
 これは、ダークホースですね、ある意味(笑)。
 ふんどしと言えば、博多山笠。
 私は、日本で一番凛々しいふんどし姿だと思います。
 興味のある方は、7月15日に博多へ是非。
 運の良い事に追い山ならしの朝は連休中日ですよ、今年。
 老いも若きも美しいふんどし姿をご覧あれ。

 あああ。
 せっかくのバレンタインの日に何を血迷った事を書いているの、私。

 今年は交通の便の良いところに引越ししただけにたくさんチョコレートを買いました。
 その件については表玄関の方に書きましたので、興味のある方はどうぞご覧下さい。

 『チョコレート貧乏。』

 ついでに、もう一つ前の記事も紹介。
 サツマイモのポタージュについてです。

 『危険なセンイ。』


 最後に、いずれ三回シリーズくらいで紹介しようと思っていた『長い冬』の導入編です。

 『『長い冬』(岩波少年文庫)について。』


 そういえば。
 阪急百貨店の特設売り場に物凄く美味しそうで、物凄くお高いチョコレートがあり、ショーケース越しにしばしにらみ合った末に敗北して退散したのですが・・・。
 それを私の横で購入した青年がおりました。
 とても仕立ての良いコートとスーツを着こなした、品のある青年。
 ちょっと照れたように店員さんとお話ししていましたが・・・。

 私の中のヨコシマスイッチ起動。

 育ちの良さそうなちょっとぽやんとした空気をまといつつも、目元が涼しく、額にかかる黒髪はしっとりと光り、白目の肌の綺麗な人でした・・・(←そんなところまで、ものの数秒でチェックした私をほめて下さい)。
 自分ひとり用でしょうか・・・。
 それとも、誰かと一緒に楽しむのでしょうか。
 それは、今流行の男子会かもしれない。
 それは、もちろん彼女とのデザートのためかもしれない。
 でも、もしかしたら・・・?

 まあ、そんな妄想が降っては沸いて降っては沸いて、とても楽しゅうございました。
 バレンタインはそんな妄想もおまけにつけてくれるので(いや、それがなければならないわけではないけれど、あると楽しいではないか!!)好きです。 
 当日よりも、その準備期間は色々なドラマがありそうで、チョコレートだけではなく、売り子さん、買い物客の両方をついつい眺めてしまいます。

 さて。
 みなさんの今年のバレンタイン週間はどのようでしたか?
 色々買い込んで楽しんでいますが、実は、ここ最近のお気に入りはキットカットのビターだったりします。
 ほどほどの大きさと手頃なお値段と甘すぎないのが凄く良い。
 コーヒーのお供にお試しあれ。




     < ↓ポチリとしてくださるとうれしいです↓ >

  br_decobanner_20100412095827.gif  にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村




スポンサーサイト


  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

コメント

コメントの投稿

非公開コメント