FC2ブログ

晩秋。 

2019, 11. 27 (Wed) 09:41

 ご無沙汰しています。
 毎度毎度すみません。
 気が付いたらもう11月が私を捨てていこうとしている。
 やだ待って、行かないで。

mP_20191121_135251.jpg

 本日のトップ画像は大宰府の紅葉。
 先週半ばに一人で行ってきました。
 前日にテレビで取り上げられていたらしく、通常の観光客にプラスが付いて平日にもかかわらずなかなかの人の多さでした。

 そのようなわけで、紅葉狩りついでに大宰府の九州国立博物館で行われている『三国志』展へ行きました。
 父の書棚に吉川英治版三国志があったような気がするけれど、きちんと読んだことはなく、子ど向けで偕成社で佐竹美保さんの挿絵の単行本が読みやすそうだなーと思いつつそのままで。
 それと十年位前にやったブラウザ三国志が私の初めてのオンラインゲームであまり良い思い出がなく、ちょっとトラウマです・・・。
 私はつくづくゲームに向かないと思いつつ、刀剣とあんスタはほそぼそとレベルの小石を積んでいます。
 きっぱりやめるんじゃなかったのか。

 話を戻しましょう。
 そんなわけでなぜ外出したかというと、全ては腹の肉のためです。
 引越しと同時に仕事を辞めて、ついでに療養生活に入ったら本当に駄目な人間になりまして。
 人生最大級に肥えているのでなんとかしよう、そうだ歩こう。
 九国から歩いて竈門神社にて紅葉狩りなんていいんじゃないか?
 ついでにどこか途中のカフェなどで休憩して…。
 あ、マップを辿ると裏道になんかハンバーグのランチがある。
 肉。
 なんか肉が食べたい。
 いいな、このハンバーグ。
 その時点で積んだ私の腹肉改良計画。
 家族には「それって・・・」と言われたけど聞こえない。

 だがしかし、ついでのつもりで行った三国志展が意外に面白かったのです。
 知識があまりなくても大丈夫。
 その件については後日表の日記に書きたいと思うのですが、とりあえず、『リアル十二国記』が味わえるとだけ。
 このころの建物や装飾や概念が本の中から飛び出たようで、私はとても面白かったです。

 ただし、十二国記には決して存在しないものを見つけました。
 これです。

 『佼人』。
 説明文がうまく撮れてなくてすみません。

 mP_20191121_120951.jpg

mP_20191121_121002.jpg

 なにがあっても、こういうのはすかさず撮ってくる私は腐っても腐女子。
 ええと、他のものも撮ってきましたが(三国志展はおおむね撮影OKです)、この二枚だけはこちらで公開するに決まってる(笑)。

 お稚児さんだのなんだの、これが東洋の文化なのか。
 誰も写真を撮ろうとしない中、ひとりでドキドキしながらスマホを構えました。
 ここを喜び勇んで取る女は来場者の中に一人もいない。
 きっと、誰かが私に憐みの目を向けていたに違いない…。
 旅の恥はなんとやらでしたが、平常心を保てなくて手ブレしたのはご愛敬。

 あと、現在の常設展フロアの刀剣展示は同田貫ではなく、光忠です。
 展示されている光忠は刃紋がけっこう華やかで、長義を連想させる雰囲気でした。
 特別展を見た後余裕がありましたらご覧になってくださいね。

 で、突貫で朝から夕方まで大宰府を楽しんだのは良かったのですが、この日は天気が良すぎたのが多分逆に眼精疲労を引き起こし、その後三日間偏頭痛に悩まされて今に至ります…。
 どうしてこう、体調にぶれがあるのか。
 機械の体が・・・以下略。

 そんなこんなですが、文章はちょっとずつやっています。
 パソコンだとついついネットで遊んでしまうので、テーブル席でCDかけながら印字したものを読み直したり。
 Blu-rayにCD突っ込んでテレビのスピーカーを使って音楽聞いているのってきっと私くらいだ。
 でも、一応機能としては存在するのですよね。
 「音楽を聴く」って。
 まあとにかくそんな感じで春庭新刊に朱書き作業をしているのですが、誤字脱字とやらかしをあちこちで見つけ、購入いただいた方にはもうもう・・・・。
 本当に申し訳ございません…。
 設定も練り直して、とにかくお届けできれば…と思います。
 読みながらこんなこと書いていたんかいと天を何度も仰いでは、赤ペンは知らせ、ノートにメモったりしています。
 文章を書くようになってようやく気が付いたけれど。
 自分が作った話なのに、意外と設定を忘れるものなんですよ…。
 今回一番役に立った自宅蔵書本。
 「世界のネコたち」。
 ちなみに、猫の姿はちらりともしない『天のかけら地の果実』。
 ・・・。
 瞳のね。
 カラーチャートがあるのです。
 ざっくりだけど、茶色から緑、ゴールド、青あたり。
 己と家族の目くらいしか色がわからないので、「こんな感じの色の目あるかな」と見直すのに使います。
 猫の目の色ですが。

 ではでは。
 次回は表のブログの方で、ちかいうちに・・・。
 たぶん。

mP_20191121_135224.jpg

 最後に紅葉をもう一枚。
 こんな感じで色々な色が混じっているのも好きです。
 とくに緑がまだ多いっていうのが好き。
 幼いころに祖母が縫ってくれた着物を思い出すのです。
 従妹達と着物を共有していたのですが、七五三シーズンになると一緒になるので秋の柄で縫ってくれたのだと思います。
 ありがとう。
 もっときちんと祖母と話をしたり着物のことを教えてもらえばよかったと、この季節になると思い出します。

スポンサーサイト







ブログランキング・にほんブログ村へ




コメント

犬飼ハルノ

Re: 八朔みかんさまへ

はじめまして。
コメントありがとうございます!
先週の木曜日に行ったのですが、あのような感じでした。
今年は当たり年かも。
ついでに言うと、光明禅寺の枯山水がとてもとても見事でした。
撮影禁止なので画像をお見せできず残念ですが・・・。

それからBlu-rayでCDをかけるお仲間がいらしたことに驚くとともに、大変心強く思います。
とてもとてもうれしい…。
地球上に我が家だけだと思ってた。

三国志のこと、紅葉のこと、カフェのこと、
明日より表の方で数回に区切って書きますので、ご覧いただけたら幸いです。

2019/11/27 (Wed) 23:16 | 犬飼ハルノ | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント