FC2ブログ

無事帰宅しました。 

2019, 04. 29 (Mon) 12:32

 九州北部地方は雨模様で少し肌寒い感じですが、みなさま如何でしょうか。
 Twitterの方にはかなり頻繁につぶやいていたのでご存じの方もおられますが、手術は成功し術後経過も悪くないので実家療養を切り上げて数日前に自宅へ戻りました。
 本当に、この歳になってから年老いた両親の世話になるのは本当に申し訳ないことだなと…。
 しみじみ思いました。
 久々の親子水入らずはとても貴重な時間ではありましたが、二人の生活リズムを私が明らかに壊しているので十連休にはいるまえになんとか帰宅。
 その後、休めたかな・・・と心配ですが、次は孫たちが遊びに来るための準備にかかっているだろうから様子見です。
 先に兄家族の予定が決まっていて、急に私の手術が入ったから各方面気を遣わせてしまって、誠に申し訳ない。
 とりあえず、私の十連休は安定の引きこもりライフです。

 この花はカモミール。
 一度だけカモミールティーにして飲みました。
 やはり、生の花にお湯を注ぐハーブティーは格別ですね。
 ドライのカモミールティーとずいぶん風味が違います。

mP_20190421_091246.jpg

 ところで、きちんと病名を書いていなかったと後で気付きました。
 そういや、私のように治療法を検索してこの腐女子ブログにたどり着いたら申し訳ないなーと思って書いていなかったのですよね。
 なので、後日詳細を表のブログに書きますが、眼球の奥の網膜の物を見るための一番大切な部分にセロファン状の膜が張り付いてしまう病気です。
 症状としては視点の中心がゆがんでいくことが多いのですが、私の場合は丸いすりガラスが常に中心に張り付けてある状態で、これがだんだん広がっていきました。
 治療法としては局所麻酔した眼球に細い針のようなものを刺して、膜をはがして除去ということになります。
 この、眼球串刺しが怖くて一時は治療をストップしようかなと思ったのですが、とにかく短期間で見えない範囲が広がっていったので待ったなしでした。

mP_20190420_153917.jpg

 でもですね。
 前日実家入りして手術に挑んだわけですが。
 晩御飯も朝ごはんもきっちり食べて、朝一で病院へ向かい、入院手続きと術前の処理を受けて待機、昼前に呼び出されて手術。
 そして30分程度で終了。
 すぐに病室へ戻されて検温血圧測定。
 いずれも平常値。
 「お昼ごはん、いつお持ちしましょうか」と言われて「30分後に」と即答し、運ばれたら15分程度で完食した娘に、母の一言。
 『この子は普段ぼんやりしているけれど、度胸だけはあるんですよ・・・』
 術前は、私より夫の方が緊張して紙のように白くなっていたと両親の弁。
 ・・・とまあ、そんなこんなでした。
 でも、怖くなかったわけではないのですよ。
 正直、あれよあれよという間に事が運んで行ったのと、事前に術中の様子をある程度つかんでいたから落ち着いていられたのかな。
 それと、眼が良くならない限り自分のしたいことは何一つできないので。
 翌日の検査の時に眼帯を外し、普通通りに視界があると知った時にはちょっと感動しました。
 うれしかったな。

 術後経過次第では白内障と網膜剥離になる可能性があるとのことなので色々制限もあり、そろりそろりとですが通常に生活しています。

 二枚目の写真はこでまり。
 退院して数日は天気が良かったので、綺麗な写真が撮れました。

 とりあえずですが、無事に終えたことを感謝します。
 心配してくださったみなさま、ありがとうございました。
 私は元気です。

スポンサーサイト







ブログランキング・にほんブログ村へ




コメント

犬飼ハルノ

Re: タイトルなし

こんにちはご無沙汰しております、メッセージありがとうございます。

今回、入院患者の中で男子をのぞいてトップ若者だった私(笑)。
男子はね、たぶんスポーツ系網膜剥離の人が何人かいました。
それ以外はかなりご高齢の方ばかりで。
きっと、貴腐人さんも若者扱いになりますよ~。

意外と目の治療をされている方はおられるのだと、今回の病気を通じて実感しました。
とくに白内障と若年性緑内障の方、多いですね。
実は実兄も緑内障治療中だと先日初めて知りました。
母の友人で両目の白内障を治療された方は、気持ちが落ち着くまでもう片方は待ってもらったそうです。
半年くらいでしょうか。
私の今回の入院は三泊四日。
水晶体温存だったから逆にちょっと難易度が上がったようです。
今はほとんど日帰りとか一泊二日で大丈夫なんて、すごいな…色々な意味で。
術後見える見えないは人によるようなので、ゆっくりご検討くださいね。
私は手術をしてよかったと思いますが…。
三十分の施術中、うわいやだと思った瞬間に、若い看護師さんがずっと手を握ってなだめてくれました…。
そのあたり、生々しくならない程度にいずれ書きますね。

なんと今更インフルがはやっているとか。
お身体お大事にされてくださいね。

2019/04/30 (Tue) 12:38 | 犬飼ハルノ | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント