過去の私と未来の私。 

2017, 07. 19 (Wed) 20:20

 昨日は通路側の窓と網戸を洗って目隠し用のすだれかけ直して・・・で、力尽き、今日は朝からごはん抜きで所用を済ませるべく出かけて、もよりのお店でモーニングのパンケーキを食べて、コーヒー飲みながら一時間、『野分』のチェックをかけていました。
 おお、なんか今日の私は違うぞ!!
 このテンポでそのままパソコンと対峙しようぞ!!
 ・・・って、思っていたんですけどね。
 気温が高くてそこそこ晴れていたので洗濯したりなんたらしたりしていたら、あっという間に時間が過ぎてしまった。
 ぜったい、我が家には時間泥棒がいるんだそうに違いない(←他力本願)。
 まあ、正直に言えば、師匠が昨日夕方に持ってきてくれた漫画三冊が面白すぎて何度も読み返してしまったのが敗因なんですが・・・。


20170719.jpg

 ところで、ホットケーキはここのが一番好きです。
 シンプルでほっとする・・・。
 ここ数年の流行のおかげでホットケーキやバンーケキの類は色々口にしましたが、結局、スペシャル御飯よりもいつものカリカリが好きな猫なのね、私。
 いや、お外でお金払って食べているのだから十分スペシャル御飯です。
 そもそも砂糖少なめの好みのパンケーキなんて自分で焼けばいいんだろうけれど、なぜか外の方がすごくキレッキレに修正作業が進むのですよ…。
 おかげで、たくさんアカン所を見つけましたよ。

 なぜならば。
 過去の私は、書いている最中に「なんか、あーなってこーんな感じの表現・・・なんか思いつかないから、それに近いこと書いとこう。どうせいずれ見直しかけるから、未来の私が何とかしてくれる・・・」と、漠然としたまま感覚だけでがーっと走り抜けるのです…。
 そして、今日の私が未来の私。
 「は?何でここ、こんな表現使って書いてるの?辻褄合っていないし、重複表現してるし、こんなの晒して恥ずかしくないのか過去の私。いや、こことこことここはいかんやろう」
 と、赤ペンをがーがー引くわけです。
 でも、いつも辞書を持たずに出かけるので「・・・正しい表現は更に未来の私に任せた。どうせエンドまで行ったらまた最初から見直すんだし」と、先送りすること多数。
 こうして。
 更に未来の私に負荷が・・・。
 どれも同じ私の脳みそなんだから、飛躍的に改良されるわけではないと知りつつも、こうして毎度毎度未来の私に丸投げするわけです。

 ああ、この先に脳みそ発達した私は存在するのか否か。
 神のみぞ知るです。

スポンサーサイト


  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

コメント

コメントの投稿

非公開コメント