ユーリ巡礼part3。 

2017, 04. 11 (Tue) 00:00

 月曜日の福岡は前夜からの雨がそのまま降り続き、折角咲いた桜も散り始めています。
 そんな中、敢行された巡礼ツアー・part3.
 今回も特典狙いの食い気の旅。

 まずは、桜の唐津=長谷津城です。

miniDSC_0570.jpg

 城への石段。
 一日を通して雨脚が強かったので、どんどん散っていきました。
 今年は開花した途端雨模様が続いたので、本当に残念。


miniDSC_0577.jpg

 たぶん、こちらは一番上のお土産屋さんがあるあたりの桜。
 とにかく空が暗くて。
 でもなぜかこの場所だと潮騒が聞こえるのです。


miniDSC_0578.jpg

 ベンチのある方の桜。
 勇利がトレーニングしていた場所ですね。
 ここは桜の頃を絶対見たいと思っていたので、それが叶ってうれしいです。


miniDSC_0585.jpg

 雨に濡れた花びらって撮ったことなかったので、これはこれで役得。

 そして・・・。
 202号線沿いにある焼肉屋さん、上場亭へ移動。
 別のタイプのポストカードがもらえるので行きましたよ。
 私が引き当てたのは、奇しくも長谷津城の石段を駆け上がるトレーニング中の勇利と、それを上から眺めるヴィクトルとマッカチンの後姿の絵でした。
 これも何かのご縁でしょうかね・・・。
 ちなみにユーリとコラボしたメニューは焼肉とアイスのセット。
 (写真撮るのを忘れました・・・)
 佐賀牛のかなりいい部位を炭火で焼いて食します。
 肉だけでは物足りなくて、ご飯が食べたくなった私たちはビビンバを追加したのですが・・・。
 それが後でちょっとした誤算の一つになります。

 昼食後に移動した先は旅館魚半のMAURA CAFE。
 モーラー館という別邸の一階にあり、海は目の前。
 浜崎海岸の石碑が窓から見えます。

miniDSC_0602.jpg

 大誤算だったケーキ。
 直径11センチあります。
 ・・・大変おいしゅうございましたよ?
 チョコレートケーキ好きですし、コーヒーも美味しかった。
 カフェのオーナーと思われるご婦人がとても上品で、とても良い空間でしたよ?
 だがしかし。
 ほんの少し前に佐賀牛の焼肉とビビンバと通常サイズのかき氷アイスを食べた私たち。
 別腹とはいきませんでした。
 とにかく供された瞬間、ひっと息をのみました。
 でも、完食。
 前日に道場の師匠が予約しくれたケーキを残すわけにはいきませんわよ。
 美味しい、苦しい、美味しい、でも苦しいのループだった…。
 スポンジを軽めに作ってくださっているので、普通の人はおしゃべりしながら楽しく食べきれると思います。
 単に、満腹で挑んだ私がアカンかっただけですよ。
 そして、私はこの別館のモーラー邸に泊まってみたいと思い始めている…。
 早朝の浜辺を散歩したいのと、ここの魚料理おいしそうだなー(←おい)とおもったので。

 ところで。
 EDのはあはあシャワー(←道場の師匠命名)、もう一か所ありました。

miniDSC_0603.jpg

 この、モーラー邸のカフェの斜め前。
 近くに浜崎海岸の石碑があるので、浜辺を歩いてもすぐわかります。
 以前に紹介したシャワーの場所とこちらはそもそも駐車場と遊歩道の両方と繋がっていて、徒歩数分の距離。

miniDSC_0608.jpg

 天気が悪いのと、私のガラケーの力がへっぽこなのでこの程度の画像で申し訳ない。
 シャワー目印になる浜崎海岸の石碑は結構大きいです。


おこし

 最後に、城内のお土産屋さんで購入した、コラボの松原おこし。
 ついでに小城羊羹も購入。
 どっちも大好きだ~。

 お城には藤棚があるので、また花が咲くころに行ってみたいな~と思っています。
 こんなに唐津にいくことになるとは夢にも思わなかった・・・。
 ユーリオンアイス、恐ろしい子。

 それよりなにより、ずっぼりハマってくれた師匠に感謝(笑)。
 私は山姥切国広を四億の男に仕立て上げた女(←笑う所です)のひとりですが、それより佐賀の経済効果にも随分と貢献していると思うこの頃です。

スポンサーサイト


  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

コメント

コメントの投稿

非公開コメント