『野分』-15-(刀剣乱舞二次創作) 

2017, 01. 07 (Sat) 00:44

 今年最初の創作をお届けします。
 刀剣乱舞二次創作、『野分』の15話です。
 先にPixivの方をアップしています。

 一応、予定通りに仕上げられたかな…。
 文字数は全く予定通りじゃないのですが。
 私の脳内プロットは非常にざっくりで、「青龍の結界に太郎太刀が乗り込んできて、ひと悶着がある」・・・。
 それだけなんです。
 書いているうちにみんなが好き勝手に動く動く動く…。
 そんなこんな話ですが、少しでも楽しんでいただけたら幸いです。
 次回は、マジで光忠のターンです。
 がんばれみっちゃん。

 あ。
 長谷部と日本丸が5日から公開されています~。
 地方のニュースにちらりと出ていましたが、長谷部ファンって、お洒落で綺麗なお嬢さんが多いですね。
 中旬になったらフィンランド展があるので、その頃に抱き合わせでもう一度見に行ってみようかな。
 山姥切で手がいっぱいでとても書く時間がありませんが、私の中で思い浮かぶカップリングは日本号×長谷部ですね。
 せっかく同じ屋根の下に住んでいるんだし(笑)。
 ザッパな日本号にしょっちゅうブチ切れる長谷部は可愛いかなあ。

 さて、今日は三連休初日。
 煩悩を満足させるにはお金がかかるので、頑張って働きます…。
 


  ↓ 小説はこの下にあります。『続きを読む』をクリック下さい。



  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →







  『野分』-15-


 龍玉が、回り続ける。
 藍と朱の間を行ったり来たりしながらくるくると、天と地を軸にして回り続ける。
 四方を守る刀剣たちと、東の陣営に座する石切丸と三日月はただひたすら待った。
 しかるべき、時が来るのを。
「石切丸」
 地に手のひらを当てて目を瞑ったままの石切丸に、三日月は問う。
「視えるか?」
「ぼんやりと。声までは今は拾えませんが・・・」
 手のひらの下は、青龍の聖域。
 すなわち山姥切と燭台切を包み込んだ龍玉にも通じているため、わずかな気配を頼りに石切丸は彼らの動向を読み取ろうとしていた。
「ほどほどで十分だろう。そなたも覗き見の趣味があるわけでもなし」
「おい、じじい・・・」
 あくまでも呑気な茶々の入れように片眉を跳ね上げた薬研が口を開きかけるが、何事かを察知するなり姿勢を正し、龍玉に背を向ける型に構えを変えた。
「・・・来る」
 ざわりと、空気が動き、東の結界近くにある鳥居が光を帯び始める。
「小狐丸は何を・・・。いや、次郎太刀が帰還したのか」
 石切丸は姿勢を崩さぬまま、深いため息をつく。
 閃光とともに風が地から吹きあがり、草木が大きく音を立てた。
「難儀な事よ・・・」
 ゆるりと立ち上がり三日月は鳥居から結界へと飛び込んできた者に声をかける。
 三日月宗近に劣らぬ高貴な薫りを纏い、上質な輝きを放つ漆黒の絹衣を纏った長身の刀剣。
 熱田神宮に奉納され、敬われ続けた一振りの大太刀。
「大人しくしておれと、審神者たちに諫められたであろうに・・・」
 宝剣のずけずけとした物言いに、ちらと冷たい視線をくれてやる瞳は金色。
 切れ長の目尻に薄く刷いた朱が、清廉ともいえる容貌をより人形めいた姿に装わせる。
「太郎太刀。そなたはいったい何をしに来た」
「なにを・・・?」
 三日月宗近をはじめ刀剣たちの非難めいた視線を黙殺し、静かに結界内の中心へと足を進める。
「・・・私にそれを聞きますか、あなた方は」
 そして、浮かべた微笑は冴え冴えとしたもので。
「山姥切国広は、どこですか」
 身の丈を超す大太刀を軽々と携えて迷いなく地に伏せたままの石切丸の傍らに立ち、静かに、揺るがぬ声で尋ねた。
「見ての通り、そこで回転している珠の中だよ」
 地面を強く見つめたまま、石切丸は返す。
「なるほど」
 聞くなり一歩踏み出そうとした太郎太刀の前に、小柄な身体が割り込んだ。
「気安く入ろうなどと思うなよ。龍玉の中は只今満員だからな」
「どいて下さい、薬研藤四郎」
「頭冷やしてから来いってんだ、この大馬鹿野郎」
 さらに一歩詰めようとした太郎太刀の鳩尾に、薬研は短刀の柄を強く押し当て、低く唸る。
「あんたはたった今着いたばかりだから、状況が全く読めていねえんだろうけどな。こう見えても事態はめちゃくちゃ緊迫してんだよ。引っ掻き回すつもりなら、帰んな」
「・・・」
 薬研の気迫に、さすがの太郎太刀も足を止めた。
「そもそも、打ち刀か太刀でないと山姥切国広を救うことは出来ないと、本丸で説明を受けただろう、太郎太刀」
 ぽつりと石切丸は言う。
「残念ながら、あの龍玉とこちらの世界の時間の流れがかなり違う」
「ええ・・・。それも聞きました」
「燭台切が中に入ったのは、正直なところ君が本丸に帰着する寸前ぐらいだったのかもしれない。それを考えたら僅かな時間に思えるだろう。だけど、その些細な間に我々の予想外なことが起こり、色々事態が変わってしまった。・・・まず」
 ふっと息をついて地面から手を放し、大太刀を見上げた。
「山姥切国広が自らを折っただけではなく、その刃が深々と身体を貫いている」
「・・・なっ・・・!」
「そのまま刀ともどもこの滝つぼに身を投げた後、青龍により龍玉に封じ込められて一命をとりとめたが、我々の到着までの間に術が回り切り、身も心もこの世ならざる姿に変わり果ててしまった。まあ、ここまでは僕の予想の範疇ではあったから驚かない。でもね」
 両手を膝の上にきちんとそろえ、背筋を伸ばして正座した石切丸は静かな視線を太郎太刀に注ぐ。
「よもや、燭台切がその刃に自ら貫かれに行こうとは、予測していなかった」
「え・・・?」
「は?」
「おい」
「・・・なんと」
 刀剣たちすら初めて知る情報に、それぞれ驚きの声を上げた。
「ちょっとまって、どういうこと!!」
 朱雀の方角を守る乱藤四郎が叫ぶ。
「・・・つまり。虫の標本みたいに背中から貫かれていた山姥切を、燭台切が正面から抱きしめた。しっかりとね」
「それって・・・」
 折れていたとしても打ち刀の刃は長い。
 山姥切の身体をしっかりと貫通し、鳩尾から飛び出した切っ先を正面から受けたなら。
「見ようによっては、ほぼ心中だね。ただし彼も馬鹿じゃない。龍玉の中で致命傷を負ったところで容易く死ねないのは、目の前の山姥切が証明している。だからこそ、そんな思い切った方策に出たんだろう」
「・・・なるほどな。それで『あの馬鹿』か」
 三日月が石切丸の過去の発言をそらんじる。
「・・・そうです。僕なら、そんな方法はとらない。・・・いや、思いつかなかった」
「・・・申し訳ないですが話が分かりません、石切丸。その、心中まがいの方策に、何の効果が?」
 僅かにかすれた陰鬱な声が、二人の間に割って入った。
「ここからは予測でしかないけれど。燭台切は触れただけでは駄目だと判断したのではないかと思う。山姥切を取り戻すには、彼と同じ術に罹り、同じ傷を負い、苦しみを分かち合わなければらないと・・・。言い換えるなら」
 石切丸が息をつくと、太郎太刀の鋭い眼差しが続きを早くと迫る。
「山姥切と燭台切が炉の中に投じられたと想像した方が早いかもしれない。灼熱に溶かされて、取り出され、再び鍛えられて、二振りの刀に戻る・・・それが燭台切の目論見ではないかと・・・」
 石切丸が燭台切に指示したのは、そんな無鉄砲な方法ではない。
 いくつか術のさわりを試して、それらが効かなかったら撤収するように決めていた。
 調べた限りでは前例がほとんどなく、手探りの状態だったからだ。
「そんなことが・・・出来るのですか、本当に?」
 おそらく、ここへ突入する前に本丸残留組が更に調べたところで、たいした打開策は見つからなかったのだろう。太郎太刀は力なく問いを重ねた。
「僕にもわからない。でも」
 茫然と立ち尽くす男から顔を背け、結界の中心を見据えた。
「もう、始まってしまった・・・」
 宙に浮かぶ不可思議な存在は、例えようのない色と光を放ち続けながらもますます回る速度を上げていく。
「私が、出来ることは、なにもない。・・・ということですね」
 胸の奥から絞り出したような、とぎれとぎれの苦しげな声。
 しかし、太郎太刀の顔は能面のように冷たいまま。
「・・・今は、残念ながら」
 でも、それは誰もが同じことで。
 誰もが、歯がゆい思いをしている。
 だけど、太郎太刀にとって、この場にいるというのは…。
「・・・本丸に戻るかい?」
 何をどう言い繕っても、この龍玉の中で二人が深く交わらねば終わらぬことは変わりない。
 術が解けるまで珠の中は決して見えない。
 だからこそ、色々な思いが太郎太刀を苛むだろう。
 ようやく心が通じた喜びも、たいして分かち合えないまま山姥切と引き離された。
「・・・いいえ。ここにいさせてください。お願いします」
 金色の瞳に映るのは、いったいどんな景色なのか。
「・・・せめて、無事を祈りながら、ここで待っていたい」
 すべては、ことが終わるのを待つのみ。
「君が、そうしたいなら」

 邪神も、龍神も、なんと残酷なことをしてくれたものか。

 沈黙が降りた中、滝の放つ清らかな水しぶきが変わることなく宙を舞い、闇の奥へと流れていった。





             -つづく-
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント