2016お世話になりました。 

2016, 12. 31 (Sat) 20:17

 気が付いたら今日は大みそかで、寝室のテレビでは紅白が始まってしまっている…。
 あっという間の一年でした。

 秋に義父を見送るまでここ数年の生活の中心がずっとそちらだったせいか、今、ちょっと気が抜けた状態かもしれません。
 夫は年末の休みに入ってから体調を崩してしまったので、新年は家に籠って養生してもらうことになりそうです。
 三が日引きこもり決定した途端、大みそかの夕方に実家へ自転車を走らせ、甥っ子たちにプレお年玉を手渡し、母と兄嫁が頑張って作ったお節料理を強奪してまいりましたですよ(笑)。
 なんというパラサイト具合。
 ごめんなさい、母、兄嫁。
 そしてありがとう。
 その代わり、帰り道に散歩がえりのご近所さんのでっかい犬にべらぼうに舐められましたよ。
 見送りで傍にいた母が私を指さすなり、「私は犬が苦手で近寄れませんが、娘は大好きなんです。大丈夫です!!」などと言って脱走するものだから、でっかい犬にハイタッチされ、どつかれ、ペロンペロンになめられました。
 これがいわゆる、人身御供ですな。
 いや、そりゃ好きですけど犬。
 そもそも、ペンネームの苗字が犬飼なのは、「いつか犬が飼いたいなあ」と願っていた頃を思い出してつけたんですし。
 でもお母さん、私、今は相当な猫派だよね…。
 家じゅう猫写真だらけなの、知ってるよね?
 いや、久々に全力で愛されて嬉しかったから、後悔はない・・・とおもう。うん。
 日本犬の毛って固いなー。
 カピバラほどではないけれど。
 久々の、触れ合い劇場でした(笑)。

 ちなみにこれは、今日甥っ子たちににもらった松ぼっくり。
 宮地嶽神社の裏山で拾った松ぼっくりそうな。
DSC_0331_convert_20161231202847.jpg
 今日のホピットの冒険でガンダルフが火をつけて、ガンガン投げていたいたな…。

 前置きが長くなりましたが、今年も私のとろとろした更新ぶりの小説と、泣き言だらけの日記にお付き合いくださりありがとうございました。
 道場の師匠のおかげで、萌えの滝行はいつでも楽しいものでございました・・・。
 新しい扉を何度も開いた気がします。
 ありがとう師匠、これからもよろしく師匠。
 今年は鍛練の年として、来年こそは生産性(?)を上げたいものだと思っています。
 とりあえず、その前準備としてPixivの無料キャンペーンに潜り込んで、刀剣の表紙を統一化したりしています。
 もうちょっと解り易くしたいなーと思ってやってみたのだけど、読んでくださる皆さんにとってどうなんだろう・・・。
 ちょっとでも読んでいただけるきっかけになればいいな。
 それにしてもゆっくり考えているうちに、刀剣二次の『野分』がそうとう長くなってしまいましたが、めげずに続けていきたいと思います。本当は燭台切とまんばちゃんが・・・というネタだったはずなのに、結局、過去話は避けて通れない状態になってしまったのでそれもお付き合いください。
 そして、年明けからはJ庭に向けて本を作るべく、裏でカチカチキーボードを鳴らす所存。
 今のところ、いくつか並行して作業するつもりだけどどうだろう。
 だがしかし、年明けから職場の同僚たちとの女子会強化月間、更には年明けすぐに後輩E子ちゃんをユーリ沼に沈めるランチ会、すっかり沼の王者と化した道場の師匠と三人で聖地巡礼と、楽しい予定が目白押し。
 大丈夫か私と、スケジュール帳を眺めると突っ込みたくなるのですが、色々挑戦して、色々楽しむのが、2017年なのかもしれません。
 
 今年も大変お世話になりました。
 来年もどうか、お付き合いくださると嬉しいです。
 皆様の2017年が、健康で楽しいことでいっぱいになりますように。

 
スポンサーサイト


  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

コメント

コメントの投稿

非公開コメント