嗅覚。 

2016, 06. 22 (Wed) 23:33

 ええと、まずはお知らせを。

 10/2のJ庭41を申し込みました。
 今回も『うらはらハニー』の花房高緒さんと机の共有をさせていただく予定です。
 花房ちゃんありがとう、心強いわ・・・。
 道場の師匠も参加して下さる・・・と言うか、そのためのエアチケットをキャンセルの利かないタイプでお互いもう押さえている状態なので、イベントのスペースを確保できなかったら、恩を仇で返す状態…。ふるふる・・・。
 オンラインの手続き上どうしてもカットを提出せねばならず、一応、作ったものの、不満が残るので旅から戻ったら修正したい…です。

jg41-2016-2_convert_20160622234501.png

 師匠と一緒に月末旅行に出るので、いちばん大きなスーツケースの中身を出したら、大昔描いた原稿が出てきまして…。
 さすがに高校時代などの絵は処分していたようなのですが、独身時代にやっていた同人誌の絵が…出たんだけど、変わらん。
 ブランクがあろうがなかろうが変わらないなあ。
 それよりも、五年前に引っ越しするときにぎゅうぎゅう詰めて、ずっと開けていなかった・・・かも。
 前の家が狭くて、納戸に突っ込んだままだったと思われる。
 パステルが出てきて、本当に懐かしいです…。

縮小heike001_convert_20160622234304

 ↑ これは、平家物語をやっていた時のもの。
   安徳天皇・・・のつもり。
 この頃はから小説書いて自分で挿絵もやっていたので・・・。
 って、そこもまた同じ轍を踏みそうな感じ…。
 
 面白いので、片っ端から墨原稿をスキャンして、その中から使えそうなのをカットに回したのですが、いまいちなのでなんとかします・・・。

 そもそも、今日はものすごい豪雨で。
 そんな時は、チャンスなのです。
 ベランダと窓と網戸を掃除するのには…。
 ほぼ、洗濯などを外に干しているお家がないと思われるので…。
 ざくざく洗剤と水を流して掃除します。
 しかし、今の家が一番ベランダが広いので結構疲れます…。
 実際、朝一番にとりかかって昼までかかり、疲れ果てて夕方寝てしまったし…。

 ところで、「嗅覚」のはなし。
 道場の師匠は、面白い本を見つける嗅覚に長けていると思います。
 それはBLだけではなく、一般書であれ、児童書であれ同じこと。
 そんな彼女が貸してくれた漫画二冊が秀逸だったのでお知らせします。

 まずは、松基羊さん。「プリティ・ウィンプス」



 女装が絡む、高校教師と生徒の話。
 ええと、ネタバレになるのでそれ以上は書けない。
 意外な組み合わせ・・・と言うか、もう、本当に何も怖くないです、師匠。
 もう一つは、モテたい大学生の話。
 こちらのカップルも、ちょっと意外な展開が待っています。
 女性の視点から見るとカッコ悪いことがとてつもなく可愛い。
 そんな漫画だと思います。

 次は、麻生ミツ晃さんの「彼が眼鏡を外すとき」。



 麻生さんの絵は独特で。
 そして、他にはない空気があります。
 転校生と、同級生と、親友と幼馴染と…。
 高校生を中心とした話としては、すべての材料は誰もが思い描くものだと思う。
 でも、麻生さんならではの世界がそこにあるのです。
 とても素敵な漫画と思います。

 師匠の嗅覚で見出された数々のおこぼれにあずかる私はなんて幸せ者(笑)。
 これからも学ばせてください、師匠。

 さて。
 明日は多分更新できないかも…です。
 ちゃんと働かねばな。

 金曜日までに、夏至をテーマに『秘密の花園』で拍手御礼SSを更新する予定です。
 勝巳サイドにて。


 ではでは、また金曜日に。


スポンサーサイト


  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

コメント

コメントの投稿

非公開コメント