『胡蝶』(刀剣乱舞 キスの日リハビリ編) 

2016, 05. 27 (Fri) 13:26

 先日、ツイッター見ていたら前の日がチューの日だった気づき…。
 なら、シリアス中編『野分』が行き詰っている今、ちょっとリハビリに書くかーと軽いノリで取り掛かったら意外と時間がかかりました。
 本当はもう一つネタを仕込んでいたのですが、それは今回諦めて、蝶に集中。
 『胡蝶』というと、『胡』が色彩的に白を意味するのでお題としてはどうだろうと思いましたが、そもそも、古い楽曲や源氏物語にも『胡蝶』ってありますものね・・・。
 そして、私は蝶が苦手です。
 小学生のころ、一緒に遊んでいた友達の弟がキハダアゲハを見つけて、「あ、蝶だ」と言い、パンッ!!と、羽根だけ器用に両手で挟んだのですよ(身も挟む可能性もあったと後で全身冷や汗でしたが)。友人が「かわいそうだから離しなさい」と言われて両手を広げたら、鱗粉がきれいに映っていて…。
 あれからどうにも。
 それに、拡大写真を見るとますますその体毛など、どうにもこうにも・・・ですが、仕事柄色々な本を手にするようになってからは少し緩和されたような。
 要は、慣れの問題なのか。
 とにかく、ぐぐるさまの力を借りて拡大写真を何度も眺めて書きました…。
 そこからどうしてあんなイチャイチャになるのかは、不思議なんですけどね。

 ではでは、刀剣乱舞リハビリ編、そしてチューの日記念『胡蝶』。
 楽しんでいただけると幸いです。






  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →



  『胡蝶』


 蝶が、飛んでいる。

 黒い枠の中に閉じ込めた青い光がきらめき、咲き乱れる花々の中でひときわ目を引く。
 夏も近くなると地上の草木は忙しい。
 いっせいに枝葉を伸ばし、蕾を付け、われさきに花を開く。
 日の光に照らされた葉や花がとりどりの色彩を放つ中、黒い縁取りのくっきりとした豪奢な蝶が雪のように白い花のそばでふわりふわりと、戯れに近づいたり離れたりしている。
 そのさまを木陰に座ってぼんやりと眺めていたら、背後から肩を強く引かれた。
「・・・何を見ているのですか」
 ぐるりと天と地がひっくり返る。
 突然のことに驚きはしたけれど、声の主が誰なのか解っているから身を任せると、腕の中に抱き込まれた。
 思わず目をつぶると呼気に滑り込んだ、独特の、香り。
 彼がまとっているのは伽羅という、とても尊い香木なのだと、誰かが言っていた。
 首と頬に絹織物の風合いを感じ、そっと目を開けると、金色の瞳が間近に迫っている。
「・・・蝶が・・・」
 答えようとしたのに、逆さに降ってきた唇に塞がれた。
 どの記憶よりも、柔らかい感触。
 ちゅ、ちゅ、ちゅ、と、軽い音を立てて吸い上げられる。
 まるで小鳥が地面を突っつくように何度も何度もついばまれているうちに、混乱してきた。
 唇は、指先は、そしてこの身体はどうしたらいいのだろう。
 喉の奥がきゅっとしまったような心地になり、苦しくなった。
「・・・会いたかった」
 頬を、耳を、喉を、さらさらとした冷たい絹糸が降りてきては離れていく。
「・・・た・・・」
 名前を呼びたいのに、唇を軽く噛まれ、顎が震えた。
「かわいい」
 ぺろりと舐められた唇が熱い。
「食べてしまいたい…」
 言葉の先と唇が怖くて、思わず指先に触れた黒髪を強く握り込んで引っ張った。
「ふ・・・」
 吐息が、笑いを含んでゆっくり離れる。
「つれないですね、山姥切」
 金色の瞳がきらきらと光り、前に審神者が挿していた簪にはめ込まれた宝玉を思い出す。
「・・・あんたが、変なこと言うから・・・」
 起き上がり身体を離そうとすると、うなじに口づけられた。
「・・・なっ」
 肘で押し返そうとしたけれど、逆に彼の長い腕に抱き込まれ、深く取り込まれてしまう。
「言いたくもなります。あなたに会えたのは、これで幾日ぶりでしょう」
 九日と半日、と言いかけて飲み込んだ。
 離れていた時を、指折り数えていたと知られたくなくて。
「山姥切」
 背後から頬を寄せられ、心臓が早鐘を打つ。
 濃厚な、伽羅な香り。
 心地よすぎる、肌触り。
 太郎太刀。
 刀剣の中の、刀剣。
 大太刀の至宝。
 自分なんかが、神に限りなく近い者の腕の中にいるなんて。
「ねえ・・・」
 耳に息を吹きかけられて、くすぐったさにじっとしていることなんて、出来なかった。
「あ、あっ・・・あれ!」
 指をさす先には、白い花と、蝶。
「え?」
「あの蝶。黒い羽根の中に青いのがちょっとついてる蝶」
 こうしている間も、蝶は飽きることなく白い花と戯れていた。
「ああ・・・。あれは多分、アオスジアゲハという名ですね」
 彼の低い声が律儀に教えてくれる。
「そうなのか」
「ええ」
 優しい相槌に、つい、口が軽くなる。
「あの黒いところが、なんか、あんたの着物みたいだなと思って・・・」
 言いかけて、しまったと思った。
「あ、いや・・・」
 どう取り繕えばいいのか解らない。
「ふふ」
 でもそんなこと、彼はとっくにお見通しで。
「嬉しい」
 頬に唇を落とされて、また、いたたまれなくなる。
「私が、どうしてあの蝶の名を口にするのか、わかりますか?」
「・・・あんたは、俺なんかよりずっと物知りだし・・・」
「そうですね。名前としては記憶していたかもしれません。でも、認識したのは最近のことですよ」
「・・・意味が、分からない」
「あの、青い帯が山姥切の瞳の色のようだと思ったから、観るようになりました」
「・・・え?」
 綺麗に整えられた繊細な指先が頬骨から目元をゆっくりとたどる。
「あの蝶を見れば、あなたの全てを、いくらでも思い出せます。どんなに遠く離れていても。・・・そして、たとえ昼間でもね」
「・・・っ」
 指から逃れて、立てた自らの膝の上に顔をうずめた。
 両足をぎゅっと腕の中にとりこんで、小さく、小さくなりたいと思った。
 頬も、目元も、鼻も、全部が、熱い。
 太郎太刀は、涼しげな顔でさらりととんでもないことを言う。
 できることなら、この場からすぐにでも逃げ出したい。
 それでも。
「九日と、半日ぶりですよ、山姥切」
 背中から、甘い声が降ってくる。
 彼の、言葉と声と、香りと、熱と、それから、それから…。
 抗い難い魅力に吸い寄せられる自分は、白い花から離れられない蝶と同じだ。
 震える指先を、ゆっくり解いて、恐る恐る振り向く。
「やっと、会えた」
 金色の瞳が、容赦なく心の奥まで貫いた。
 初夏の強い光、土の匂い、風に揺れる枝葉のざわめき。
 すべてが遠くなり、目の前の男しか見えない。
 めまいを感じながらも、唇を差し出す。
「おかえり・・・なさい」
 美しい彼の唇が、触れてくれるのを焦がれながら。
「ただいま、山姥切」
 ゆっくりと、溶かされ、酔わされた。
「愛してます」
 蜜に、溺れる。


   ―おわり―




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント