東京滞在記。 

2016, 03. 25 (Fri) 20:34

 今回は、二泊三日と言う日程での東京滞在でした。

 一日目は昼に羽田に着くや否や、第一ターミナル地下にある美容室に駆け込み・・・。
 眉をなんとかしてもらいました。
 普段野放しの私の眉毛。
 見栄を張りたいときだけプロのお世話になります…。
 今まで博多に出てお願いしていましたが裏技を覚えてしまった今、これからしばらくお世話になりそうな予感。
 
 そして、池袋へ移動し、いつものように定宿から歩いて数分のキン〇ーズでチラシと看板を印刷し…。
 チェックインしたのちに上野へ向かいました。
 目的はこれです。
 西洋美術館で開催中の『カラヴァッジョ展』。

160322_104509.jpg

 いやー。
 いまだかつて、これほど多くの裁判記録の原本を展示されている画家があっただろうか。
 それも複数。
 危険物所持で捕まること数回、酔っぱらって暴力沙汰、名誉棄損、短気を起こして飲食店従業員を殺そうとしたり、喧嘩が高じてうっかり殺してしまったり。
 ・・・天才となんとやらは紙一重ですね。
 しかし、彼が存在してこそ、他の画家の名画へと続くわけで・・・。
 重要な存在なのです。
 そして、目論見通りにジェンティレスキ父娘の作品が一点ずつ展示されていたのには、内心ガッツポーズを取りましたよ。
 そうそう。
 これも見たかったのよ・・・。


 バロック絵画を堪能した後は、猫飼いの師匠二人とお食事会。
 韓国料理屋さんと喫茶店で胸元が白くて靴下を履いた猫はどうしてあんなに可愛いのかを、熱く語りました…。
 上京直前になって連絡した私と晩御飯を一緒して下さりありがとうございました、Yさん、Nさん。
 ネコとの暮らしについての真実の入口を、見つけたような…気がします。
 
 そして、イベント当日。
 周期的な問題で、体調不良…。
 なんとか這うように起き上がるものの支度が進まず、ぎりぎりに滑り込んで荷物を開けていたらなんと、私が一方的にお慕いしているあんどうれいさんが直々に私のスペースまでおいでになって度肝を抜きました。
 実は心の中で三度見しました、あんどうさん・・・。
 そしておっしゃることには、私の既刊本を・・・とのことで、ますます口から魂が抜けそうになり、それを引き戻すのに必死。
 しかも、難題が一つありました(笑)。
 『できればRなシーンのない本を』と、言うのがあんどうさんのオーダー。
 こっそり教えてくださったのですが、、「実は絵でえちシーンは平気だけど、文章だと生々しくてどうにも・・」・とのことで。
 なるほど。
 そう感じるときは確かにある。
 そんなわけで、しばらく考えました…。
 新刊は序章のようなものだから大丈夫だけど、完結していない。
 でも・・・。欲を言えば、ある程度完成した形のものをお持ちいただきたいと…。
 そんなわけで。
 お渡ししたのが『秘密の花園-きざはし-』です。
 それにした理由は、あんどうさんとのご縁のきっかけは私がちょこちょこ書いている児童文学紹介ブログ(表玄関)なので、それにちなんだものがよいだろうと思いまして。
 だがしかし。
 がっつりやってるよ、長男カップル…。
 よくよく考えなくても、どの本もお色気シーンが必ず入っている私の既刊本。
 どうにもならねえな、と思ったので、「気配を感じたら飛ばして読んでください」と言ってあんどうさんの腕の中にぎゅうぎゅう押し込んでしまいました。
 すみません、恥じらいもなんもない書き物ばかりで・・・。
 少しでも楽しんでいただけると嬉しいです…。はは・・・ははは・・・。
 ところで、なんとあんどうさんがその経緯を日記に書いてくださいました。
 なんとも光栄です…、あんどうさん。

   『J.GARDEN40☆御礼 その3 お初にお迎えいたします^^』

 お口に合えばよいのですが・・・。
 実は、諸所かなり不安です(笑)。

 そしてイベント終幕後は、BLの先輩、BさんとTさんのお二人のアフターに混ぜてもらうことに。
 東京で魚料理をおいしいと思ったのはこれが初めて…。
 料理はおいしいし、お二人からBLやそれ以外についての貴重な話を色々うかがえて、楽しかったです。
 ちなみにお店の開店までちょっと時間があったので、ジュンク堂で暇つぶしをしました。
 池袋のジュンク堂のBL充実ぶりってすごいな・・・。
 感心ついでに、新刊棚に並べてあった春画解説本を三人でげらげら笑いながら立ち読みしました。
 あの本、欲しい…ような気がするが、どうしよう。
 すごい本だったけれど、題名を思い出せない。
 サイズは解るんですけどね。

 そして、〆は最終日の花房高緒さんとのアフタヌーンティー。
 品川のホテルで開催しました。

160322_135535.jpg

 花房さんとは今まで二回隣の机ということが続いたのがきっかけで、ネットでもお付き合いさせていただくようになりました。
 そして、今回のJ庭40では机を共有する形でスペースをとりまして…。
 春の花のように可愛いらしい花房さんと、お手伝いにいらしていた麗しい後輩さん。
 二人のおかげで華やかな空間となり、ぼっち参加も寂しくありませんでしたよ!
 花房さんの作品のファンでもあるので、とてもうれしかったです。
 
 そのうえ、ハイクラスホテルのティールームで上等な時間をご一緒させてもらい…。
 盆と正月が一緒に来たようなとはこのことかと、思った次第です。
 なんだろう。
 まだ三月なのに、今年の楽しいことを全部やりつくしたようで怖い。

 とりあえず日常に戻り・・・。
 し、仕事頑張ります。
 上京中、出会った人々とお世話になった方々、本当にありがとうございました。



スポンサーサイト


  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

コメント

コメントの投稿

非公開コメント