ずぼらで、そそっかしくて。 

2015, 10. 21 (Wed) 20:01

 先日J庭でお会いしたでブログを読んで下さっている方から心配されたのですが、私は大変そそっかしいです。
 コンロにかけた鍋のふちにうっかり手首を当ててしまうことはよくありますし、熱湯のしずくがかかってしまったり、油が飛んだり、うっかり指先を切り落としたり、枚挙にいとまがありません。
 逆に平穏無事な日のほうが少ないに違いない私の人生。
 ただし、病院へかかるほどでない小さな傷であることがポイントです。
 そもそも何事もゆっくりなので。
 ただ負傷したときに夫がそばにいた場合、見ている彼のほうが貧血を起こしそうになり、逆に自分はしっかりせねばと腹が据わるというか。
 なのでたいてい、傷の手当は自分でしますね…。
 
 前置きが長くなりましたが、そんな私は栗の季節になると、栗ご飯を作ろうとして負傷することたびたびでした。
 なのでまずは便利グッズの「皮むき機」などを購入しましたが、使い方がいまいち分からず、結局編み出したのがこれです。

 『栗の皮むきについて。』 (← クリックしていただくと、表玄関へ飛びます)

 とりあえず、皮の部分周辺に火が通ればいいんです!
 そうすりゃ、怪我の率がぐっと下がるんです!!
 最初は鬼皮をむくのに水にしばらくつけとけという先人の教えが始まりだったのですが、水温を上げれば剥きやすさが違うことに気づき、最後はとうとう煮てしまえ!!となる、私のちゃぶ台返し技。
 外道ではありますか、機会があればちょっとお試しください。

 最後におでんについて書いたのは、気の毒な夫が金曜日~月曜日まで(不在だったのは土日のみ)おでん三昧だったからです…。
 いつも琺瑯の三リットル鍋いっぱいに作ってしまうからそんなことになる…。
 でも多分、家族を置いて旅行や食事に出かける人が作るのって、おでん、シチュー、カレーだと思うの。
 いや、グレードを上げるとそんなもんじゃないのですけどね…。
 母がこれを知ったら多分卒倒します。古き良き主婦の鏡なので…。

 今日はこの辺で。
 明日からは、怒涛のBL紹介です。
 あ、パソコン様の調子次第ですが。

 ではでは、良い夜を。



      < ↓ポチリとしてくださるとうれしいです↓ >

  br_decobanner_20100412095827.gif  にほんブログ村 小説ブログ BL小説へにほんブログ村 


  拍手ボタンは、多分この辺り・・・かな?
    ↓

スポンサーサイト


  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

コメント

コメントの投稿

非公開コメント