『少女』-3-(刀剣乱舞 幕間編) 

2015, 12. 22 (Tue) 10:56

 終わりませんでした…。
 予想外に、審神者が暴れているのと、群衆が右往左往しています。
 つ、ついてこれますか、皆さん。
 
 刀剣乱舞のゲームをやっていない人には何のことやら…という話でごめんなさい。
 キャラクターが多すぎて、私自身もお助けサイトと、ニトロプラスから購入した図録を見ながらこれを書いています…。
 ちなみに、参考にしたサイトはこちら。

 『刀剣乱舞攻略まとめwiki』 (← クリックしていただくと、おたすけサイトへ飛びます)

 攻略サイトはいろいろあるのですが、キャラクターのセリフを一括公開しているのはここくらいかなと思います。
 おかげで、とてもとても参考になりました。
 サイトとワードを行ったり来たりさせながら書きましたとも…。


 ちなみに今回出演したのは(↓ 名前をクリックすると、キャラクター説明に飛びます)、

  加州清光(打刀)
  次郎太刀(大太刀)
  にっかり青江(脇差)

 そして、粟田口集団についてはこちら。

   『粟田口』(面倒なのでまとめて。中にうっかり鯰尾がいます。)

   石切丸(大太刀)

 鯰尾藤四郎は、私の中では最初はかなげなかわいこちゃんだったのですが、Pixivでいくつか刀剣×女審神者のサイトを覗いていたらザッパでいじられ役だったので、それがだんだん浸透してしまいました。
 ごめんね、鯰尾。
 粟田口軍団のセリフは、だれがどの台詞を言っているか、オンラインゲームされている方は予想してみてください。
 一部はあからさまでわかりやすいと思います。

 ではでは、今日は今からお出かけ。
 久しぶりに会うお友達とデートですよ。
 しゃべり倒しそう。

 続きは明日にでも。
 明日こそ、この話を完結させますとも…。


 ↓ 『続き~』をクリックしていただくと、折り畳み部分が開きます。




続きを読む »



  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

スポンサーサイト

『少女』-2-(刀剣乱舞 幕間編) 

2015, 12. 18 (Fri) 08:01

 刀剣乱舞のゲームをやっていない人には何のことやら…という話でごめんなさい。
 キャラクターが多すぎて、私自身もお助けサイトと、ニトロプラスから購入した図録を見ながらこれを書いています…。
 ちなみに、参考にしたサイトはこちら。

 『刀剣乱舞攻略まとめwiki』 (← クリックしていただくと、おたすけサイトへ飛びます)

 攻略サイトはいろいろあるのですが、キャラクターのセリフを一括公開しているのはここくらいかなと思います。
 おかげで、とてもとても参考になりました。
 サイトとワードを行ったり来たりさせながら書きましたとも…。

 それと、衝動買いしてしまった図録がこちら。
 『刀剣乱舞絢爛図録』

 お値段が・・・。
 美術館の図録よりお高いってどうよ。
 だけど、巻末の身長表がイメージつくりにめちゃくちゃお役立ちで…。
 こうしてめくりながら書いている限り役に立ったと…。
 いや、書かないと宝の持ち腐れですよね・・・。

 ちなみに今回出演したのは(↓ 名前をクリックすると、キャラクター説明に飛びます)、

  加州清光(打刀)
  次郎太刀(大太刀)
  にっかり青江(脇差)
  鳴狐と、おつきの狐(打刀)

 名前だけ出演のうち、前回出ていたのが

  薬研藤四郎(短刀)
  五虎退と五匹の虎(短刀)

 ほんとに名前だけ出演
 
  へしきり長谷部

 ちなみにへしきり長谷部はたぶん年明けに福岡市博物館の常設展示で公開されると思います…。
 毎年一月にお披露目みたいなんですよね。

 さて。
 今日からちょっと仕事が忙しくてまたもや小説更新が間遠に…なると思います、すみません。
 『少女』(おとめ)は、次話でいったん終了。
 その次は次郎太刀主催のお疲れ会です(笑)。

 ではでは、今日も一日頑張ります。

 ↓ 『続き~』をクリックしていただくと、折り畳み部分が開きます。




続きを読む »



  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

食い気と脂肪だけが増えていく。 

2015, 12. 16 (Wed) 23:54

 今日の福岡は寒くて。
 天気もいまいちだったのですが、野菜が足りない気がして雨の合間を縫って珍しく午前中に自転車を飛ばしました。。
 家から10分くらいのところに、しんげきのきょじんの作者が生誕した所としても名を挙げた村のアンテナショップがありまして。
 そこで野菜と乳製品と肉など、もろもろの食材が手に入ります。
 しかも今の時期、100円~200円くらいで採れたて野菜が買えるので商店街よりこちらを選ぶ人たちで店内はごった返していました。
 汁物献立が好きな私。
 白菜やネギが美味しくなって幸せです…。
 まあそんなわけで。
 ここのところの晩御飯についてちょっと語りました。

 『干しシイタケさまさま。』 (←クリックしていただくと、表玄関へ飛びます)

 干しシイタケでとれる出汁ラブ♡な、話です…。
 それと、紹介した甘いサラダに使っている無塩ナッツはこちらを使っています。

 『東洋ナッツ 食塩無添加クラッシーミックスナッツ 缶 360g』



 毎日、小腹がすいたときに食べています…。
 いや、たぶん食べ過ぎている。
 塩分がないので、こうして気軽に料理に転用できるのが憎いところです(笑)。

 とにかく、昔より食べるようになってしまったので、体に顕著に出てるこの頃。
 最初は貧乳からやや人並みに胸が大きくなったことを喜んでいたのですが、いい年の女の胸が大きくなるということは、全体的に肉が付いたと気が付くのに時間がかかってしまい、もう引き返せないところまで来てしまいました…。
 自分がどこまで大きくなるのか、こうなったら楽しみです。←自棄。

 ではでは、明日こそは。


   どの日付のものでも構いませんので、それぞれの記事の下の『拍手』ボタンをクリックすると、おそらく『拍手御礼』というページが展開されるかと思います。
  そこに、小話を添付しています。
  小話は、『拍手御礼』に1話のみ。
  今回は、『翼をひろげて。』です。
  ルーブル美術館の中を歩く、真神次男三男。
  ・・・何しに来たんだ、きみたちは(とくに憲二)・・・。
  楽しんで頂けたら幸いです。


 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 とくに、励ましの拍手をクリックして下さる方へ。
 本当にありがとうございます。
 頑張ります。
 もしもよろしければ、一言、くださいね。
 感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。
 お待ちしています。




      < ↓ポチリとしてくださるとうれしいです↓ >

  br_decobanner_20100412095827.gif  にほんブログ村 小説ブログ BL小説へにほんブログ村 


  拍手ボタンは、多分この辺り・・・かな?
    ↓




  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

遭遇率。 

2015, 12. 14 (Mon) 23:20

 今日は休業日。
 だがしかし今日も一日の半分を眠って終わった…。
 なんか、午前中結構良い天気だったようだけど遅かった。
 あわあわと布団を干したものの、一時間くらいで日が陰ってあっという間に冬の天気です。
 というか、晴天だったら布団が外に干せます、福岡は。
 まあ、PM2.5次第でありますが。
 夏にカナダから一時帰国してきた友人は、「福岡、空気悪!!」と叫んでました。
 慣れてはいけないが、大陸からのもろもろに慣れつつあるこの頃です。

 ところで夕方になって銀行と郵便局へ徒歩で行こうと思い立ち、外に出たのですが・・・。

 その前にですね。
 ここ何度か雨の中通勤していて、毎日のようにはいていたウォーキングシューズの両足の底と、一年ぶりに出したハーフブーツの側面が割れていることに気が付きました。
 ものの見事に水がしみ込んで、めっちゃ、わかりやすかった…。
 どちらも経年劣化的なものなので修繕は諦めて新しい靴を買わねばなりません。
 なのでとりあえず靴棚に残っていたこれまた一年ぶりのリーガルのブーツを出したのですが・・・。
 ・・・小さい。
 そういえば、ここのところ楽な靴ばかり履いていたので、昔、見栄を張って0.5センチ小さめの靴ばかり買っていたことを忘れていました。
 靴屋の測定だと、かかとから人差し指の長さは26センチくらいあるのですよ、私…。
 それを23.5の靴にぎゅうぎゅうと押し込んでいたわけですね。
 それはまるでシンデレラのお姉さんたちのように…。
 お姉さんは足を切り落としましたが、さすがにそれは無理。
 なので、ちょっと外反母趾気味な私の足。
 ここ数年反省して24~24.5の靴をチョイスしています。
 こうなると、夫と靴のサイズが変わらないなーと思うけれど、さすがに男の人とは足の形が違うのですよね。
 試しに彼の靴を履くとがっこがっこします。

 話を戻しましょう。
 0.5センチ確実に小さいリーガルにむりやっこ足を突っ込んで、明日のお出かけのためにちょっと予行練習的な散歩に出かけたわけです。
 仕事のない日はほぼ引きこもりの私。
 食材の買い物はたいてい自転車のため、今住んでいる場所の色々を結構見落としているような気がします。
 そんなわけで歩きながらきょろきょろしていたのですが・・・。
 あ。
 しまった、目が合ってしまった。
 とある小規模マンションの門扉からちょっと奥まったところで、中学生らしきカップルが手をつないでくっついていました。
 驚愕に目を見開いた体育会系男子のぎらぎら感から行くと、たぶん、チューしようとしたか、した後か。
 とにかくそんなところにばったり出くわした私。
 ああまたか。
 またかよ。
 私はチュー現場の遭遇率が非常に高いです。
 何気なく視線をやったり、ドアを開いた瞬間などに遭遇するのです。
 なんだよ、この無駄な能力。
 もっと有益な能力が欲しいです、神様。
 いや、殺人現場によく遭遇するよりましなのか。
 
 そういう意味では、たいへん無駄な能力の持ち主の、アドリアン・イングリッシュ。



 メゾンdeBLの貴腐人さんに尋ねられたので答えます。
 大丈夫です。
 二人とも生きていまよ。
 ハッピーエンドですよ。
 死体がいくつか転がってるけど。
 アドリアンのダメ男ウォーカーぶりには目を覆いたくなるけど。
 怖がらずにトライしてください(笑)
 つうか、なんでどいつもこいつもな男しか寄ってこないんだアドリアン。
 殺人事件とダメ男吸引力№1と命名したくなってきた。

 閑話休題。
 ずっと前に紹介したいと思っていた素敵漫画が、三作あります。
 もちろん、道場の師匠に借りました。
 ありがとう師匠。
 というわけで、行きます。

 まずは、トウテムポールさんの『東京心中』5巻



 矢野さんに会えなくて発狂しそうな宮坂の前に、矢野さんが…。
 『幻の矢野さんはこんなに俺のこと無視しない』
 には泣けました。
 セ、せつない。
 腰にかじりついて思う台詞か・・・。
 宮坂は黙っているといい男なんですよー。
 ご飯も作れて、言動は癒し系。
 なのに、片思いの相手(一応両思いなのか?)から足蹴にされ続けるってどうよ。
 ツンデレな先輩・矢野さんと、デレデレの宮坂の日々は続く・・。
 放送業界の話って本当に見当つかないので、読んでいて楽しいです。
 すごい取材力だな~と毎回感心します。
 ここまで仕事のことをがっつりかくのはBLでなくてもなかなか難しいかな。

 あと、二作。
 まずは、『銀座ネオンパラダイス』。
 戦後間もない日本の話です。



 そして、『犬と欠け月』。
 怪我で引退したボクサーが才能ある少年のトレーナーにつく話。



 なぜだろう。
 実は私、いまリンクを作るまで、どちらも作者がウノハナさんだと気が付かないまま何度も読んでました。
 絵は同じなのに、全く違う人が描かれていると思い込んでいたわ・・・。
 どちらも、攻が見た目はとても良いけれど実はメンタル的にダメダメという点がちょっと似ている。
 攻がダメであればあるほど、受が輝くのですよね。ふふふ・・・。
 それはさておき。
 とても気に入って本当に何度も読み返してしまった作品たちです。

 あと、おげれつたなかさんがPixivで連載されている『ヤリチン・ピッチ部』がどうやら三月位にルチルより出版されるようです。
 もう、かなりふざけて設定なんですが・・・。
 学園名、あのままで行くんだろうか。
 これを読んでいると、あまりのかっ飛ばしぶりに、そもそもBLなんてジャンルとしてSFと言っていいもんな・・・と、思うようになります。
 そう。
 私が時たま書きなぐっているあれは、SF。
 無から生まれた何かだから、なんでもありなんだよ…。
 それにしても、学園ものにもかかわらずぽーんと明後日に跳んだ設定で、きちんとリアルなキャラクターづくりと構成で描かれているのが、おげれつたなかさんのすごいところです。
 短いページ数なのに、8人がきちんとかき分けられていて、こんな力技も存在するんだなと、パソコンの前でため息をついていたのですが、まさかの商業誌化。
 三月が楽しみです。

 って、三月は・・・。
 三月ですよ。
 どうしましょう。
 一月の新年会の予定を立てている場合じゃないです。ああ。

 明日は朝寝しないで年賀状を印刷する。
 己に指令を書き記して終わります。


   どの日付のものでも構いませんので、それぞれの記事の下の『拍手』ボタンをクリックすると、おそらく『拍手御礼』というページが展開されるかと思います。
  そこに、小話を添付しています。
  小話は、『拍手御礼』に1話のみ。
  今回は、『翼をひろげて。』です。
  ルーブル美術館の中を歩く、真神次男三男。
  ・・・何しに来たんだ、きみたちは(とくに憲二)・・・。
  楽しんで頂けたら幸いです。


 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 とくに、励ましの拍手をクリックして下さる方へ。
 本当にありがとうございます。
 頑張ります。
 もしもよろしければ、一言、くださいね。
 感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。
 お待ちしています。




      < ↓ポチリとしてくださるとうれしいです↓ >

  br_decobanner_20100412095827.gif  にほんブログ村 小説ブログ BL小説へにほんブログ村 


  拍手ボタンは、多分この辺り・・・かな?
    ↓



 




  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

反則な生き物。 

2015, 12. 13 (Sun) 23:55

 地球上には見た目の可愛さだけで圧勝している生き物が多々ありますが、その頂点に君臨するのがパンダだと思います。
 なんだろう、あの、たれ目な黒いくまどり、どの時点で遺伝子として決まったんだ…。
 おかげで、多くの人間をメロメロにしてきました。
 そのようなわけで。

 『懐かしさとあたたかさ。』

 パンダ絵本で特に好きなものを挙げています。
 あと一冊、すごい絵本があるのですが、それは次回紹介したいと思っています。
 単純な題名なのですが古い作品だったため、表紙確認ができなくて探しました。
 一度、ちらりと見たきりだったから己の記憶に自信がないし。
 ようやっと先ほど見つけ出した…。

 話を戻しましょう。
 紹介した絵本はパンダのファンファンとエンさんのお話。
 迷い子パンダを拾ったエンさんはどうやら終生独身で、そんななか一生懸命育てる姿は本当に頭が下がる…というか、過保護ではないか?と、素の私が突っ込むくらいの愛情物語です。
 だけど与えただけの愛情がきちんと育って、返ってくるのはいいよなーと、かなりうらやましくなります。
 無償の愛が報われることはリアルではなかなかありませんから・・・って、いったい私の過去に何が。
 とにかくですね。
 パンダ好きな方は是非。

 だがしかし、本当のパンダは野生の場合けっこう気が荒いようです。
 昔、岩合さんがパンダドキュメンタリーを撮っておられて、その時にオス二匹が交尾を争って若い方が勝つのですね。
 そこで、若いオスは意気揚々と勝利の歌を披露しました。
 ところが。
 人間の私から聞いてもかなり調子っぱずれな音痴。
 いいのかこれで・・・と眺めていたら急展開に。
 なんと、黙ってそばにいたメスがおもむろに利き手を振り上げて…。
 張り飛ばすのです。
 そして、獰猛なパンチを繰り出し、その若いオスを追い払うのでした。
 その時の彼の「え?なんで?何で怒ってるの?俺、勝ったよね?」という表情が忘れられません。
 さらに襲い掛かるメスの「うるさい!!お前なんか百年早いわ!!」という咆哮も。
 その後、若いオスの音痴が治ったのか、そして子孫が残せたのかは気になるところ。

 四川のパンダ農園のパンダたちはねー。
 毎日平和だからほのぼのしていますが、野生の王国は弱肉強食です。
 なら、なんであの可愛い姿なんだ…と疑問に思いますが、神のみぞ知る…というか、あれをかわいいと思う人間の脳の作りも奇跡なのかもしれません。
 その辺、恋に似ているかも。
 かわいいのスイッチがいつ入るかなんて、だれにもわからない。
 思ってしまった瞬間、落ちているのですね。
 ・・・と、おあとがよろしいようで(笑)。


   どの日付のものでも構いませんので、それぞれの記事の下の『拍手』ボタンをクリックすると、おそらく『拍手御礼』というページが展開されるかと思います。
  そこに、小話を添付しています。
  小話は、『拍手御礼』に1話のみ。
  今回は、『翼をひろげて。』です。
  ルーブル美術館の中を歩く、真神次男三男。
  ・・・何しに来たんだ、きみたちは(とくに憲二)・・・。
  楽しんで頂けたら幸いです。


 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 とくに、励ましの拍手をクリックして下さる方へ。
 本当にありがとうございます。
 頑張ります。
 もしもよろしければ、一言、くださいね。
 感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。
 お待ちしています。




      < ↓ポチリとしてくださるとうれしいです↓ >

  br_decobanner_20100412095827.gif  にほんブログ村 小説ブログ BL小説へにほんブログ村 


  拍手ボタンは、多分この辺り・・・かな?
    ↓




 

  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

負けた。 

2015, 12. 11 (Fri) 23:39

 午後に密林から本が届きました。
 『アドリアン・イングリッシュ』シリーズ最終巻。

 

 今更気が付いたけど、文庫本なのに結構なお値段だった…。
 ずいぶん前に予約して、すっかり忘れていた…。
 しかし悔いはない。

 ついでに、同時発売のこちらも入手。



 まあ、幽霊狩りについては、また今度…。
 落ち着いたので、休憩時間にゆっくり読みます。

 二冊ともありえない厚さなので箱で送付されてきたとあたりをつけ、マンション内で配達中の運送のお兄さん捕まえて強奪しました。
 「すみません、○○○号室の犬飼ハルノですが、密林からの小包ありませんか?」
 「あ・・・。(カート内を潜って探してくれた)ありました。これですか?」
 「はいそうです。印鑑ここですね。ぺったん」
 ・・・白状します。
 実は、その時天候が悪くて暗かったうえに眼鏡をかけていなかったので、印字された宛名シールが良く見えませんでした。
 なんとなくこの箱だろうと言う勘で答えました、ごめんなさい…。
 家へ帰るなり、速攻で確認しましたよ。
 中身が間違っていなくてよかった。

 で。
 ここから、ちょっとネタバレなので、薄墨にします。
 ネタバレが嫌いな方は引き返してくださいね。
 ただ。
 半日まるっと潰れましたが、後悔はないとだけは、記します…。

 さて。
 『瞑き流れ』について。
 本日の予定をすべてをなげうって没頭した、最終巻。
 最初の数ページをめくって「は?」と首をかしげ、読み進む途中、ちょっといったん本を伏せて、頭を抱えてしまいました。
 ・・・こういう展開、思いつかなかった…。
 たぶん、四巻読み終えたときの読者の想像をはるかにすっ飛ばした状況になっているとだけ、ネタバレを。
 なんでこうなるかな。
 周りがどうのというよりも、二人の問題。
 それも、心の整理の話です。
 え?今更そこ?と思ったけど、色々ありましたものね…。
 それに、もう傷つきたくないという気持ちもわかる。
 言いたいこと、聞きたいことをそのままにして進んでしまった関係の、総決算という感じです。
 ええと、年度末的な?
 ちょっといやかなり焦れる部分がありますが、それを癒してくれるのが、母リサと義理の父と姉妹たち。
 三姉妹、とても良い感じです。
 四巻までは存在感がなかった長女ローレンも良い関わりを持っているなーと思いました。
 今のところ続編の予定はないようですが、三姉妹たちと一緒に生活を楽しむ二人を見たい気がします。
 そうそう、気味悪いオタクだったアンガスもだんだんいい感じになってきてますし。
 私としては、猫を挟んでのアドリアンとアンガスの会話が好きでした。
 なんだろう。
 二人とも二年の間に成長したんだね…というか。
 とにかく、未来のある終わり方で安堵しました。
 実は、四巻の最後の会話で本当は手術は開胸したものの手遅れでできなかったのではないかと思っていたので、そこだけは外れてよかった…。
 それと、初版限定でショートが二つ付いています。
 私としてはこれが凄くうれしかったです。
 クズなリオーダンがさめざめと後悔する話に溜飲を下げたわ…。
 もっと後悔するがいい…。
 いや、長いと演歌になるのであれくらいでちょうどいいのか。
 そもそもあのショートは新書館が依頼して書いてもらったのだろうか…。
 それとも、ラニヨン氏がサイトを持たれているのかな?
 その辺がちょっと気になりましたが、とにかく、満足の最終巻です。
 ここまで書いていると、やっぱり、新たなステージに立った彼らを書いてほしいかなあ。
 ええと、アンガスとナタリーでカップルにするって、ないのかな。
 意外とお似合いな気がします。
 義弟になって輪に加わるのもいいかなーと思ったり。
 そして粘着質刑事・アロンゾは潜在的なゲイだよな・・・。
 アドリアン狙いなのか、リオーダンに抱かれたいのか、そこが謎ですが。
 声高に同性愛を攻撃する人ほど、潜在的な同性愛者というのが私の持論なんだけど、どうだろう。



 まあそんな感じで一日が終わってしまいました…。
 とにかく、膨大な量をここまで書き上げた作者に完敗です。
 すごい力だなと思います。
 そんなわけで。
 負けて悔いなし?
 ・・・と言うことにさせてください。



   どの日付のものでも構いませんので、それぞれの記事の下の『拍手』ボタンをクリックすると、おそらく『拍手御礼』というページが展開されるかと思います。
  そこに、小話を添付しています。
  小話は、『拍手御礼』に1話のみ。
  今回は、『翼をひろげて。』です。
  ルーブル美術館の中を歩く、真神次男三男。
  ・・・何しに来たんだ、きみたちは(とくに憲二)・・・。
  楽しんで頂けたら幸いです。


 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 とくに、励ましの拍手をクリックして下さる方へ。
 本当にありがとうございます。
 頑張ります。
 もしもよろしければ、一言、くださいね。
 感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。
 お待ちしています。




      < ↓ポチリとしてくださるとうれしいです↓ >

  br_decobanner_20100412095827.gif  にほんブログ村 小説ブログ BL小説へにほんブログ村 


  拍手ボタンは、多分この辺り・・・かな?
    ↓





  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

『少女』-1-(刀剣乱舞 幕間編) 

2015, 12. 09 (Wed) 23:47

 本当は、もっとまとまった状態で更新するつもりでしたが、そうするといつまでたってもやるぞやるぞ詐欺だな…ということで。
 短い状態でこまめにお見せできれば…と思っています。
 久々に、刀剣乱舞の続きです。
 『小夜風』→『きぬぎぬ』→『少女』と、一応時系列になっていますので、こちらが初見の方は、できればそちらもご覧いただけると話が分かるかと…。
 
 ええと、刀剣乱舞とは、審神者が刀剣たちを使って妖と戦う話(ざっくりでごめんなさい)です。
 今回出てるのがその、審神者の少女で、あとの二人は短刀です。
 短刀はだいたい12歳~15歳くらいかなと思うメンツがそろっています。
 みんな小さい…。
 全員男の子。
 で、私の書く審神者も12~13歳を想定しています。
 そして、『幕間編』と題したように、ちょっとドタバタな話です。
 幕間編→閑話休題編ときて、次の二作がちょっときつい話を用意しています。
 どうかこちらもお付き合いください。

 ではでは、続きは金曜日に。

  ↓ 『続き』をクリックしていただくと、折り畳み部分が開きます。

続きを読む »



  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

別邸(まとめサイト)更新しました。12/03 

2015, 12. 03 (Thu) 19:34

 家庭内会議の末、ビルダーのお試し版をとりあえず入れましたので、ようやく更新できました…。
 なんか、知らんうちにめんどくさい機能作ったんだな、ジャストシステム…。
 今までのHTMLを更新できないプログラムってどんな奴なんだ…と思いつつ、お試し版の新規機能の方、触っていません。
 そんな時間、どこにもないわ・・・。
 なんなら、クラシック版のみで格安別売りしてほしいと思うのだけど、どうなんだ。

 まあ、とにかくです。
 放置したままのまとめサイトの更新かないまして、安堵しています。
 J庭39前に作っていた文章をとりあえずまとめサイトに移行したつもりです。
 「あれがないじゃん」と気が付いた方がおられましたら、ぜひご一報ください(他力本願)。

 今回掲載したのは、
 「すいかずら-蛍の恋-」
 「エレベーター。」
 「ときを、かぞえる。」
 です。
 
 
まとめサイトのバナー

  (↑ クリックして頂くと、まとめサイトへ飛びます。)
 

 『ときを、かぞえる。』の続きをいい加減書かないとなー。
 その前にやりたいことがあってうにゅうゅしています・・・。
 刀剣乱舞の続きが描きたいけれど、どの台詞をだれに言わせるかで固まっている…。
 彼らの城内での役割分担ができてないのです。
 なのでくだらないことを考えている。
 あの中でえっちが上手いのは誰で、下手なのは誰かとかー。
 ちなみに前者の筆頭はみっちゃんで、後者の筆頭はへしだと思ってる。
 申し訳ないけどくそ真面目なへしは、絶対下手だよな…。
 あとは、本能的な感がいいやつがあれとこれとか、色々…。
 刀剣乱腐なみなさんの脳内のランキングはいかがでしょうか?
 ・・・あほでごめんなさい。

 あと、年明けには次の新刊とりかからないとな…いや、その前に年賀状。
 そしておせちはどうする。
 いや、大掃除と断捨離も。
 その前に仕事場の山場もあるし。
 乗り越えられる気のしない、12月です。



   どの日付のものでも構いませんので、それぞれの記事の下の『拍手』ボタンをクリックすると、おそらく『拍手御礼』というページが展開されるかと思います。
  そこに、小話を添付しています。
  小話は、『拍手御礼』に1話のみ。
  今回は、『翼をひろげて。』です。
  ルーブル美術館の中を歩く、真神次男三男。
  ・・・何しに来たんだ、きみたちは(とくに憲二)・・・。
  楽しんで頂けたら幸いです。


 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 とくに、励ましの拍手をクリックして下さる方へ。
 本当にありがとうございます。
 頑張ります。
 もしもよろしければ、一言、くださいね。
 感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。
 お待ちしています。




      < ↓ポチリとしてくださるとうれしいです↓ >

  br_decobanner_20100412095827.gif  にほんブログ村 小説ブログ BL小説へにほんブログ村 


  拍手ボタンは、多分この辺り・・・かな?
    ↓

  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

過去・拍手御礼SS『蛍の恋』 

2015, 12. 03 (Thu) 17:53

 前回の拍手御礼小話をこちらに上げていないのを思い出しました。
 すみません・・・。
 ここのところ天気が悪いのと体調が悪い時期なのと、猫かぶりの日々の疲れがちょっと来まして、とうとう先日はぼんやりしてお隣の鍵穴に自らの鍵を突っ込んでしまいました…。
 回す前に「ん?」と気がついて、あわてて抜いたのですが…。
 とにかく、なんかダメだ。
 いつも以上に駄目だ…。

 さて。
 夏の恒例になりつつある、『すいかずら』のシリーズの小話を載せています。
 ひとはなぜか、勢いのある事勇ましいことが良いことだと思いがちです。
 売られた喧嘩を買わないやつは人間失格・・・に近い風潮が、悪循環へ駆り出すというか…。
 戦わない世の中を作るのは難しく、戦う世の中を作るのはとても簡単だと、思います。
 しかし、闘争本能というのは地球上の生命の宿命なのかとも思うのです。
 命をつなぐために、命を捨てる。
 湿っぽい話になりましたが、このシリーズを書いていると、どうしてもそのようなことを考え続けてしまいます。


 ↓ 『続き』をクリックしていただくと、折り畳み部分が開きます。

続きを読む »



  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

欲望の果て。 

2015, 12. 01 (Tue) 07:51

 色々と紹介したい本がたまっているけれど、進まない…。
 BLな本もそうでない本も、楽しい出会いが続いています。
 まずは、強欲な己を振り返る…というか、人って欲深いなあという話を。

 『どんぐり、どんぐり。』 (← クリックしていただくと、表玄関へ飛びます)

 単純に、面白いですよーと昨日は紹介文を書きましたが、今こうして裏口に戻ると…。
 鬼畜な自分が顔を出す。
 トップで紹介した紙芝居ですが、最後のどんぐりを使って、猫が王さまに何を仕掛けるか…。
 私なら、じゃじゃ馬を、ならしてほしいかなー。てへ。
 己の欲望のまま書きたいけれど、書く時間がない…っ。
 もう、年齢もひげも種族も超えた欲が突っ走って、果てが見えません。

 欲と言えば。
 仕事の休みが合った同僚たちとスウィーツビュッフェに行きました。
 昼ごはん抜きで挑みましたが、そうすると甘いものよりもご飯的なものがどうしても食べたくて、結局そちらでおなか一杯に…。
 スイーツを食べに行ったのに、制覇しないって何の意味が?
 ビュッフェ形式の食事をするときには、計画的に行こうよ、私…。

 そういえば、先日、寒さに震えながら行った九州国立博物館の手前にある光明禅寺の写真があったので載せます。

151126_140609.jpg

 太宰府天満宮のすぐちかくにあるのですが、以前は知る人ぞ知るの存在でした。
 それがいつの間にか外国人観光客のコースに盛り込まれるようになったらしく、この日は結構来観者がいました。
 福岡って、実は観光スポットがあまりないですからね・・・。
 希望にキラキラ目を光らせている観光客とすれ違うたびに、「ごめんね・・・。福岡は大空襲と新しい物好きのせいでなんもないのよ・・・」と、心の中で詫びるくらい、何もない…。
 唯一誇れるのは食かな、と思っています。
 それと、山も海も飛行場も手近な立地かな。
 光明禅寺に話を戻します。
 ここについて、ネットでちらりとみたサイトでは『九州で唯一の枯山水庭園』と紹介されてましたが、そうだっけ・・・? 
 ほかにもあるのではと思うけど、具体的に名をあげられない…。
 この光明禅寺は、 『十五の石で光という文字を表した「仏光石庭」』が門を入ってすぐにあり、お堂の中を抜けて縁側へ行くと、『四十九種類の苔と白砂で陸と海が表現されている「一滴海庭」の後庭』があります。
 隣接する裏山がちょうどよい借景となって異空間を作り上げ、すぐそこに参道の賑わいがあると思えない静けさです。
 私たちが行った日は前夜の強風と雨のせいで紅葉がいっせいに庭へ落ち、石庭がすっぽり落ち葉に覆われていました。
 これはこれで晩秋らしく面白いかな。
 春と夏もまた違う景色が見られるので、大宰府へお立ち寄りの際はぜひのぞいてみてくださいね。
 現在、拝観料は二百円です。

 心洗われる風景でありますが…。
 数日後にこの画像を見たら、前に考えていた鰤市の京楽×浮竹を思い出す鬼畜。
 この静けさと寒さと風景があの話にぴったりだよな。
 あれ、短編でいけなくね?ともう一人の私が己をそそのかす。

 とにかく、果てのない欲望でございます・・・。



   どの日付のものでも構いませんので、それぞれの記事の下の『拍手』ボタンをクリックすると、おそらく『拍手御礼』というページが展開されるかと思います。
  そこに、小話を添付しています。
  小話は、『拍手御礼』に1話のみ。
  今回は、『翼をひろげて。』です。
  ルーブル美術館の中を歩く、真神次男三男。
  ・・・何しに来たんだ、きみたちは(とくに憲二)・・・。
  楽しんで頂けたら幸いです。


 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 とくに、励ましの拍手をクリックして下さる方へ。
 本当にありがとうございます。
 頑張ります。
 もしもよろしければ、一言、くださいね。
 感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。
 お待ちしています。




      < ↓ポチリとしてくださるとうれしいです↓ >

  br_decobanner_20100412095827.gif  にほんブログ村 小説ブログ BL小説へにほんブログ村 


  拍手ボタンは、多分この辺り・・・かな?
    ↓






  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →