過去・拍手御礼SS 『秘密の花園』-雪- 

2014, 03. 29 (Sat) 18:45

 2014年2月分、拍手御礼SSをお届けします。

 引き続き、秘密の花園。

 皆さんのご想像通り、憲二はひどい男です。
 なんせ思春期で反抗期まっただ中ですから。
 そのケモノの未成年に乗せられる男が佐川・・・。
 ええと・・・。
 ヤケクソで思いついた名前で、なんでその苗字なのかは、もちろん皆さんのご想像通りです・・・。多分。 
 でも、愛着がすぐに沸いてしまうのが私の悪いところです。
 彼は、まだ出てきますよ、ええ・・・。
 一回きりのつもりだったから、佐川、だったのに。
 ・・・下の名前は、後日どっかから引っ張ってきます。


 ちなみに、『まとめサイト』の方にも上げていますので、どちらからでもご覧になれます。
 「過去の作品はこちら」と書いてある所をクリックして下さい。
 今までブログに掲載した過去作品を整理した(?)メニューへ行き着く・・・筈です。


 ところで、金曜日は朝から物凄い偏頭痛で・・・というより、前日の木曜日の仕事中から吐きそうな頭痛で、なんとか色々頑張って見たのですが回復せずに朝を迎え、支度を手間取っているうちに出勤時間をのがし・・・。
 這うようにして家を出て、ポカリをコンビニで入手して。
 初めて。
 タクシー出勤をこっそり試みたのですが・・・。
 もう、二度としません。
 良い勉強になりました。
 自宅から仕事場までの最時短ルートは都市高速を使います。
 しかしこれだと軽く半日分の稼ぎを失うことが判明・・・。
 一月の高熱風邪で2日欠勤扱いになったので、これ以上信用を失いたくない一身ではありましたが、次回からは、何が何でも定刻出発するべしと、心に誓った三月末。
 ・・・遅い目覚めだな。

 今年は大量に異動と退職が発生しまして。
 別れの季節です。
 新しいスタートを迎える皆さんに、良いことがたくさんありますように。
 




   どの日付のものでも構いませんので、それぞれの記事の下の『拍手』ボタンをクリックすると、おそらく『拍手御礼』というページが展開されるかと思います。
  そこに、小話を添付しています。
  小話は、『拍手御礼』に1話のみ。
  今回は、『シゲルとミケ ひめごと』です。
  相変わらず、相変わらずな内容でごめんなさい・・・。
  ちょっとアレでRな話が苦手な方は目を瞑って下さいね。
  
  とにかく、楽しんで頂けたら幸いです。


 一応、これからも拍手用小話を月に一度書き換える予定です。
 随時オーダー受付中。
 毎月16日の正午締めで、20日頃に新作アップという形を取りたいと考えています。

 
 これからも何かご希望がありましたら、是非リクエストを拍手コメントかメールフォームでお願いします。


 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 とくに、励ましの拍手をクリックして下さる方へ。
 本当にありがとうございます。
 頑張ります。

 もしもよろしければ、一言、くださいね。
 感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。

 お待ちしています。



続きを読む »



  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

スポンサーサイト

タグ:続きを読む

拍手御礼SSを更新しました。3/26 

2014, 03. 27 (Thu) 01:23

 取り急ぎ、報告です。

 シゲルとミケで小話書きました。
 ただ・・・。
 どうだろう。
 ちょっと、ちょっとな話でごめんなさい。
 こんなこと思いついてごめんなさい。

 ちなみに、年齢設定として、シゲル25歳、ミケのはおよそ15歳、ばさまはろくじゅうなかば・・・です・・・。
 しんじろーは、三十過ぎ、よさくとごへいもそんな感じ・・・。
 ええと、お笑いのつもりだったのですが、笑えなかったらごめんなさい。

 慌てて書いたので、後日加筆修正します・・・。


   どの日付のものでも構いませんので、それぞれの記事の下の『拍手』ボタンをクリックすると、おそらく『拍手御礼』というページが展開されるかと思います。
  そこに、小話を添付しています。
  小話は、『拍手御礼』に1話のみ。
  今回は、『シゲルとミケ ひめごと』です。
  相変わらず、相変わらずな内容でごめんなさい・・・。
  ちょっとアレでRな話が苦手な方は目を瞑って下さいね。
  
  とにかく、楽しんで頂けたら幸いです。


 一応、これからも拍手用小話を月に一度書き換える予定です。
 随時オーダー受付中。
 毎月16日の正午締めで、20日頃に新作アップという形を取りたいと考えています。

 
 これからも何かご希望がありましたら、是非リクエストを拍手コメントかメールフォームでお願いします。


 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 とくに、励ましの拍手をクリックして下さる方へ。
 本当にありがとうございます。
 頑張ります。

 もしもよろしければ、一言、くださいね。
 感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。

 お待ちしています。





      < ↓ポチリとしてくださるとうれしいです↓ >

  br_decobanner_20100412095827.gif  にほんブログ村 小説ブログ BL小説へにほんブログ村 




  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

もうそうって、たのしいね!! 

2014, 03. 21 (Fri) 22:16

 今日は、いえ、今日もねむねむでした・・・。
 おかげで、弁当も水筒も家に忘れて出勤したあんぽんたんです・・・。
 傷心。

 気を取り直して表玄関を更新しました。
 前に紹介した妄想しっぱなしで爆走するリスの絵本のシリーズ、第二弾、第三弾を紹介します。

 一作目はこちら。
 『どうしてそうなる。』 (←クリックして頂くと、表玄関へ飛びます)

 二作目、三作目が今日書いた記事です。
 『どんなだろうね。』 (←クリックして頂くと、表玄関へ飛びます)

 コントもそうですが、人によって笑いのツボは違います。
 なので、皆さんが同じように『面白い』と思って下さるかは自信ないのですが、でも、読んでみて欲しい作品たちなので紹介しました。

 ちなみに、私の妄想加減は、リスの比ではありません。
 いや、妄想というのはおかしいか。
 マイナス思考、かな?
 なんせ気が小さいので、やらかしたことをいつまでも後悔して更に発展させ、時々ひとりで発狂していますとも・・・。

 
 でもまあ、リスの妄想は、笑える範疇です。
 むしろ楽しい。
 多分、巻き込まれているお友達各位もね。
 だから、たのしいねって笑いあえる感じ。


 そんなわけで、楽しんで頂けると、嬉しいです。

 



      < ↓ポチリとしてくださるとうれしいです↓ >

  br_decobanner_20100412095827.gif  にほんブログ村 小説ブログ BL小説へにほんブログ村 

  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

ねむいったらねむいのだ。 

2014, 03. 21 (Fri) 02:03

 うたた寝してしまいました。
 今夜は本気でがっつり寝てしまったので、目が覚めた時、朝になっているかと思った・・・。
 テレビ画面はだんちともお。
 休日の朝に放映されていた物が深夜にやっていると、本当に心臓が止まる・・・。

 ちなみに、この連休は仕事なので、ぼちぼち更新です。
 体調も下降線時期に入りますので、まあ、そんな感じです、きっと・・・。

 ところで、今朝(正確には昨日の朝)表玄関を更新していたのでお知らせします。

 『とうみんとしゅんみん。』 (← クリックして頂くと、表玄関へ飛びます)

 そもそも、今朝(しつこいが、正確には・・・以下略)起きて朝食作りながら冷蔵庫に肘を激突させたり、敷物に突っかかったり、通勤の地下鉄では爆睡してうっかり乗り過ごしそうになったり(奇跡的にドアが閉まる直前に覚醒)。
 ・・・眠りが足りません。
 眠らせて下さい・・・。
 私は生まれた時から睡眠欲だけ激しくて、母が生きているか死んでるか確認したくなるくらい眠りこけていたのがそのままずーっと来ています。
 たぶん、死ぬ直前までそうなのだと思います・・・。

 そんなこんなではありますが、一応絵本紹介を書きかけたり、懲りずに化け猫物語に着手したりしているので、これからも生暖かく見守り下さいませ・・・。






      < ↓ポチリとしてくださるとうれしいです↓ >

  br_decobanner_20100412095827.gif  にほんブログ村 小説ブログ BL小説へにほんブログ村 

  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

妄想疲れ。 

2014, 03. 16 (Sun) 22:24

 今日の福岡は好天で、太宰府では19度あったとか。
 ・・・ですが、三時くらいまで寝倒しました。
 昨夜は、仕事から帰ると九時くらいから日付を越えるまで寝倒したし・・・。
 冬眠から春眠への移行時期のようです。

 ところで、一ヶ月以上前に書きかけて中断していた絵本の紹介をさせて貰います。
 妄想家のリスが繰り広げる悲喜劇。

 『どうしてそうなる。』 (← クリックして頂くと、表玄関へ飛びます)

 物凄くデッサン力のある作家さんなのだと思うのですが・・・。
 物凄く漫画的な構成です。
 絵がコマ送りで並べられていたり・・・。
 がんと見開きで異世界になったり。
 まあ、ご覧になるのが一番ですね。
 文章もかなり面白いのですが、なくても絵だけでわかると思います。
 (ただし斬新過ぎたのか、父に見せたら理解してもらえなかった・・・)
 絵本はおおむね、絵と文の力で誰にでも解るようにもしくは解りやすいように作られるものだと思うので、例えば鳥獣戯画のような手法が存在するのは道理かな・・・と。

 とにかく、もしもこの絵本を手に取ることがありましたら、リスの妄想ライフを楽しんで下さいね。
 リスシリーズは現在あと二冊あるので、また後日紹介します。

 明日は月曜日。
 三月も後半のターンを回っているなんて、信じたくないけれど認めざるを得ない、日曜日の夜でした・・・。



      < ↓ポチリとしてくださるとうれしいです↓ >

  br_decobanner_20100412095827.gif  にほんブログ村 小説ブログ BL小説へにほんブログ村 

  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

血肉になることば。 

2014, 03. 12 (Wed) 18:50

 今朝も天気が良かったのであちこち片付けたり色々しています。
 ・・・逃避なのでしょうか。
 いや、いつもの私にしては働いている・・・。
 そう思いたい一日です。

 何から逃げているかというと、紙面化用文章の校正です。
 とくに、『恋の呪文』は全面改定してしまいたいところを押さえて、でも、もう少し落ち着きのあるようにトーンダウンさせて・・・いや、そうなると面白くないのか、これ、と頭をかきむしりながらの作業中です。
 しかも、最新版だと思い込んでいた改訂版が実は古く、それを四分の一いじってから気が付いたという、発狂したくなるような状況も。
 どうやら別邸の文章が最新版なのですよね・・・。
 それすらも覚えていない私の脳みそは猫の額以下・・・。
 仕方ないのでいったんそれをワードに落として印刷書けようとしたらぎゅうぎゅうに詰め込んでも30ページでそんなに紙がないと慌てていたら、昨年末に買い換えたプリンターは両面印刷できることが判明しました。
 買う時にどうして調べない私。
 いや、きっと夫はそこまで調べてから買い換えを決断したのだろうけれど、当時の私は前の子に未練たらたらで一切興味がなかったから・・・。
 これからは新しい子と手を携えて頑張ります!!

 とりあえず、表紙用原稿は二冊とも出来上がりました。
 単色印刷でどこまで綺麗に出来るかわかりませんが・・・。
 実は表紙の素材に使えるものを探し回っているうちに、独身時代に庭の花を父のカメラで撮りまくっていた画像が出てきまして。
 一眼レフでしかもポジフィルム写真。 
 娘に甘い父が良質のフィルムを提供してくれたおかげで、発色が良く、当面これでしのげそう・・・かな。
 (そして更に当時の同人誌活動の相棒が紙からスキャンして画像へ変換してくれていた・・・。ありがとう、M。)
 
 しかし自分の文章を読み直すのはまるで昔の日記を読み返すようなもので、ちょこっと眺めては踊り出すか、何か別の作業に突入するかで難航しております。
 
 まあ、そういうわけで。

 今日も表玄関の更新です。

 『いきている、ことば』(←クリックして頂くと、表玄関へ飛びます。)

 谷川俊太郎さんって、本当に寝ている時間がほとんど無いのでは?と思うのは私だけでしょうか。
 テレビに映画に歌に・・・って、翻訳も山のようにありなから、自分の文章も作り・・・。
 呼吸するのと同じくらいの文章活動だと思います。

 そういえば、谷川さんで忘れられないのは、『宇宙船ペペペペランと弱虫ロン』。
 歌、だったと思う。
 実家にまだあるかな、ドレミファブック。
 ぞうさんとか、子供向けの童謡ばかりの作品の中に混じっていた異質な本。
 挿絵が抽象画・・・というか、あまり綺麗な色彩ではなかったと記憶しています。
 子供を27人乗せた宇宙船が地球からアンドロメダを目指して発車して、彼らが成長していくうちに全員カップルになりますが、不器量なコックのロンが取り残され、更には船外事故の処理を独り身だからと任されるのです。
 しかも、修理が終わった途端、彼を外に残したまま出発。
 宇宙に取り残され放り出されたロンは気が狂い、大声で歌を唄うという詩です。
 これに強く影響されたのが、漫画『ぼくの地球を守って』だったと思うのだけど、違ったかな・・・。
 しかし実際に13人の女の子と14人の男性が搭乗して、綺麗にカップル成立するとは思えないし、続くと思えないな私は、すっかり汚れてしまったのでしょうね・・・。
 アメリカのドラマだったら、カップルがフォークダンスのようにチェンジするし、韓国ドラマならたいてい四角関係だぜ。
 子供むけに、どうしてこのような詩と歌が作られたのか、いまだに疑問です。
 でも、この不条理に幼いうちから馴染んでおく必要もあるのかも知れません。

 そういえば、どうして作られたのか謎な谷川俊太郎作品№1はこちらです。
 『なおみ』
 (リンクは『絵本ナビ』の記事に繋がります。ちょっと中が見られるので・・・)

なおみ (日本傑作絵本シリーズ)なおみ (日本傑作絵本シリーズ)
(2007/10/10)
谷川 俊太郎

商品詳細を見る

 
 居並ぶ絵本の中で異質です。
 沢渡朔さんの写真は大変美しく、谷川俊太郎さんの言葉は優しい。
 それだけに不気味さが引き立つというか。
 写真の中の人形に、命を感じるのです。
 読んでいるこちらの命が吸い込まれそうなほどに。 
 精緻な日本人形と、少し影のある美しい少女の日々。
 これほど読むものを惑わすのは絵本はなかなかありません。
 初めて手に取った時は、たいへん困惑しました。
 一応テーマは、六歳の少女がやがて成長して、夢うつつの世界から飛び立ってしまった・・・ということなのでしょうか。
 それでも。
 あまりの迫力に、私は体調が万全な時でないと挑めません・・・。
 あ。
 兄嫁に私信。
 うちの兄が何かやらかした時の切り札にどうでしょう(←人形が怖い人なので。笑)。

 表玄関の紹介についてもう一度語るならば。
 谷川俊太郎さんの詩と、石井桃子さんの文章が、私の血肉になっていると、常々思います。
 成長過程で、色々な方の作品を読み、その時々で大きく影響を受けましたが、血と骨は、このお二人です。
 何度も何度も読んだり、頭の中で思い出したりしましたから・・・。
 だからといって、言葉の力をほんの少し分けて頂いただけで、出来映えとしては劣化コピーもいいとこなんですけどね。
 あのような神業に憧れる反面、それは錬金術師が死者を蘇らせようとすることと同じくらい無謀で無茶なことなのだと、戒めています。

 妙な日記になりましたが、今日はこの辺で。

 明日から仕事が数日入っているので、こちらの更新が出来ないかもしれませんが・・・。
 三月の終わらないうちにやるべき事は、頑張ります。





      < ↓ポチリとしてくださるとうれしいです↓ >

  br_decobanner_20100412095827.gif  にほんブログ村 小説ブログ BL小説へにほんブログ村 



  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

お子様とお犬様には勝てません。 

2014, 03. 10 (Mon) 19:24

 仕事柄、お子様たちには毎度毎度振り回されます。
 にやーっと笑って、スタッフ以外お断り願う区域に走り込む二歳児を追いかけて、怖がらせないようにへらへら笑いながら捕獲して、「だっこさせてね?」と懇願し、「がんばれ、踏ん張れ、俺の腰・・・」と心の中で呪文をかけて抱き上げて、親御さんの元へ強制送還します。
 たいてい、いったんこちらを見てにやーっと笑うあたり、いけないことをやってる自覚はあるのだと思います。
 ・・・恐ろしい子!!
 でも、ほっぺたぷくぷくで可愛いのですよ、そう言うやんちゃなお子様は・・・。
 
 とにかく、若い頃よりお子様連れのご家族に対して寛大になったような気がします。
 多分ね。
 ただし、ますますもって自分はハハオヤには向かなかったという思いは強くなりますね・・・。
 とてもお子様を育て上げる自信はありません。
 あの、きらきらの瞳とふかふかのほっぺとつやつやの髪は非常に魅力的ではありますが。
 
 まあ、そんなわけで、今回表玄関で紹介した絵本がこちら。

  『思惑通りになんて、なるもんか。』

 お子様とお犬様を操縦しようだなんて恐れ多い・・・。
 と、言うのが私の結論ですが、世の中には子育ての天才は存在しますし、立派なアルファー犬を務め上げているニンゲンもいます。
 ただ、それが出来ない人もいるのよ、と言う話。

 そういえば。
 ペンネームとして使用している『犬飼』の苗字は『犬をいつか飼いたいぞう』という、私の古くからの願望からつけたのですが・・・。
 猫の魅力に打ち負かされて骨抜きになった今、そろそろ名前を改めるべきなのではと思わなくも・・・ないです。
 でも今更どうするよ・・・とずるずるそのままにして数年。
 すっかり馴染んでしまったような気もします。
 ちなみにどなたも突っ込まないので自ら告白しますが、プロ作家としてご活躍されている『犬飼の●』さんとは全く繋がりがございません。
 ただの偶然です。
 実名から一番遠い苗字にしようと思ってつけただけなんですよ・・・。
 それなら、もう旧姓のほうがよっぽど何処にでもある苗字なのでそちらにすれば良かったけど、これもまたご活躍されている別の作家さんがすでにいらっしゃるので使えなくて。
 まあそんなとこだろうと、かしこい読者の皆さんはとっくにお見通しでしょうが、まあ、そんなこんなです。
 しかしややこしいので、まだBL書き続けたいならいずれ変えた方が良いのでしょうね。

 ところでどのくらい猫様の虜になっているかというかという証拠写真。

  140310_191338.jpg


 ・・・映画、機会がなくてまだ観ていないにもかかわらず、今日タイバニ映画二度目鑑賞直後に売店で即購入してしまいました。
 タイバニグッズは一つも買っていないのに、です。
 ちなみに北村さんのことは俳優としてかなり好きですが、ものすごいファンというわけはありません。
 もう、ただ単に、猫様のクリアファイルだったからというオチ。
 ・・・たいがい末期だと思います。

 それこそ、無限ループに落ちてしまっていると思います。
 猫地獄という、罠、ですかね。
 でもきっと、世の中には同じように猫関連で散財している人がたくさんいるに違いない・・・。
 そう、信じる猫崇拝者です。



      < ↓ポチリとしてくださるとうれしいです↓ >

  br_decobanner_20100412095827.gif  にほんブログ村 小説ブログ BL小説へにほんブログ村 


  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

過去・拍手御礼SS 『秘密の花園』-冬の薔薇- 

2014, 03. 05 (Wed) 19:29

 2014年1月分、拍手御礼SSをお届けします。

 最近、拍手御礼SSって、秘密の花園ばかりですね・・・。 
 書きやすいといえばそこまでなのですが。

 今回は、三男の過去話です。
 一応、お付き合いしていた人くらいいたんですよーと、言いたくて。
 いやだって、ずっと家族の世話にかまけて青春がないのってあまりにも気の毒で・・・。ごにょごにょ。
 でも、この展開は別の意味で気の毒ですな・・・。


 ちなみに、『まとめサイト』の方にも上げていますので、どちらからでもご覧になれます。

 今朝は、起きてから色々働いた・・・。
 洗濯して、拍手御礼SSの9割書いて、タイバニ映画観に行って、ちょこっと買い物して、まとめサイトいじったりブログいじったりして・・・。
 ごろごろと寝っころがって本を読んじゃ寝してませんことよ(それが普通です)!!

 さて。
 今からおひな様出すかの・・・。
 実は、まだ出していませんでした。
 おひな様に関しては、ここのところ毎回旧暦狙いなんですよね・・・、私。
 場所の確保はしたのですが、まだ並べていません。
 『ごちそうさん』の新婚編鯛エビソードの影響で、最近、世の中にあるあらゆる物が私の頭の中に語りかけてきます。
 しかも、エセ西京弁で。
 「えええ?うちら、今年は飾ってもらえへんの?』
 ・・・こんな感じに。
 だから、今からやります。
 やりますとも・・・。
 だから、どうかお手柔らかに、おひな様・・・。



   どの日付のものでも構いませんので、それぞれの記事の下の『拍手』ボタンをクリックすると、おそらく『拍手御礼』というページが展開されるかと思います。
  そこに、小話を添付しています。
  小話は、『拍手御礼』に1話のみ。
  今回は、真神憲二と勝己兄弟、そして秘書が一人。
  『秘密の花園 雪』です。
  憲二16歳、勝己13歳。
  母親が不在がちなので、許してやって下さい・・・。
  
  とにかく、楽しんで頂けたら幸いです。


 一応、これからも拍手用小話を月に一度書き換える予定です。
 随時オーダー受付中。
 毎月16日の正午締めで、20日頃に新作アップという形を取りたいと考えています。

 
 これからも何かご希望がありましたら、是非リクエストを拍手コメントかメールフォームでお願いします。


 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 とくに、励ましの拍手をクリックして下さる方へ。
 本当にありがとうございます。
 頑張ります。

 もしもよろしければ、一言、くださいね。
 感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。

 お待ちしています。





続きを読む »



  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

タグ:続きを読む

拍手御礼SSを更新しました。3/5 

2014, 03. 05 (Wed) 18:04

 ええと、これは・・・。
 二月分の、拍手御礼SSになるのかな(←いい加減・・・)。
 更新しましたのでお知らせします。

 先月分はのちほど移動させますね。

 実は、ただ今『恋の呪文』の紙印刷のためにざっと修正かけているのですが・・・。 
 あれは最初の四分の一くらいだけ随分前に書かれたもので。
 ・・・まあ、若気の至りで突っ走っただけってのがばればれですよね・・・。
 その頃は文章で考えていたのではなく、漫画のプロットをそのまま起こしているような物だったので、ホントに、まあそんな感じで。
 だけど現在、読み直しているうちにディスプレイ投げたくなってきたので、気分転換にSSを書くことにしました。
 そんなわけで、秘密の花園。
 いや、どんなわけだ。

 勝己は、いつもの勝己というか、まだ中学生になったばかりの可愛い勝己なんですが、憲二はもう、ウサギだと思って下さい。彼の本能はウサギ並みなのよ、きっと・・・。
 ロシアンティーは、先日行った福岡の老舗ロシア料理のランチから引っ張ってきました。 
 本場と違ってアルコールは多分入っていないだろう、私が飲めるくらいだし。
 私が初めて飲んだロシアンティーって、多分小学生の頃でここのなのだと思います。
 以来、自宅でも時々紅茶にジャムを突っ込みます。
 昨日、大量のリンゴをジャムにしたのであとで飲もうかな。

 そういえば、確定ではありませんが秋に一度東京へ出て行商するかもしれません。
 スペースがとれればなんだけど。
 そもそも日程もまだ解らないし、「行ったことないから、覗いてみたいねん」「うんうん、この際行こうや」ってノリになっただけなので、本当に未確定ですが。
 卵が先かひよこが先かもはや解らなくなってきていますが、とにかくそんなこんなで、悲鳴を上げつつも過去の己と闘っております。
 急がないと、三月か終わってしまうわ。

 話が逸れましたが、とにかく新しいSSを掲載していますよ、と言うお知らせです。

 「拍手」ボタンをクリックして頂くと見られますので、よろしくお願いします。
 

 ではでは、また。



   どの日付のものでも構いませんので、それぞれの記事の下の『拍手』ボタンをクリックすると、おそらく『拍手御礼』というページが展開されるかと思います。
  そこに、小話を添付しています。
  小話は、『拍手御礼』に1話のみ。
  今回は、真神憲二と勝己兄弟、そして秘書が一人。
  『秘密の花園 雪』です。
  憲二16歳、勝己13歳。
  母親が不在がちなので、許してやって下さい・・・。
  
  とにかく、楽しんで頂けたら幸いです。


 一応、これからも拍手用小話を月に一度書き換える予定です。
 随時オーダー受付中。
 毎月16日の正午締めで、20日頃に新作アップという形を取りたいと考えています。

 
 これからも何かご希望がありましたら、是非リクエストを拍手コメントかメールフォームでお願いします。


 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 とくに、励ましの拍手をクリックして下さる方へ。
 本当にありがとうございます。
 頑張ります。

 もしもよろしければ、一言、くださいね。
 感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。

 お待ちしています。





      < ↓ポチリとしてくださるとうれしいです↓ >

  br_decobanner_20100412095827.gif  にほんブログ村 小説ブログ BL小説へにほんブログ村 





  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

平和的解決法。 

2014, 03. 04 (Tue) 01:04

 絵本の紹介をしましたのでお知らせします。
 実は、この前にもう一本途中まで書いていたのですが、最後の本の表紙を貼り付ける操作の時になぜか文章が全部落ちてしまい・・・。
 気力をなくして放り出しています。
 かなりの長文を朝の6時から一時間近くかけて書いたので、もう、しばらく立ち直れませんでした・・・。
 で、気を取り直して別の話から取りかかろうかと。
 そんなわけで一ヶ月間が空いた表玄関の更新です。
 他にも取り上げたい話がありますので、今月はもう少し頻繁に書いていこうと思っているけど、どうだろう。

 今回の話題はこれです。

 『だきしめる。』

 大きなナリをしているけれど、平和主義なクマの話。
 彼の外見ならではの展開ではありますが、とても大切なことのような気がします。
 闘わずして、勝つ(笑)。 
 絵は全体的に大ぶりで、物凄く解りやすくて好きです。
 色も落ち着いてまとまりがあるし。
 
 そういえば、さすがに設定や展開は違うけれど、同じように外見を裏切る優しい動物の話を一つ思い出しました。
 それについてはまた今度。

 よくよく考えたら、昔の私の理想の男性ってクマのように大柄だけど包容力があって心根の優しい人・・・だったよな。
 リアルではご縁がなかったけれど・・・。
 漫画では出会いました。

俺物語!! 5 (マーガレットコミックス)俺物語!! 5 (マーガレットコミックス)
(2014/02/25)
アルコ

商品詳細を見る


 いや、ちょっと違う・・・ような。
 いやいや。
 でも、箇条書きしたら彼そのものなんだよな。
 やっぱり、彼なんだろうか。



      < ↓ポチリとしてくださるとうれしいです↓ >

  br_decobanner_20100412095827.gif  にほんブログ村 小説ブログ BL小説へにほんブログ村 



  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →