『ときを、かぞえる。』-12- 

2016, 04. 12 (Tue) 00:01

 両親からのおすそ分けがきました。

160411_210924.jpg

 ・・・。
 やっぱり、採っていたのか!!
 数日前の、河口及び海岸に広がる人だかりを思い出す私。
 あの中に、うちの両親が混じり、喜々として掘りまくっていたんだな…。
 先月末に甥っ子たちが掘ったものよりずっと立派な貝たちで、桶の中に海水を入れ、新聞紙で暗がりを作ってやると大変リラックスしてまして…。
 夕飯の支度のために新聞紙を取り払った瞬間、つぶらな瞳で『まさかと思うけど、僕たち、食べられてしまうん?』と問われて胸が痛かった…。
 一瞬、河口に戻しに行くことを考えなくもなかったけれど…。
 結局ありがたくいただきました。
 ごめんね。

 さて。
 『ときを、かぞえる。』の同人誌掲載分、最終話です。
 ・・・ここからは自力で、いや、ここまでも自力で書いていますが、ちょっとずつでも進めていきたいと思います。
 あくの強い森本母とか、もうちょっと登場する…かな?
 意外とドロドロな『ときを、かぞえる。』。
 お付き合いいただけると幸いです。
 

続きを読む »



  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

スポンサーサイト

『ときを、かぞえる。』-11- 

2016, 04. 09 (Sat) 16:16

 今日はうす曇り・・・かな。
 外は暖かいようですね。
 桜の季節もあっという間に終わり…、潮干狩りグッズを手にした人たちが私の住まいの敷地を通り抜けていく…。
 最寄りの商店街の100均のお店に行くと、いちばん表に潮干狩りグッズを並べているあたり、地域性が出ていますね。
 近くの海から河口付近かけてが太古の昔からの大漁スポット・・・ではあるけれど、ここ最近は博多湾の漁業組合の人たちがお金を出して稚貝を撒いてくれていたからのよーと、言いたいが、おそらく誰の耳にも届かない。ゴールドラッシュのような熱狂ぶりです。
 ええと、建設調査のために土地を掘れば貝塚はたくさん出てきます、福岡。
 それだけ代々のの住人たちが貝をこよなく愛して食い続けた証拠です。
 実際、美味しいのですよ。身が締まって味が濃くて。
 その味が忘れられずに皆が掘るという(もちろん、両親も甥っ子たちも三月末に掘りまくった)、半ば依存症にもなる貝の恐ろしさよ。
 願わくば、皆さん、三センチ以下の貝はそっと海に戻してあげて・・・。
 
 さて。
 第十一話です。
 同人誌掲載のものは次の十二話でおしまい。
 続きを自力で…いや、今まで自力で書いておりましたが、とにかく頑張って先に進めねばですね。
 まだ事故のようなちゅうにしかこぎつけていない三十路男たちの話、まだまだ続きますので、何卒よろしくお願いします。
 ちなみに、森本のネーミングセンスはお母さん譲り・・・と思われます。
 似た者親子。

 ではでは、みなさん良い週末を。



続きを読む »



  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

『ときを、かぞえる。』-10- 

2016, 04. 08 (Fri) 16:12

 低気圧が去り、天気が回復しました。
 結局、午前中いっぱい寝込んで終わった私の休日…。
 仕事はどうした。
 いえね。
 昨日から頭痛と眼精疲労のほかに喉が少し痛かったのです。
 今更風邪なんて・・・と心の中で否定しても、今季、インフルのAもBも席替えの度に隣の女の子からもらった甥っ子のことを思いだすと怖くなりまして、大人しく休養を取りました。
 久々に取り出したプロポリスとハチミツ、そして首の指圧。
 どれかが効いたのか、喉に関しては治った気がします。
 私の場合、喉に不快感を感じるときは首の上から痛みの場所を触れてみるとたいていコリのようなものがあって、これをしつこく揉むと血行が良くなるのか、今年は風邪をひかずに済みました。果たしてこの処置が良いのか悪いのか、素人なのでわかりませんが。

 さて。
 まだ少し同人誌掲載分が残っているので、今日もUPします。
 気が付いたら、けっこう長い連載になりそうな、『ときを、かぞえる。』。
 起承転結の二番目をようやく登ったところくらいです…。
 これでどうして、50ページ以内にまとまると思ったんだろう。
 いつも計算が合いません。
 理由はおそらく、女性陣が出張ってくるとページが延びるという、いつもの罠にはまったからでしょうね…。
 それと、今回のチンピラシーンは最初予定になかったのですよね。
 さらーっと数行で流すつもりが、書いてみたら長くなったという地獄。
 チンピラの容姿のモデルは、とある二人の俳優さんを足して割った感じかな…。

 ではでは、楽しんでいただけると幸いです。

続きを読む »



  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

『ときを、かぞえる。』-9- 

2016, 04. 04 (Mon) 19:41

 桜が、散り始めています。
 満開になったところで雨模様で、大変もったいない・・・。
 花筵で何か書きたいと思いつつ。

160330_182940.jpg

 そういえば、所用で博多駅に行き、ついでに地下鉄の駅近くにある窓口でパスポート申請に必要な書類を取ろうとしたのですが・・・。
 本籍地、今の免許証に書かれていないことを忘れとった…。
 結婚したときに変えた本籍地は町名までは分かるけど細かい番地を覚えていないぜどうしようとまごついていたら、私の場合は免許証および口頭試問でなんとか発行できますとのことで、なんとか乗り切りました。
 ええと、申請手続きは水曜日に行きます、ごめんなさい師匠…。
 六月下旬に師匠および同僚たちと台北へ行く予定で、今更だけどパスポートの期限が切れていることに気づきあわあわしています。それにしても高いな!!申請料。前の記憶がおぼろげで、さんぜんえんくらいかな?と思っていた私が浅はかでした(笑)。
 10年間でどのくらい旅行できるかは、世情と私の働き次第ですね。
 フィンランド、行きたかったんだけどなー。さすがに10月まで(福岡からの期間限定の直行便があるのです)に行くのは無理じゃろう。
 美形を愛でて鍋を買いたいです、神様。


 さて。
 『ときを、かぞえる。』9章です。
 がんばれ、英知。
 私の予想よりもはるかにスローな二人です・・・

続きを読む »



  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

『ときを、かぞえる。』-8- 

2016, 04. 02 (Sat) 01:24

 眠い日が続きます。
 いや、こんな場合じゃないんだ←毎度毎度懲りない私…。

 とりあえず、実家からやってきたグラジオラスの原種の花弁と匂いを愛でながら、やる気スイッチを探しています。

160401_201016.jpg

 ちなみに、今年の冬は暖冬からがたんといきなり極寒へ変わったため、それについていけない植物が続出。
 結婚以来苦楽を共にしたアロエが真っ赤になり、どう見てもなんともならない状況に。
 さらに、同じく嫁入り道具の一つだったフリージアが数本しか花を咲かせず、残りは葉が枯れていき、水仙は一つも蕾を付けず…。通常通りだったのはムスカリくらいでしょうか。
 とにかくこんな事態は初めてで落ち込んでいたら、緑の指姉妹と私がひそかに名付けている母と山口在住の伯母もアロエと幸福の木を枯らし、フリージアに至っては一つも花をつけず…と言う話を聞いて胸をなでおろした次第。
 今年の九州北部から山口では、新春から三月にかけて花をつける草木や多肉植物に手を焼いたみたいで、それだけ寒かったのだなと思います。
 そんな中、今年はインフルにも風邪にもかかっていないのは、夫婦ともに公共の交通機関を使わずに通勤するようになったのと、毎日飲んでいたホット柑橘ハチミツのおかげなのかもしれません。
 あと、今の住まいが夜はとても静かだからかな。
 環境は、大事だなと思うこの頃です。

 前置きが長くなりましたが、プレシャスとレジーナの物語の続きをお届けします。
 ちなみに、池山のチュー事件とロッテンマイヤーさんの話は『エレベーター』に詳細が書かれていますので、併せてごらんくださいませ。
 ではでは、近いうちにまた続きを・・・。
 お届けしたいと思います。
 皆様よい週末を。

続きを読む »



  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

『ときを、かぞえる。』-7- 

2016, 03. 31 (Thu) 20:51

 こんばんは・・・。
 異動と改変の季節ですね。
 いやもう色々びっくりなことが続いて、しかも新しい試みが多くて、すでに疲労困憊。
 そのまえに今日が三月最後の日。
 さよなら三月、明日はもう四月。
 何もかもあっという間でついていけません。
 とりあえず、四月は内職仕事を頑張りつつ、創作のほうも負けずに頑張りたいです。
 でもでもその前に、自分にご褒美的なサイコパス原画展へ行きたいなあ。←すでに逃避の気配…。
 そして最近ゲームはご無沙汰ですが、刀剣乱舞も決着つけたいとは思っています。そちらを楽しみにされている方にはごめんなさい。頭の中に話は出来ているのですけどね、これがなかなか…。へっぽこで本当に申し訳ない。

 まずは今日、『ときを、かぞえる』の続きをお届けします。
 これから何回かに分けて続きのアップをする予定です。
 とりあえず、J庭40の無料配布本掲載分までは・・・。
 何回連載になるかな。
 秋のイベント本はさすがにこれの完結版と言うわけにはいかんなーと頭を抱えています。

 とにかくですね。
 酒盛り編です。
 誰の家にもすんなり上がり込んでしまう本間が心配ですよ、私は・・・。
 まあ、猫だから。
 仕方ないのか、本間。

 明日も続きを届ける予定です。
 妙なところで続きにしてしまいましたが、少しずつ楽しんでいただけると幸いです。


続きを読む »



  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

『ときを、かぞえる。』-6- 

2015, 10. 30 (Fri) 06:47

 昨日、偶然にもイソップの「うさぎとかめ」を手に取る機会がありまして。
 ああ、俺ってウサギ根性丸出しだよな…と肩を落とした次第です。
 まだまだ先だと思っていたのに、もう、6話を迎えてしまったよ…。
 6話に尻をたたかれながら前に進みます。
 とりあえず、明日からは師匠に借りたBLで印象深かった本の紹介を始めましょうか(←オイ!!)。

 さて、『ときを、かぞえる。』第6話。
 ここにきて、風呂敷がどんどん広がっていくのがわかります・・・。
 しかしまだまだ広がり続ける私の風呂敷。
 最初は、ほんのパソコン回りだったはずなのにそのうち地球を余裕で覆えるようになってしまうのではないかとおびえていますが、そうすると、もしかして憧れの世界征服か?
 いやいや無理。
 とにかく後半は広げた風呂敷を畳んで畳んで畳まくります。
 どうかお付き合いくださいませ。

 ところで、楽園メンバーはお酒に強い人が多いです。
 それは、羨みの裏返し…。
 お酒を受け付けられない己の体質を恨み続けて、はや何年だろう…。
 日本酒とワインの味は大好きなのに、胃に入れるとダメなんですよね…。
 水代わりにワインの瓶背負って外国を旅できる幼馴染がうらやましい。
 仕方ないので、人様のブログやツイッターの飲みました記事を指をくわえて眺めています。

 ちょっとまた話がそれましたが、あれやこれやの登場に、なら第七話は?・・・と、次の更新までしばし想像しながらお待ちくださいませ。
 ではでは、楽しんでいただけると嬉しいです。
 それと、拍手やツイッターのお気に入りをポチって下さりありがとうございます。
 今日こそ頑張る。今日こそは。

 
 ↓ 「続き」ボタンはこの辺に。小説を読んでくださる方はクリック願います。

続きを読む »



  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

『ときを、かぞえる。』-5- 

2015, 10. 29 (Thu) 07:07

 ブログの環境設定をいじっていたら、うっかり妙なところを有効にしてしまい、おそらく昨日の夜中にそれが反映されたと思います。
 ご覧になってしまった方にはお目汚しですみませんでした。
 あれ、画面的に何の意味あるんだろう・・って、有効にした私が言うか。
 ええと何が起きていたかというと、twitterでの発言が記事としてまとめられてブログ画面に掲載されていたのですが、私にはあの機能はいらんかった。
 これからは気を付けようそうしよう。

 さて。
 『ときを、かぞえる。』ですが、前半としてはこの回と、次回でいったん終了です。
 同人誌に掲載出来たのがそこまでで、その先はまだ肉付けが済んでいないのでお待ちくださいね。
 明日明後日が引きこもり予定なのでその間に頑張りたいけれど、すでにウサギと亀のウサギの状態になっている…。
 いや、この日が来るのは最初からわかっていたくせに・・・ねえ。
 中年という年の線引きがだんだんわからなくなっているこの頃。
 この年を中年としたら己は何になるのだと思うと気が遠くなるからでしょうか・・・。
 だいたいの設定として、英知28~29歳、温と珠季が34~35歳のつもりです。
 17年前が小学六年生と高校2~3年生(すみません・・・おぼろげ。どっちにしたんだっけ・・・)だったので。
 全員、ち、中年ですかね・・・。
 でも、最近のBLでは珍しくない年齢設定だもん・・・っと、己の本棚を眺めて鼓舞しております。
 いや、単に己の琴線揺さぶるのがそんな年齢の登場人物ばかりだからなのか。
 鈴木ツタさんの漫画をめくるたびにつぶやいております。
 しにあらぶだってこわくない。

 で、ではでは、今回ちょっと短いですが楽しんでいただけると嬉しいです。

 
 ↓ 「続き」ボタンはこの辺に。小説を読んでくださる方はクリック願います。

続きを読む »



  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

『ときを、かぞえる。』-4- 

2015, 10. 28 (Wed) 07:09

 昨日は福岡で久々の雨降りになりました。
 なので、ようやく窓と網戸とベランダの掃除をしました・・・。
 年明けまで住んでいたマンションのベランダは狭かったのでそれにすっかり慣れていたのか、今の家のベランダ掃除は意外と難航し、途中で投げ出したくなった…。
 洗剤使ってがっつりやったから、年末の大掃除は軽くできる…訳はないか。
 日ごろからこまめにやっていないからこうなるんだよ、と過去の私に説教しました。
 ほんとうに、どうしてこう、なんでもやっつけ仕事なんでしょうね。

 さて、『ときを、かぞえる。』第四話をお届けします。
 いかがでしょうか・・・?
 私は単なるイタコで、登場人物たちが好き勝手にやっているのを自動書記する・・・という状態なので、果たしてこれが読者に面白いのだろうかと不安を抱いたまま進めています。
 そんななか拍手や感想などいただけると、これでいいのかな、このまま進めていいんだよね?と少し、いえかなり勇気がわきます。
 私の、大風呂敷でまわりくどい話を読んでくださり、本当にありがとうございます。
 そして、拍手で励ましてくださる方にはなんとお礼を申せばよいのか…。
 今日も一日、頑張ります。

 
 
 ↓ 「続き」ボタンはこの辺に。小説を読んでくださる方はクリック願います。

続きを読む »



  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

『ときを、かぞえる。』-3- 

2015, 10. 27 (Tue) 07:51

 昨日は、国立博物館へ行きました。
 洗濯物を干したり取り込んだりしてからの出発だったので、例によって到着が遅く、もう三時くらいだったかな…?
 月曜だけど休館日でないというちょっとイレギュラーな日なので、少しは観客が少ないかも・・・と思って狙っていたものの、引きこもりのため、腰が重い。
 洗濯しなきゃとか、日差しが強いから布団干せちゃうとかぐずくずしてしまうのは、家猫の特性でしょうかね…。
 ちなみに太宰府天満宮の横にある九州国立博物館は閉館時間が早いです。
 外国人観光客でにぎわっている参道界隈も、五時を過ぎたら閉店し始めるところがちらほら見え始め、およそ六時を過ぎると静まり返ります。
 なので、あわてました…。
 参道を人の波に逆らう感じで通り抜け、鳥居手前で右折、光明禅寺手前で左折、そしてゆるい坂を駆け上ると…。
 これです。

 151026_150150.jpg

 この間の目白の胸突き坂と同じくらいの階段が待っています。
 これを登るとき、天満宮内にある連絡通路(エスカレーター付)にすればよかったと思うのですが、こちらのほうが入口に近いような気がします。
 それに、あまり知られていないのか人通りが少なくて静かなのですよ…。
 ただ、あまりにも閑散としているので逆に怖いかな。

151026_150115.jpg
 
 秋の花と、いろいろな野鳥の声がお出迎え。
 目当ての琵琶は大変美しく、できればもう一度拝見したいです。
 観客は和装の方がけっこういらして、天満宮内の庭園でお茶会があったのかなと思われるご婦人が連れだっていました。
 ちょうど常設のところで田中丸コレクションでお茶道具を展示していたからかもしれません。
 ついでに覗いたところ、私が一番気に入ったお茶碗は常設出入口付近にある「ととや」のお茶碗かな・・・。
 小ぶりで優しい薄茜色。
 抹茶の緑が映えそうです。
 だがしかし、名器と呼ばれるものはおっかなくて触りたいなんて思えません。
 ガラス越しに拝見するのが一番です。

 さて。
 前置きが長くなりましたが、『ときをかぞえる』の3話をお届けします。
 多くを語るとネタバレになるので、まあそうですね・・・。
 英知はかなり大柄で、姉の珠希も女性としては背が高いほう(女王様と俺の長谷川ほどではありませんが)ということだけ…。
 今回初出の女性二人は小柄かな・・・。
 ではでは連載三回目を、楽しんでいただけると嬉しいです。

 
 ↓ 「続き」ボタンはこの辺に。小説を読んでくださる方はクリック願います。

続きを読む »



  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →