『エレベーター。』(池山、片桐、中村、篠原、森本) 

2015, 10. 20 (Tue) 14:53

 先ほど、頂き物の『18禁カレー痛辛』を食しましたが…。
 辛さで、人を殺せるものだと知りました。
 ・・・死ぬ。
 マジで死ぬ。
 一応温める前に注意書きを読み直しましたけれど、、「そんなに辛くないほうです」などと書いてあったので油断しました。
 う、うそつき・・・。
 二口くらい食べた後、突然雷が落ちたかのように唇と舌とにものすごい痛みが走りました。
 なんか赤いものが一つ入っていて、彩のパプリカだとばかり思っていたところ、なんとそれは丸ごと唐辛子。
 舌先ひとつ触れていませんが、あの世への階段を三段くらい昇った心地でしたよ。
 そもそも私自身辛さに対する耐性がなくて。
 カレーはいまだに甘口で、友人から「ありえない」といわれることがあります。
 そんな女がうっかり口にした日には…。
 のんきにそぞろ歩いていたらいきなり落とし穴にはまったようなもんでした。
 ゲームなら、地雷踏んで振り出しのいっこ前に戻る的な感じ?
 冷蔵庫にたまたまヨーグルトとアイスクリームが残っていたので、それでなんとか鎮火しました。
 …鎮火できてよかったよ。
 よのなかには、わたしのしらないことが、まだまだあるのですね・・・。
 たいへん勉強になりました。
 思わず歌いましたよ、0655の「素晴らしき哉、世界」~コノヨニハ、ワレワレノ、ソウゾウヤジンチヲコエテ♪
 唐辛子がお好きな方にはお勧めなのかもしれませぬ…。
 何しろ、知らない世界だったので、すぐに引き返してしまいました、ごめんなさい、Yさん・・・。


 前置きが長くなりましたが、J庭39にて配布したコピー本の本文です。
 『キスと接吻』の改題、改稿。
 『エレベーター。』です。
 マンションのオーナーの森本温(ゆたか)が登場します。

 まとめサイトのほうの更新は今しばらくお待ちください。
 新しいパソコンつないでからになります…。

 ではでは、マンション話をお楽しみくださいませ。


 

続きを読む »



  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

スポンサーサイト