FC2ブログ

実りのある歳となりますように。 

2020, 01. 01 (Wed) 19:49

 新年、明けましておめでとうございます。
 今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 大晦日に引き続き、ブログで新年の挨拶してる。
 おお、すごいぞ今年の私。

 ・・・と、勝手にはしゃいでおりますが、寝込んでいたので色々やらねばならないことが山積みです。
 とりあえず、明日は大人としてあいさつ回りがあるので、今のうちにちょっとPCをいじることにしました。

 まず、まとめサイト(HP)の方をすこし改訂しています。

 それから、同人誌を電子書籍化して委託していたのですが、それをやめることにしました。
 ブログもまとめサイトもリンクを外しています。

 昨年秋から数か月、紙面化したのを中心に見直しをかけていて色々アカンとこを見つけたのが理由の一つです。
 同じく、BOOTHの方も近々整理します。
 まとめサイト、pixiv、なろう、エブリスタの分も同時に一部下げたり改訂したりする予定です。
 その前に、J庭のこともなんとかしないとな・・・。

 年末に低調だった身体がだんだん上向きになってきたので、ちょっとやる気の私(笑)。
 へっぽこだからいつまで続くかわからないけれど、ちょっとずつ、進んでいきたいと思います。

 今年も、こんな私をゆるく見守っていただけたら幸いです。 

mP_20191109_102549.jpg

 新年らしい画像が何一つないので、大好きなりんごを。
 今年こそは、実りある一年にしたいと思います。 ←今思いついた
 今年こそは・・・。
 ええと、年頭の誓いのつもり(笑)。

 みなさんにとっても実りある、かつ、楽しい一年になりますように。
 




ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサーサイト



年の瀬になってしまいました。 

2019, 12. 31 (Tue) 00:00

 気が付けばもう大晦日。
 12月は一度も更新していないことに今更気づきました。

 こちらをのぞいてくださる方には申し訳ありません。
 12月に入って家族が風邪をひいて、その看病というか世話というか色々あって、時々ブチぎれてなんか食べに出かけたりと、まあ、とにかくぼんやりする間のない一か月でございました…。
 産んでもない男に根気が続かない私。
 時々、愚痴をシャウトして、勝手に自分にご褒美開催しておりました・・・。
 世の中のお母さんたちには、本当に頭が下がります。

 とりあえず、表のブログを2回更新していますので紹介しますね。

 一つ目は11/28日更新の
   『紅葉を求めて』
  前回、こちらのブログにも書いた大宰府の紅葉探索のコースの詳細です。

 二つ目は12/19更新の
   『遠くの世界。』
   その大宰府散策の折に尋ねた九州国立博物館の『三国志展』についての感想。

 もしお時間があれば覗いてみてください。

mP_20191213_112103.jpg

 写真は、福岡市の大濠公園。
 すきを見て脱走して(一応熱は下がっていたから彼は出勤)、美術館と博物館をはしごした時に撮りました。
 子どものころ住んでいた地区の街路樹が柳だったので、葉が風にそよぐさまを見るのがとても好きです。
 台風の時はおっかないし、まめに剪定しないともっさりした状態になるのが玉に瑕ですが。
 出発直前まで迷いましたが、思い切って行っておいてよかったかな。
 好きな挿絵作家さんの原画も見られたし、会期終了間際の国芳展に滑り込めたので。
 予想よりも作品展数が多くて疲れたけれど、いろいろ勉強になりました。
 しかし結局またぶり返されてしまったので、このリフレッシュ効果は長くは続かず・・・(笑)。

 あとは家事の合間にとにかく今まで書いた文章をいじっていじっていじりまわしていました。
 今叩きのめしているのは、『天のかけら地の果実』です。
 ようやく上巻と中巻が落ち着いて、今下巻に取り掛かろうとしているのですが、私の予定では年内に終えるつもりだったのですよね。
 なかなか思い通りに行かないものです。
 体力がすっかり落ちて、周期的な不調にすっかり弱くなりました。
 ですが、くじけずにこの年末年始も隙を見て叩きたいとここに誓います(笑)。
 まずは、下巻の導入部分の差し替えかな。
 大枠はもちろん保持しますが、とりあえずな感じではめ込んでいた表現などをちくちくと攻めていく所存。
 説明不足なところを補填し、ラブなところはもうちょっとラブにしたい・・・。
 がーっと勢いで書いて、わーできたーおしまいというスタイルがいかに己の首を絞めるかを学習中のこの数か月でした。
 来年の私はどうしているかな。
 猫と犬の画像を常に漁りつつ色々なことに萌えて、時々なにかにブチ切れながら多分、文章をいじっているのは間違いない。
 結局、読むのも書くのも妄想するのも好きだから仕方ない。
 そのようなわけで、へっぽこな私と来年もお付き合いいただけたら嬉しいです。 

 改めまして。
 これからくる年が、みなさんにとって楽しいことでいっぱいになりますように。
 あと、健康でありますように。
 そして、天候がおだやかでありますように。
 
 



ブログランキング・にほんブログ村へ




晩秋。 

2019, 11. 27 (Wed) 09:41

 ご無沙汰しています。
 毎度毎度すみません。
 気が付いたらもう11月が私を捨てていこうとしている。
 やだ待って、行かないで。

mP_20191121_135251.jpg

 本日のトップ画像は大宰府の紅葉。
 先週半ばに一人で行ってきました。
 前日にテレビで取り上げられていたらしく、通常の観光客にプラスが付いて平日にもかかわらずなかなかの人の多さでした。

 そのようなわけで、紅葉狩りついでに大宰府の九州国立博物館で行われている『三国志』展へ行きました。
 父の書棚に吉川英治版三国志があったような気がするけれど、きちんと読んだことはなく、子ど向けで偕成社で佐竹美保さんの挿絵の単行本が読みやすそうだなーと思いつつそのままで。
 それと十年位前にやったブラウザ三国志が私の初めてのオンラインゲームであまり良い思い出がなく、ちょっとトラウマです・・・。
 私はつくづくゲームに向かないと思いつつ、刀剣とあんスタはほそぼそとレベルの小石を積んでいます。
 きっぱりやめるんじゃなかったのか。

 話を戻しましょう。
 そんなわけでなぜ外出したかというと、全ては腹の肉のためです。
 引越しと同時に仕事を辞めて、ついでに療養生活に入ったら本当に駄目な人間になりまして。
 人生最大級に肥えているのでなんとかしよう、そうだ歩こう。
 九国から歩いて竈門神社にて紅葉狩りなんていいんじゃないか?
 ついでにどこか途中のカフェなどで休憩して…。
 あ、マップを辿ると裏道になんかハンバーグのランチがある。
 肉。
 なんか肉が食べたい。
 いいな、このハンバーグ。
 その時点で積んだ私の腹肉改良計画。
 家族には「それって・・・」と言われたけど聞こえない。

 だがしかし、ついでのつもりで行った三国志展が意外に面白かったのです。
 知識があまりなくても大丈夫。
 その件については後日表の日記に書きたいと思うのですが、とりあえず、『リアル十二国記』が味わえるとだけ。
 このころの建物や装飾や概念が本の中から飛び出たようで、私はとても面白かったです。

 ただし、十二国記には決して存在しないものを見つけました。
 これです。

 『佼人』。
 説明文がうまく撮れてなくてすみません。

 mP_20191121_120951.jpg

mP_20191121_121002.jpg

 なにがあっても、こういうのはすかさず撮ってくる私は腐っても腐女子。
 ええと、他のものも撮ってきましたが(三国志展はおおむね撮影OKです)、この二枚だけはこちらで公開するに決まってる(笑)。

 お稚児さんだのなんだの、これが東洋の文化なのか。
 誰も写真を撮ろうとしない中、ひとりでドキドキしながらスマホを構えました。
 ここを喜び勇んで取る女は来場者の中に一人もいない。
 きっと、誰かが私に憐みの目を向けていたに違いない…。
 旅の恥はなんとやらでしたが、平常心を保てなくて手ブレしたのはご愛敬。

 あと、現在の常設展フロアの刀剣展示は同田貫ではなく、光忠です。
 展示されている光忠は刃紋がけっこう華やかで、長義を連想させる雰囲気でした。
 特別展を見た後余裕がありましたらご覧になってくださいね。

 で、突貫で朝から夕方まで大宰府を楽しんだのは良かったのですが、この日は天気が良すぎたのが多分逆に眼精疲労を引き起こし、その後三日間偏頭痛に悩まされて今に至ります…。
 どうしてこう、体調にぶれがあるのか。
 機械の体が・・・以下略。

 そんなこんなですが、文章はちょっとずつやっています。
 パソコンだとついついネットで遊んでしまうので、テーブル席でCDかけながら印字したものを読み直したり。
 Blu-rayにCD突っ込んでテレビのスピーカーを使って音楽聞いているのってきっと私くらいだ。
 でも、一応機能としては存在するのですよね。
 「音楽を聴く」って。
 まあとにかくそんな感じで春庭新刊に朱書き作業をしているのですが、誤字脱字とやらかしをあちこちで見つけ、購入いただいた方にはもうもう・・・・。
 本当に申し訳ございません…。
 設定も練り直して、とにかくお届けできれば…と思います。
 読みながらこんなこと書いていたんかいと天を何度も仰いでは、赤ペンは知らせ、ノートにメモったりしています。
 文章を書くようになってようやく気が付いたけれど。
 自分が作った話なのに、意外と設定を忘れるものなんですよ…。
 今回一番役に立った自宅蔵書本。
 「世界のネコたち」。
 ちなみに、猫の姿はちらりともしない『天のかけら地の果実』。
 ・・・。
 瞳のね。
 カラーチャートがあるのです。
 ざっくりだけど、茶色から緑、ゴールド、青あたり。
 己と家族の目くらいしか色がわからないので、「こんな感じの色の目あるかな」と見直すのに使います。
 猫の目の色ですが。

 ではでは。
 次回は表のブログの方で、ちかいうちに・・・。
 たぶん。

mP_20191121_135224.jpg

 最後に紅葉をもう一枚。
 こんな感じで色々な色が混じっているのも好きです。
 とくに緑がまだ多いっていうのが好き。
 幼いころに祖母が縫ってくれた着物を思い出すのです。
 従妹達と着物を共有していたのですが、七五三シーズンになると一緒になるので秋の柄で縫ってくれたのだと思います。
 ありがとう。
 もっときちんと祖母と話をしたり着物のことを教えてもらえばよかったと、この季節になると思い出します。





ブログランキング・にほんブログ村へ




力を蓄える。 

2019, 10. 19 (Sat) 09:05

 まずは、度重なる風水害の被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
 天候が少しでも穏やかになりますように。
 そして、晩秋の気温の変化が過ごしでもなだらかでありますように。

mP_20191016_140901.jpg

 話が変わりますが、最近の私は帰郷して以来ずっと抜け殻状態です。
 腱鞘炎がまだ多少残っていることもあるのですが、女子的な周期とか、低気圧とか色々重なって、とにかくずーっと何をすることもなく寝ていたような?
 まあ、正直なところ、猛ダッシュの数日間の後、燃え尽きていたというのが早いのかもしれません。
 そんななか、思い出したのが修羅場前にBL道場の師匠が貸してくれた漫画の数々。
 そのなかの一冊でちょっと元気が出ました。

  『イケメン共よメシを喰え』



 長年小食だった主人公がグルメ雑誌の編集者になってしまい、食べるのが苦手なのにどうしよう・・・と悩んでいたところ、イケメンの新人と食事をしていて急に食欲に対するギアが入り、開眼する話。
 その後、色々な種類のイケメンとご飯が出てきます。
 主人公がすっごいオトメで、笑える…。
 いや、共感する部分は多々あります。
 わたしも些細なことでよく回れ右していた…。
 ただし、こんな夢のようなイケメン運はなかった(←かなり失礼)
 とにかく、元気をたくさんいただきました。
 登場人物みんなが生き生きとしていて、楽しかったです。
 ありがとうございました。

 漫画にしろ小説にしろ、美味しいごはんって、読み手の意欲をそそるなあと思う。
 食べたくなるというか、人生楽しくなるというか。

 実は、私自身子供のころからこの主人公と同じくらい小食だったので、かなり共感した部分があります。
 ただし、巨乳にはならんかった・・・。
 胸は育たなかったな…。
 母も伯母も従妹達もみな巨乳なのに…。
 どのくらい小食かというと、レストランに行ってお子様ランチではなく、ポタージュスープだけを頼んでいた子供時代。
 好きなものをたくさん食べると逆に吐いてしまうことが時々あったので、軽い嘔吐恐怖症だったのだと思います。
 あとで気分が悪くなるのが怖くて、腹三分くらいしかたべられなかった。
 なので、コース料理だと絶望していましたね。
 ああ、こんなに食べ物並べられても・・・って。
 その頃の母はどんなにがんばって料理を作っても私が食べないので、よくブチ切れていました。
 そりゃあ、作り甲斐がないですよね。
 甥っ子たちが真逆でとても食べる子たちなので、その心の傷は彼らによって癒された模様…。
 申し訳ないといまは思うよ、お母さん…。
 それが変わってきたのがちょうど主人公のお年頃くらいから。
 ただし、イケメンの力ではなかった。
 イケメンはあらわれ・・・以下略。
 私を目覚めさせたのは、奮発して旅したスペインのトマトとハムとチーズの力でした(笑)。
 あのあたりから食べることの楽しさを覚え、さらにその頃から食べることが好きなお友達が増えて一緒に食べているうちに気が付いたら克服していた感じかな…。
 そして今。
 一緒に食事をするたびに両親が感動している。
 「ああ・・・。あんなに食べなかった娘がこんなに食べられるようになって・・・」
 たとえもうどんなにお腹いっぱいでも、ふるまわれた料理は残さない力を付けました…。
 それと同時に身体が大きくなり、服のサイズ関連が無残なことになっていますが、親がとてもとても喜んでいるからまあいいか…。


 さらに、気が付いたら一人でご褒美ランチなんかかますようになっている。
 こちらは福岡市美術館の二階のレストランの窓の外の写真です。
 モロー展があっていたので朝一番でゆっくり拝見し、早めのお昼ごはん。
 独りなのに良い席に案内してくださったので、がつんと頂きました…。

mP_20191016_114723.jpg

 昔はね。
 乗り物で移動する前なんてぜったい食べられなくて、飛行機で海外に行くときも十数時間申し訳程度しかものを口にできなかったのですが…。
 乗り物酔いをほぼしなくなったせいか、本当に旅先でも大丈夫になったな…。
 まあ、アルコールさえ入れなければ大丈夫なんだと思う。
 
mP_20191016_160321.jpg

 なので、市美で企画展も常設もじっくり見て、バスで博物館へ移動し、刀剣展。
 こちらの方が混んでいたかな。
 貴重な刀や鎧があって、館内を歩いているうちに突然瞬間風速的にそれらについての観る力がつくのですよ。
 数をこなすと一瞬そうなります。
 京都国立博物館の刀剣展の時が最たるものだった。
 しかしせっかくの経験値もすぐゼロになるのが私のクオリティ・・・。

mP_20191016_104631.jpg

 そんなこんなで、色々培った感じの一日でした。
 ちょうどとんでもなく綺麗な秋晴れで空が広くて綺麗で。
 なのでめちゃくちゃホームシックになって自宅に帰りたくなくなったのですが、家の中は好きなんだ。
 パソコンがあって本があってお布団があるから。
 いわば、巣ですね。
 だけど、長いこと過ごした故郷にどうしても帰りたい自分がいて、これはしばらくどうしようもないのだろうなと思います。
 そんなわけで、ストレス発散とご褒美は福岡で(笑)。
 自分にご褒美が続きすぎですが、私にとって一冊作り上げたのは本当に奇跡です。
 あのものぐさな私がよくもまあ・・・って感じ(笑)。

 それよりも。
 挨拶が遅れましたが、毎日こちらをのぞいてくださるみなさん、ありがとうございます。
 色々放置しているものの続きをいい加減書いたかなーと思っておられるのだろうと・・・。
 はい、重々承知です。
 頑張ります。
 そろそろ、ずっと放置している刀剣のシリアス部門の続きを書きたいな…。
 そうするにはまた最初から読み直さないとつじつまが合わなくて大変なことになりますが。

 おいとまも過ぎるとただのぐうたらなので。
 そもそも文章綴るのが好きなんじゃないのかと己を蹴飛ばしながら、今年をなんとか実のあるものにしたいと…思います。

 ではでは、また。
 近いうちに。





ブログランキング・にほんブログ村へ




牛のごとくの歩み。 

2019, 09. 08 (Sun) 16:53

 牛って、本当は本気を出したら速いのですよね・・・。
 ネイチャー番組で親戚のバッファローの大移動見てみろよ、めっちゃ速いじゃないか。
 そもそも足が遅かったら、弱肉強食生きて行けねえよ。
 誰が言いだしたんだ牛歩。
 そもそも使役されるのをいやいや付きあっているから、人間のそばではゆっくりしか動かないという話なのか。
 ・・・。

 ごめんなさい、逃避です。
 ちょこちょこ秋庭にむけてやっていますが、興味本位で新規のネットゲームに加入し適当にやっていたらネットの動作ががくんと落ちて、調べたところキャッシュとクッキーがあかんのやと気づき火狐をクリアしたら色々なものの入り口をパスワード打ち直ししないとならなくなるという・・・。
 すべてのパスワードが違うので、SNSをはじめとした日参アカウントは全て泣きながら再入力し直しました。
 あほです。
 逃避の罰です。
 そして、小中学生の甥っ子たちが夏休み最後の日に宿題に追われていると兄嫁から聞いてうれしくなった私は、悪い人です…。
 これって、あれですね。
 仲間意識です。
 試験前に友達に「勉強してる?」と尋ねて「ぜんぜんだよー」という返事を信じた上に、「なら、もう今更やらなくていいんじゃ・・・」と楽な方に流れる性根は今も生きています。
 だから、私は銀魂が好き…。

 いやいやいや。
 そういうことじゃなくて。

 ちまちまとにかく、書いたり消したり付け加えたり入れ替えたりしながらやっています。
 だけど、ヒロインにかすりもしない。
 カスタードクリームにたどりつかないクリームパンを食んでいる感じです。
 脇がずーっとガタガタしていて、「マジか、大丈夫か、私が読者ならここで読むのやめる」と言いながら打っています。
 ああ、私は私が不安だ。

mP_20190904_114448.jpg

 画像と花の状態があまり良くないのですが、近所の植え込みにあった花。
 多分、しもつけ。
 ずっとこの植え込みはこでまりだと思っていて、「なんで今ごろ咲くんだろう。しかもピンクもある。改良種か?」とかってに想像を膨らませていたら、あっさり母から「シモツケじゃない?」と。
 私の花を見る目は所詮その程度…。

 へっぽこではありますが、とにかく、己と戦います…。

 戦うために進捗報告を。

 逃避ついでに印刷屋さんに送付する原稿を並行して作っています。
 基本、上巻と中巻を踏襲して、それに下巻部分を足して入稿するつもりですが。
 たぶん。
 100頁前後になると思います。
 今入力した分を入れ込んでみて、そこはわかった。
 印刷屋さんの浮気も考えましたが、少部数でなおかつ100頁となると価格の問題が出てくるので、できれば早期入稿を・・・と考えているくせに、当初の予定よりずっと遅れている現在。
 またやるのか、蕎麦屋。

 私は、わたしが・・・。
 おそろしい。





ブログランキング・にほんブログ村へ




スケルトンヒロイン。 

2019, 07. 17 (Wed) 19:30

 気が付いたら七月も後半のターンでございます…。
 いやあもうびっくりだなー。
 養生の名のもとにだらだら過ごしていたら、ひたすら体重を増やし続けてもはやどうしたらよいかわからない。
 手術前までの数値が嘘のように肥える夏・・・。

mP_20190621_084302.jpg

 さて。
 もうすぐ、J庭の申し込みの締め切りが来ますね…。
 オンラインは23日締め切りだったかな。
 二か月ほど前に私はオンライン申し込み済なのですが・・・。
 それから二か月、何していたかな私。
 洗濯機の排水口がまた詰まって戦ったことは覚えている。
 あとは、ひたすらトウモロコシ食べていたかな…。

 ところで久々にJ庭新刊用オメガバースの文書を開いて修正しようとして、どれが最新かわからなくて大変困りました。
 ちょっと前にバックアップを取る作業をした際に文書の時間軸が全部同じになってしまったのが第一の敗因だけど、それよりなによりさぼりすぎだろう。
 それに第三部の冒頭にいれる挿入予定の『失楽園』がどの文章だったのか全く思い出せず、時空の谷間に落ちた心地でした。
 たしか一か月前くらいに決めたはずだったと、文庫本をひたすらめくり続けたけれど、これが見つからない…。
 おかしい。
 あんなこんなニュアンスの文章が下巻の真ん中くらいにあったはずなんだけど、しおりを挟んだ部分にあるのは賢者タイムに罵り合うバカップルの話。
 いつの時代にも認知されているんだな、賢者タイム。
 あるあるなんだな・・・。
 ・・・ってぶった切ったら、ミルトンが墓から飛び出して飛んできそうだ。
 は。
 そういや、台風がくるって気象予報士さんたちが言ってる。
 よりによってこの週末、ひさびさのおでかけの予定なのに。
 そんなこんなが本日の私。

 そういえば同人誌を読んでくれた友人に『スケルトンヒロイン』と言われる主人公の瑛。
 たしかに。
 すけすけですね。
 みんなに丸見えで解り易いことに気付かない恥ずかしがり屋さんです・・・。←ヤケクソ
 そういうプレイなのかと今更ながら気づいたのですが、よくよく考えたら『野分』の方もスケルトンプレイ。
 そういう趣味なのか。
 己の本質と対峙しつつ…。
 やっつけ仕事でズタズタの中巻を修正しつつ、空き時間にミルトンに謝ります。
 
 ごめんなさい、ミルトン。
 台風と低気圧だけはご勘弁を。

 手術から三か月経ちました。
 そろそろ・・・。
 本当にそろそろ書くことをしたいです。




ブログランキング・にほんブログ村へ




無事帰宅しました。 

2019, 04. 29 (Mon) 12:32

 九州北部地方は雨模様で少し肌寒い感じですが、みなさま如何でしょうか。
 Twitterの方にはかなり頻繁につぶやいていたのでご存じの方もおられますが、手術は成功し術後経過も悪くないので実家療養を切り上げて数日前に自宅へ戻りました。
 本当に、この歳になってから年老いた両親の世話になるのは本当に申し訳ないことだなと…。
 しみじみ思いました。
 久々の親子水入らずはとても貴重な時間ではありましたが、二人の生活リズムを私が明らかに壊しているので十連休にはいるまえになんとか帰宅。
 その後、休めたかな・・・と心配ですが、次は孫たちが遊びに来るための準備にかかっているだろうから様子見です。
 先に兄家族の予定が決まっていて、急に私の手術が入ったから各方面気を遣わせてしまって、誠に申し訳ない。
 とりあえず、私の十連休は安定の引きこもりライフです。

 この花はカモミール。
 一度だけカモミールティーにして飲みました。
 やはり、生の花にお湯を注ぐハーブティーは格別ですね。
 ドライのカモミールティーとずいぶん風味が違います。

mP_20190421_091246.jpg

 ところで、きちんと病名を書いていなかったと後で気付きました。
 そういや、私のように治療法を検索してこの腐女子ブログにたどり着いたら申し訳ないなーと思って書いていなかったのですよね。
 なので、後日詳細を表のブログに書きますが、眼球の奥の網膜の物を見るための一番大切な部分にセロファン状の膜が張り付いてしまう病気です。
 症状としては視点の中心がゆがんでいくことが多いのですが、私の場合は丸いすりガラスが常に中心に張り付けてある状態で、これがだんだん広がっていきました。
 治療法としては局所麻酔した眼球に細い針のようなものを刺して、膜をはがして除去ということになります。
 この、眼球串刺しが怖くて一時は治療をストップしようかなと思ったのですが、とにかく短期間で見えない範囲が広がっていったので待ったなしでした。

mP_20190420_153917.jpg

 でもですね。
 前日実家入りして手術に挑んだわけですが。
 晩御飯も朝ごはんもきっちり食べて、朝一で病院へ向かい、入院手続きと術前の処理を受けて待機、昼前に呼び出されて手術。
 そして30分程度で終了。
 すぐに病室へ戻されて検温血圧測定。
 いずれも平常値。
 「お昼ごはん、いつお持ちしましょうか」と言われて「30分後に」と即答し、運ばれたら15分程度で完食した娘に、母の一言。
 『この子は普段ぼんやりしているけれど、度胸だけはあるんですよ・・・』
 術前は、私より夫の方が緊張して紙のように白くなっていたと両親の弁。
 ・・・とまあ、そんなこんなでした。
 でも、怖くなかったわけではないのですよ。
 正直、あれよあれよという間に事が運んで行ったのと、事前に術中の様子をある程度つかんでいたから落ち着いていられたのかな。
 それと、眼が良くならない限り自分のしたいことは何一つできないので。
 翌日の検査の時に眼帯を外し、普通通りに視界があると知った時にはちょっと感動しました。
 うれしかったな。

 術後経過次第では白内障と網膜剥離になる可能性があるとのことなので色々制限もあり、そろりそろりとですが通常に生活しています。

 二枚目の写真はこでまり。
 退院して数日は天気が良かったので、綺麗な写真が撮れました。

 とりあえずですが、無事に終えたことを感謝します。
 心配してくださったみなさま、ありがとうございました。
 私は元気です。





ブログランキング・にほんブログ村へ




ようやくスタート。 

2019, 02. 19 (Tue) 18:39

 ご無沙汰しています。

 引越しは、荷造りして送り出せば全て終わるとどうして思い込んでいたのか…。
 不思議でならない…。
 た、多分ですね。
 結婚を機に過去三度の引越は荷造りも荷ほどきも両親及び友人が手伝ってくれていたから、そんなに大変だと思わなかったのですよね・・・。
 どんだけ頼っていたのか…。
 ひしひしと。
 反省三昧です。 
 前回は特に居住空間が結構広かったから多少放置物があっても全く不自由を感じなかったのですが、今度は逆なのでかなりストレスフル。
 高く積みあがった段ボールがそこかしこにあって、毎日ダンジョンの中で暮らしているようなものだった…。
 そもそもの敗因が荷受け当日に私が重い頭痛を発症して泊めてもらった実家の布団から出ることができず、現場に立ち会えなかったことですね。
 かなり適当に積まれた段ボールたちに到着した時眩暈を感じました。
 業者さんと夫が悪いのではない。
 送り出した私がいないからこうなったのだ・・・。
 その後一週間体調が悪いままでしたし。
 とにかく家事が宙に浮きました。
 近くに弁当屋があったので、三連休の晩御飯は連続で幕の内にしたり。
 もう、無茶苦茶でしたね・・・。
 一番つらかったのは、内装のペンキと接着剤がまだ乾ききっていないのか毎日小さなヘルメットをかぶってぎゅうぎゅう絞められている感じの頭痛が続き、正直俺の体はどうなっていくんだと色々な意味で気が遠くなっていました。

 まあ、とにかくですね。
 今回初めて、荷ほどきをほぼ一人でやりました…。
 夫がやってくれたのは結局自分の荷物だけかな。
 まあどうせキッチン周りもなんも私にしか配置が分わからないからそんなもんか。
 しかも、蔵書が多すぎる…。
 なぜか書棚に納まらないので、一部を処分することに決めて別の場所に積んで…というか、引っ越し前にけっこう処分したはずなのになぜ?
 とにもかくにも。
 「開き続けたらいつかは終わる」と言う右脳さんの頼もしい助言を胸にしっかと抱き、「いつかは・・・いつかは・・・」と呟きながら開き続けて十日あまり。
 ようやく終わった・・・というか中身を出してどっかに突っ込んだり積んだり平置きしているだけだけど、とにかく今日大量の段ボールを送り出し、おそらく輸送の間に破損していた洗濯機のホースも取り換えてもらい、五リットルくらいですぐに逆流する洗濯機パンの排水口の処理を終えたのが今日…。
 なんか、色々人生の勉強をさせてもらいました…。
 半分引きこもりの世間知らずなんでね…。
 色々、ありました。
 事務的あれこれはまだ終わっていないけどもう、やるのは一か月後でいい…。
 明日とりあえず夫の免許更新を代理申請して、残りは全部東京から帰ってきてからだわ。
 


 愚痴はここまでにして。
 今日からパソコン周りも整備できたので、J庭の原稿と向き合い始めています。

 スペースは「に02b」。
 予定通りに『天のかけら地の果実』を完結させるべく…。
 頑張ります。
 今日は業者が三つ出入りしてせわしなかったため、秋に発行した文章の修正と検証を。
 もうね。
 結構忘れているのですよね…。
 私の脳みそのキャパ小さいから…。
 BGMをかけながら、ああこうだった、そうだったと思いながら進めています。
 今回引っ越してよかった点は、間取りの問題で今までリビングにあったパソコンが別室になったこと。
 なんか、空間が小さいほうが集中できる?かもしれない。
 それとも切羽詰まっているからなんだろうか。
 ずっと向き合えなかった反動が来ているのだろうか。
 なんにしろ、それが綴ることにつながるなら結果オーライだと思う。
 
 明日からはゴールを目指して頑張りたいと思います。
 主人公の瑛がしあわせになるように。
 そのほかの人たちもね。

 ただ、印刷までたどりつけるのか…。
 そこが一番の問題。
 実は表紙もなんも印刷屋さんも決めていない。
 大丈夫か、俺。

 だけど、せっかくスペースが取れたので、努力します。
 ではでは、また来週にでも状況報告しますね。





ブログランキング・にほんブログ村へ




合間を縫って。 

2019, 01. 28 (Mon) 23:06

 こんばんは。
 諸事情で放置気味のこのブログを覗いてくださりありがとうございます。
 もう来週には引越本番なので、昨夜は深夜まで半泣きで荷物つめしました。
 こっそり静かにやったつもりでも多少音がしたと思う。
 階下の人たちごめんなさい・・。
 なんだろう。
 ものがね。
 段ボールにうまく収まってくれないのね。
 なので封のできない段ボールがたくさんあって、微妙な空きスペースに右往左往し続けて疲れ果てました…。
 でも、あと私の持ち物の一部さえつめたらおおむね終わりで、あとは現在使っている家電関係・・・って感じですが、当日までしまえないものが多すぎて、これは絶対前日泣くな・・・と未来図が見えている。


 ところで、合間を縫ってこれだけは行きました。

刀剣映画

 特撮は子供のころ以来で。
 ・・・って、ええと、脚本家さんが特撮で神と呼ばれた方とお聞きしていたので、あえてそのようなカテゴリを見るつもりで行きました。
 そして上映中ずっと釘付けだったのは。
 薬研藤四郎の絶対領域と、出演者みんなのしゅっとした顎と鼻筋と頬などの美しい肌と・・って、どんな変態(笑)。
 不満と言えば山姥切国広の出番が思ったより少ないことでしたが、それは自分がいかにまんば沼に沈んでいるかを確認するようなものだったと…。
 うつくしかったですよ、りりしかったですよ、三次元のまんばは。
 殺陣も良かった。
 その点では満足しています。
 それにこれだけ登場人物が多いと役割もありますし、ひとりに焦点を当てないと散漫な構成になってしまうので、これがぎりぎりかなと。
 一番良かった点は、やはり三日月宗近役の俳優さんがベテランの俳優陣を前にしてもなおかつ存在感のある演技をされていたこと。
 配役、構成、美術、画像ともに納得の作品でした。
 
 あ。
 一つ付け加えるなら、福岡市博物館所蔵の二振りのコンビの絡みが好きでした。
 日本号の役者さんがワイルド枠で異彩を放っていましたね。
 ほかの皆さんはほとんど美形枠・・・か?な?
 ワイルドな見てくれと言動だけど、ひそかに気遣いができる・・・。好きだ。惚れるわ。
 もう彼はいろいろな意味でジャージで出陣してもいいと思う(笑)。
 へし切の役の方はちょっととんがり気味の・・・アヒル口というのかな。
 綺麗な鼻筋から唇にかけてを見るのが楽しかった。
 むっとした顔も可愛い。
 にらまれても笑ってしまうな、私が彼の主なら。
 ・・・歳なもんでごめんなさい。 

 ちなみに、長谷部と日本号を仲良く並べて現在福岡市博物館の常設にて展示中。
 多分、節分までだったと思います。
 200円で見られますよ~。
 長谷部は毎年この時期にしか展示されませんので好機です。
 今年は9月から刀剣展を特別展として企画していしますのでその時に見られると思いますが、映画を存分に楽しまれたうえであの二振りがお好きな方はついでに百道浜方面にもお越しくださいね。


jg46-2019-3mini.gif

 ところで、J庭スペース通知を頂きました。
 「に02b」です。
 今回抽選で100を超えるサークルさんが落選だったそうで、運よく席をもらえたこちらとしては身の引き締まる思いです。
 とにかく、本が出せるように…。
 体調共に整えて頑張ります。

 ところで、思わぬものを色々、色々発掘しましたよ…。
 とある方のお誕生会パーティの画像とか、自分の結婚式の時に使った巨大ろうそくとか…。
 場所をとるだけで活躍の場のない巨大ろうそく。
 これ、引っ越しのたびに捨てようかどうしようか迷って縁起物だからと持っていくんだよな…。

 ではでは、また。




ブログランキング・にほんブログ村へ




今年もよろしくお願いします。 

2019, 01. 05 (Sat) 00:53

 ながながと放置してしまい、すみません。
 久々に己のブログを確認したら広告が貼られていてびっくりしました。
 ええと。
 何が起きていたのかな、この一か月・・・。

 まずは、改めまして。
 あけましておめでとうございます。
 今年もどうぞよろしくお願いします。

 実は先月の下旬から色々ありまして。
 まあざっくり言えば家族の仕事の都合で突然引っ越すことになりまして。
 決定した瞬間に物件探して見つけて、私自身は上司に退職の報告をして。
 凄く好きな仕事でしたが、転居先が私のへなちょこ体力ではとても通えない距離なので仕方ない。
 とにかくいったんリセットです。
 それからは手続きだなんだで目まぐるしい・・・。
 本日まで途中で風邪で寝込んだ数日以外は毎日全力疾走。
 二月の半ばを待たずに引っ越し完了の見込みです。
 また広告を貼られたくないので、半ばくらいに泣き言報告でも…。
 書き込むかもしれません。


miniP_20190102_105454.jpg

 正直、春のJ庭のための新刊がとても危険な状態になっているのですが…。
 あがきます。
 そして、近々で受け付けてくれそうな印刷屋さんに突っ込む。
 ・・・って、いつものことか(笑)。
 
 博打打ちの様相で始まる2019年。
 如何なりますものか…。
 どうぞ見守りくださいね。





ブログランキング・にほんブログ村へ