ねことうみとごはん。 

2017, 09. 17 (Sun) 20:01

 台風が日本列島を北上中ですね。
 福岡はそれほどでもなかったと思うのですが、どうかな。
 他県は大変なことになったところもあるようで、被害に遭われた方はお気の毒です。
 これ以上暴れることなく早く通り過ぎますように。

 最近、唐津に泊りがけで行った画像を少し上げますね。
 
 まずは、にゃんこにモテたぞ記念写真。
 生後半年くらいのスリムにゃんこ。
 これは夫が撮りやすいようにちょっと無理やり首を向けちゃった…。
 ムッとしてますね~。ごめんなさい。
blog1505620172750.jpg

 次は仲良くしてましたの証拠写真。
 ユーリのミナコ先生のスナックの近くです。
 ・・・こう何度も通うと巡礼の地理関係、空で言える・・・。
blog1505620171679.jpg

 はい。
 長谷津キャッスル。
 もとい、唐津城。
 改修が終わり、中に入ることができるようになりました。
 ちなみに、忍者屋敷ではございません。
 入場料を払ったら登れます。
 展示物はこの周辺の城や歴史の流れを大変わかりやすく解説されていて、じっくり読みましたよ。
 水野忠邦が投げ出した国だったとは知らなかったわ…。
blogP_20170909_151315.jpg

 最上階からの眺め。
 私は高いところが苦手で、震えながら撮った一枚です。
 まだまだ修復中ですね。
blogP_20170909_154210.jpg

 マッカチン。
 城内にあります。
 本当はユーリもヴィクトルもユリオもいますが、私にはこれがせいいっぱい…。
 夫連れだしね。
 とはいえ、なんか生温かく見守ってくれましたが、彼・・・。
blogP_20170909_154827.jpg

 巡礼の方もぼちぼちおられました。
 うーん。
 春の頃より落ち着いた感じかな。
 涼しくなったらもう少し巡礼客も増えるのかな。
 で、こちら飾られていたグッズ類。
blogP_20170909_154849.jpg

 まさか、こんなに何度も唐津城を登ることになるとは…。
 桜の葉がもう秋めいていますね。
 ユーリに絡んでいるからというよりも、唐津城そのものが結構好きなのかも。
 私たちのお目当ては、ここの主と噂されるキジトラさんだったのですが、彼は今日は不在で残念。
blogP_20170909_150806.jpg

 お城の登り口にいたにゃんこ。
 この子も半年くらいかな。
 フレンドリーで嬉しかった。
blog1505620126270.jpg

 すりすりしている所を「撮って、今撮ってすぐ!!」とせがんだ結果がこれ。
 ・・・すぐに飽きられて毛づくろいなさってますが、いいの。
 ああ、可愛かった。
blog1505620135974.jpg

 そして、今回の宿。
 海辺のホテル。
 唐津では老舗です。
 子供のころ、奮発して泊りがけで連れて来てくれたらしいのですが、覚えていません。ごめんなさい、両親。 
 九月はもうプールは使用禁止なので、人影はありませんが、これはこれで好き。
blogP_20170909_164246.jpg

 目の前の浜辺はほぼプライベートビーチ状態。
 前回の浜崎海岸は地元の人がたくさんいましたが、この浜辺で写真に写る人影のほとんどは宿泊客です。
blogP_20170909_164257.jpg

 夕方の虹ノ松原。
 今回も夕日は見られなかった…。
 でも、こういう茜色にぼんやり染まった感じもいいですね。
 中央付近にうつるのは長谷津キャッスル。
blogP_20170909_173443.jpg

 ものすごい引き潮で、サンダルのまま波打ち際まで行ったら、写真撮っている間にズブズブと己が埋まっていき、えらいことに・・・。
 サンダルは、プール前にあるシャワーで洗いましたよ…。
blogP_20170909_173647.jpg

 カニの穴がいっぱい。
 たくさん掘った証、わかりますか?
blogP_20170909_172804.jpg

 で、こちらは小さいカニたちが掘ったあと。
 カニの大きさで砂珠が違って、かわいい。
blogP_20170910_092315.jpg

 で、ごはんですよ。
 剣先イカの生き造り。
 ほんとに生きてた。
 美味しかった。
blogP_20170909_183732.jpg

 前妻は野菜がたっぷりで私好みでした。
 すごくおいしかった。
 正直、さほど期待していなかっただけに、衝撃が大きかった…。
 とてもバランスの良い献立でした。
 私が今まで宿泊先で頂いた食事の中で一番おいしいごはんだったかもしれない。
blogP_20170909_183802.jpg

 そして、私だけでなく、他のテーブルのお客さんたちも思わず声を上げたデザート。
 ショウガいりミルクプリン(左の壺)。
 黒蜜のジュレをお好みでどうぞと言われましたが、これを加えるともう絶品で。
 あちこちで、「おいしい・・・おいしい・・・」という言葉がさざ波のように起きていましたよ。
blogP_20170909_194344.jpg

 朝の海。
 引き潮から満ち潮に変わっていくところでした。
 もう10時近くだったので、撮影している間に頭皮が焼けた…。
blogP_20170910_091958.jpg

 真ん中あたりが、浜崎海岸。
 (*´Д`)シャワーのあるところですね。
blogP_20170910_092012.jpg

 そして、とうとう買ってしまいましたよ、三枚綴りの前売り券。
 行かないつもりだったんだけどなー。
 大音響苦手なので。
 だけど、友人の一人から『ヴィクトルの匂いとか、かいでみたいと思いませんか?スケートの氷を滑る音とか・・・」と言われて、帰宅したらポチってました。
 頑張っていくしかないね。
 この三週間は割と予定が詰まっているけれど。
blogP_20170915_113256.jpg
 そういえば、DVDを兄嫁に送りました。
 一緒にハマってくれ、そして春になったら里帰りついでに唐津を回ろう(笑)!!
 聖地巡礼、楽しいよ?
 甥っ子たちも大きくなったから、そろそろ一日くらい私と遊んでいいと思うの。
 

 刀剣によろめきつつ、さらにユーリとたいがいな毎日ですが。
 リアルも萌えも頑張りたいです。




  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

スポンサーサイト

夏にのまれて。 

2017, 08. 25 (Fri) 23:53

 なんだかんだでご無沙汰しています。

 今年の夏は、予想通りに暑くて。
 いや、予想以上に暑い日が続いて…。
 外で鳴いている蝉も息たえだえな感じがする…。
 仕事場も暑くて私も同僚たちも息たえだえ・・というか、一部の人は重度の熱中症にかかって自腹で点滴したのにどうかしているわ、ブラックすぎる・・・。
 愚痴で大変申し訳ありませんが、そんなわけで仕事のない日は頭の中が何だか真っ白でぐったりしてまして。
 暑さはともかく仕事がもうすぐ山を越えますので、来週からは文章を綴るのにに専念できるかと思っています。
 前祝に・・・というか慰労会的な感じで夫と湯布院へ行ってまいりました。

 miniDSC_0856.jpg

 とある宿のお食事が好きで好きで好きすぎて、とうとう八回目を数えるヘビーなリピーターの私たち。
 通い始めて9年目。
 そのうち八回。
 ようするに義父を送り出した昨年以外は通っているってことなんですよね。
 同レベルの他の宿を試してみても、結局そこのご飯が恋しくなるって、なんだか本妻と火遊びの違いのような(笑)。

 来月は私の誕生月で、その折は唐津のホテルを予定しています。
 楽しみだ。
 あのあたりは国民宿舎も良い宿があるのですよね。
 湯布院は大分豊後水道と畜産物の、そして唐津は佐賀・糸島のと、それぞれの恵みが美味しいのです。
 アメ車な食いしん坊なので・・・。
 食い気に走る。
 でも、景色も良いのですよ?
 おいでませ、九州。

 英気を養いつつ、落ち着いたら萌え街道まっしぐらとなることでしょう。

 ではでは、天候がいい加減穏やかになることを祈りつつ。



  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

ロシアンルーレットの季節が来た。 

2017, 08. 04 (Fri) 23:53

 桃の季節ですね。
 今年初めての桃は、発作的ご褒美発動で生協にて購入した岡山の桃でした。
 我が家ではお高い方にランクする魅惑の桃。
 それがね。
 一個目にして近年まれに見る美味い桃だった。
 そして、同じ箱に入っていたもう一個は「・・・フツー?」と夫が呟いた。
 瑞々しくて、香りもきちんとするけれど、ねっとりと熟した桃にはちょっと届かない。
 熟女の魅力を存分に味わった今、どんな美少女も、フツーのそこらのガキに見える私たち(←どんなたとえだ)。
 なんと一個目が最高かよ、今年の桃!!
 人生の縮図を見ているようなものですな。
 ずっと前に又吉のオイコノミアという経済を学ぶ番組で、カレーを結婚に例えて考えるというのがありまして。
 30皿だったかな?
 一生食べ続けるカレーを選べと言うお題でした。
 一口ずつ試せるのだけど、前のが良かったと思っても戻れないルールがあって、三回くらい途中で普通のカレーが配置されていて、そこでジャッジを下せばよいものを、「もっとおいしいカレーに出会えるかも」と誘惑に勝てず、次から次へとカレーの皿を渡り歩き、なんと最後から三皿は一生食べるにはちょっと勘弁してほしいような強烈なカレーで幕を閉じると言う…。
 今、私と夫はその状態にはまっています。
 最高の桃は最初の一個だった。
 だけど、今、桃のシーズン真っ最中。
 同じようにおいしい桃が、いやいや、もっとおいしい桃が待っているかもしれない。
 安い桃にあるかもしれないし、もう一度同じ生産者の桃を買ったなら同じ桃に出会えるかも…。

 そんなわけで。
 今年も桃の季節がやってきたのですよ。
 私は毎年夏が来るたび桃について熱く語っているような気がする。
 美味しい桃を求めて毎日ロシアンルーレット。
 そして桃の次に愛しているのはピオーネ…。
 ・・・これもお高いブドウ。
 あ、ネクタリンも好きです…。
 ネクタリンは皮を剥かなくていいところも素敵。
 ものぐさの味方です。
 どんな時も果物だったら何とか食べられる。
 
 夏バテを乗り切るには果物を喰らうしかないそんな女でございます。
 もうひとつ熱く語りたい食べ物がありますが、それについてはまた今度。

 ええと。 
 ようするに。
 ちょっとバテてました。
 ごめんなさい。
 まだこの暑さに慣れない。
 夕方に触れた軒下の物干しざおの温度が、体温よりはるかに高いなんてどんな世界だ、福岡の夏。
 だがしかし冷夏なイギリス湖水地方とかにこの暑さを分けられるものなら分けてしまいたいと、妄想する力だけは残っています…。
 妄想力だけはどんな時も健在。
 これが尽きたらほんとうにダメなんだろうと思う。

 ではでは、皆さん良い週末を。
 台風が突然消滅しますように。




  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

なんだかんだで。 

2017, 07. 25 (Tue) 08:25

 月曜日は、物凄く暑くて、湿度が高くて、雨もがーって降って・・・・。
 ですが、行ってまいりました・・・。
 朝一で刀剣。
 日時指定、整理券番号順に入場と、混雑を想定したルールが色々施されていました。
 こういう所へ出かけたのは初めてだったので、待っている間落ち着かなくて緊張しました…。

 入場したら映像を見て、その後襖絵の間に移動。
 割とすぐところにまんばちゃんがいたので激写。

とうらぶ (2)

 太郎さんと次郎さん。

とうらぶ (15)

 みっちゃん。
とうらぶ (6)2

 で、アニメ花丸の絵で、青江。
 まんばちゃんは高い位置にあったので撮りづらかった~。
 石切丸と青江のいちゃいちゃを書ける日が来るのはいつだ。

とうらぶ (25)

 これは今放映中の活劇のポスターの一つです。
 正直、今のところまんばちゃんたちが出ていないのが悲しい。
 ストーリーのまとまりを考えたら、選抜でいくしかないのは解っているんだけどね。
 私の持ち札で唯一、薬研さんがいるのが頼みの綱。

とうらぶ (1)

 そして、特別書下ろしの絵で集められた部屋にたどり着くわけですが、ここは撮影禁止。
 まんばちゃんは今回も美しゅうございましたとも…。
 ありがとう、⑪さん。
 あと、小宮国春さんの長谷部と大倶利伽羅がとても素敵だった…。
 あ、
 だがしかし。
 なぜか太郎太刀と燭台切光忠の絵が見当たらず、三周してみたけどやっぱりなくてちょっと衝撃でした。
 情報も何もなしにぽんっと参加したからよくわからないんだけど、まさか入れ替え制じゃないよ・・・ね?
 それとも、疲れていたから見落としたのかな~。
 もしも本当にあの時だけ展示していなかったなら、ちょっと寂しい…。
 人気度で言うなら太郎さんはともかく(←失礼)、みっちゃんはかなり上の方にランクインしていると思っていたんだけどな。
 それをぐるぐる考えていたために、今、ここに書ける感想がそれだけになってしまった…。
 そして、太郎さんとみっちゃんのこと、意外と愛している自分に気付いてそれも衝撃でした(笑)。
 まあ、私の大切な攻さまたちなので。
 カッコイイところみたかったかな。

 この暑い中、早起きしてイベント参加したり、足利市まで足を運んで…。
 結局、なんだかんだ言いながらも、刀剣に貢いでいるよな私。
 ツンデレか(笑)。
 いや、ツンデレは若い子なら良いけど、この歳になるとただのモンスターだから気を付けよう、そうしよう。

 まあそんなこんなで夏にやられて体力が予想以上に落ちていたのでスタンプラリーは参加せず、独りでオシャレなランチして、ちょこっとそこで文章見直し作業して、あとは色々買い物して帰宅しました。
 あ、素敵ランチの写真撮り損ねた。女子じゃないなー。
 とにかく、今の私は湿度になんもかんももっていかれている・・・。
 最近、明け方にたどり着かない夢を見ることが多くて。
 目的地にたどり着かないのですよ…。
 なんでかなー。
 でも、体重は落ちません♡

 ではでは、明日こそは。



  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

過去の私と未来の私。 

2017, 07. 19 (Wed) 20:20

 昨日は通路側の窓と網戸を洗って目隠し用のすだれかけ直して・・・で、力尽き、今日は朝からごはん抜きで所用を済ませるべく出かけて、もよりのお店でモーニングのパンケーキを食べて、コーヒー飲みながら一時間、『野分』のチェックをかけていました。
 おお、なんか今日の私は違うぞ!!
 このテンポでそのままパソコンと対峙しようぞ!!
 ・・・って、思っていたんですけどね。
 気温が高くてそこそこ晴れていたので洗濯したりなんたらしたりしていたら、あっという間に時間が過ぎてしまった。
 ぜったい、我が家には時間泥棒がいるんだそうに違いない(←他力本願)。
 まあ、正直に言えば、師匠が昨日夕方に持ってきてくれた漫画三冊が面白すぎて何度も読み返してしまったのが敗因なんですが・・・。


20170719.jpg

 ところで、ホットケーキはここのが一番好きです。
 シンプルでほっとする・・・。
 ここ数年の流行のおかげでホットケーキやバンーケキの類は色々口にしましたが、結局、スペシャル御飯よりもいつものカリカリが好きな猫なのね、私。
 いや、お外でお金払って食べているのだから十分スペシャル御飯です。
 そもそも砂糖少なめの好みのパンケーキなんて自分で焼けばいいんだろうけれど、なぜか外の方がすごくキレッキレに修正作業が進むのですよ…。
 おかげで、たくさんアカン所を見つけましたよ。

 なぜならば。
 過去の私は、書いている最中に「なんか、あーなってこーんな感じの表現・・・なんか思いつかないから、それに近いこと書いとこう。どうせいずれ見直しかけるから、未来の私が何とかしてくれる・・・」と、漠然としたまま感覚だけでがーっと走り抜けるのです…。
 そして、今日の私が未来の私。
 「は?何でここ、こんな表現使って書いてるの?辻褄合っていないし、重複表現してるし、こんなの晒して恥ずかしくないのか過去の私。いや、こことこことここはいかんやろう」
 と、赤ペンをがーがー引くわけです。
 でも、いつも辞書を持たずに出かけるので「・・・正しい表現は更に未来の私に任せた。どうせエンドまで行ったらまた最初から見直すんだし」と、先送りすること多数。
 こうして。
 更に未来の私に負荷が・・・。
 どれも同じ私の脳みそなんだから、飛躍的に改良されるわけではないと知りつつも、こうして毎度毎度未来の私に丸投げするわけです。

 ああ、この先に脳みそ発達した私は存在するのか否か。
 神のみぞ知るです。



  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

突っ走れ。 

2017, 07. 14 (Fri) 20:37

 気がついたら金曜日で。
 もう夜だし。
 茫然としています。
 三連休は仕事だがんばるぞ、おー。
 先月今月はお茶ひき月間だったにもかかわらず、ほんとに何にも進んでいない。
 昨日も今日も暑さにやられていたし。
 で。
 『野分』も進んでいません。
 先日上げた文章があまりにも穴だらけの隙だらけだったので、何度も書き直していたら先に進まなかった…。
 その都度、Pixivとこのブログは変更かけています。
 たぶん、私にしかわからない些細な事なんですけど、すごく気になって。
 手合わせのシーンは、ほら、つじつまが合わないと、ウルトラCの技の連続になりますからね・・・。
 いや、私なんぞが描くエロシーンはもともとファンタジーですが。
 ええとー。
 夜とか、夫が風呂に入っている隙にちまちま進めます…って、ほんとにえろ本をベッドの下に隠す高校生のようなことを…。
 
 ところで、BLを一切読んだことのない同僚が突然ユーリにはまってしまいまして。
 見てみたいと言われて先日家に招待して視聴会したら、画面を食い入るようにご覧になっておられた…。
 どうしたもんかなと様子をうかがっている間に、彼女はPixivの存在を知ってしまいまして。
 ああ、もう・・・。
 Pixivは、二次創作の楽園。
 こうなると土砂降りの中ですよね~。
 まっさらな、ほんとうに真っ白なお嬢様を染め上げてしまうのかと思うと、罪悪感が・・・。
 そういえば、私が学生の頃、幼馴染たちがすでにBLの類にはまっていて…。
 彼女たちに見せてと頼んでも、なかなか渋って貸してもらえなかった…。
 当時、私はまっさらだからためらわれるとかなんかごにょごにょいっていたのですが、ようは彼女たちの立場に・・・。
 今、私が立っているのだなと、実感。
 でも、当時の私と違って、同僚は大人の女性。
 お金も時間も行動力もあるわけです。
 たとえ私がストップをかけたところで、自力でどこへでも飛び込めるわけですよね。
 そんなわけで、ひさびさに会ったら、アニメイトの扉を叩いて会員証を作って、色々…色々、買いこんで、目をキラキラさせていました。
 眩しい。
 眩しいわ、その笑顔。
 彼女が買ったのは公式グッズと、アンソロジーと、それに類した薄い本だったからまだ沼のほとり。
 水の色もまだまだ透明な状態であります。
 ここで引き返す・・・って、ないよね。多分。
どうか、リアルの彼氏も二次元も大切にしてくれと祈るばかりです。 

 と、YOIに対してかなり冷静な物言いをしている私ですが・・・。
 公式本とファンブックの二冊、ちゃんとパソコン横の引き出しに隠し持っています。
 そもそも、BD6巻も支払い終えたし…。
 聖地巡礼は・・・4回?
 全然冷静じゃない。
 そして、初心者の彼女に貸せる薄い本があるかなーと戸棚から出してチェックしてみたら。
 どれもR-18指定だった。
 アンソロクラスの可愛い本なんて、一冊もない。
 ・・・遠いところに来たな、私。
 しかも、積み重ねてみたら、リンクスの今月号と同じくらいの厚みになった。(←わかるひとにはわかる(´;ω;`))
 私の中では、ほんの数冊のつもりが、もうすでに積もり積もっている。
 その上、中でも一番気に入った作品を描かれたのがプロの作家さんで、何冊か商業誌を出しておられることを知り…。
 ぽちってしまいましたよ・・・。
 まとめて三冊・・・。
 まあ、こういうご縁もあるということで・・・。

 何に向かって突っ走っているのかわからない状態ですが、とりあえず路銀が尽きてきたので欲に負けないようにしようと己を戒めています。
 夏は頑張って働きます…。



 

  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

いろいろ溶ける・・・。 

2017, 07. 04 (Tue) 20:52

 暑いです。
 口に出しても仕方ないけれど、今日も暑かった…。
 台風一過って、涼しい風を連れて来てくれるんじゃなかったのか。
 ちなみに福岡は正午ごろには雨も去り、熱帯的な太陽の差し方で。
 ここのところ、陽が出ているとその威力は半端じゃございません。
 蝉も、みーみー鳴き始めています。
 かわいそうなフライイング蝉。
 恋の行方はいかに。

 ところで先日はめったに行かない地区へお出かけして、ご一緒した友人とあわや日干し煉瓦になるかというくらい苛烈な日光にさらされました。
 しかも、我々が予約したタクシーを目の前で強奪される憂き目にも遭いましたよ。
 もしかしてそのタクシーは・・・と声をかける間もなく走り去れてしまい、しばらく待っていたら同じ会社の予約車が来たので「Sで予約していたのですが・・・」というと、「こちらはKさんという指定が・・・」と答えられ、お互い困惑することに。
 その場でタクシー待ちしているのは私たち二人だけ。
 どうにもおかしい。
 結局、無線で調べて貰ったら先に客を拾って出たタクシーが私たちの予約車だったと…。
 一台目の車の運転手は何も確認しないまま(正規の手順では必ず確認する規則らしいのですが)発車したことが判明。
 ちなみにそれを調べてもらっている間、私たち、外で待機だった…。
 結構長い時間だった…。
 こうして列記すると怒って良い案件だったかな…?
 接客業あるあるミスかなあとその時は思っていたので、「あははー真相が解ってよかったです」と笑って終わったのですが。
 もう、外があまりにも暑くて、クーラーの利いた車内に潜り込めたなら、もうどうでもよかったのです…。
 ああ、あかんわ、これ・・・。
 ごめんね、Tちゃん、年長の私がもっとしっかり対応すべきでした(´;ω;`)。

 今日の写真は実家からの花。
 知らないうちに母がお友達と北海道を旅していました。
 いや、この花はそれとは関係ないけれど。
 本当にアクティブな親だわ…。

mini20170703.jpg

 今日もちょっと用事ができて、午後から急きょ外出。
 お友達のお供で、とある現役画家の個展に行き、とてもとても勉強になりました。
 ちなみにその方は随筆を執筆されていて文章も大変面白いようなので、これから図書館で借りて読んでみたいと思います。
 心は色々充電して、良い感じ…。
 そうだ、カロリー的にも充電してしまいました…。
 お外に出ない限り、食べる機会のないステキスイーツを写真にとる間もなく、食べ散らし、喋りまくって終わりました。
 いつも支払いの時になって、「あ・・・。写真撮っていない。せっかく女子っぽい食事だったのに」と後悔する結末を迎えるのはなんでだろう。
 とにかく、楽しゅうございました。ありがとうございます、Nさん。
 
 さて。
 刀剣は、ちまちまと・・・。
 実は一作目の『小夜風』を読み直して、少し修正しました。
 山姥切の「写し」と「本科」に対する解釈で迷いが生じたので、色々考えて少し付け加えた部分があります。
 自分はこうと思う方で書き進めようとは決めたけど、ちょっとまだ揺れているかな。
 それにしても、『小夜風』初出が2015年7月だったことに今更気づきました。
 もう二年。
 二年目に入ってしまったのね…。
 なんだかんだ言って、愛を注いでいるなあと…再認識。
 明日こそは展開らしい場面をお見せしたいと思います。
 そういや、愛を注いで二周年で拍手御礼小話作るのもいいかも(笑)。

 相変わらずよろよろよろめいておりますが、どうかお付き合いのほどを。




  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

好天と雨天。 

2017, 06. 20 (Tue) 20:51

 ずっと好天気で、空梅雨なのかと、ちょっと心配しました。
 今日は予報通り13時くらいから雨が降り出し、住宅の敷地内で息も絶え絶えな紫陽花たちが息を吹き返した事でしょう。
 一部、枯れかけている株があって気をもんでいたら、他にも心配している住人がいたようで、水やりされているのを目撃。
 気をもむだけじゃダメですね。行動しないと…。反省。

 小説の更新が滞ってすみません、ちょっとお待ちくださいね。
 その間、とにかく洗濯しまくりの毎日…。
 本当は五月の間に終わらせるべきだったのは解っているんだけど、五月の私、何していたのかな・・・。
 曇天つづきだったのだろうか ←天気のせいにしている。
 とりあえず、スーツ以外は片っ端から洗いまくってなんとか昨日までに終了し満足です。
 一枚目の写真は、実家の紫陽花。
 両親が庭で収穫した杏とともに、切り花を持ってきてくれました。
 ただ空梅雨のせいなのか、一部翌日には花が痛んできたな…。残念。

miniaji (7)

 で、これがあんず。
 まだちょっと青いので月曜日まで追熟させましたが、その後が大変だった…。
 色々あって、夕方の五時くらいから煮始めたものの夜の九時までかかって瓶詰に至りました。
 今までざっくり煮るだけだったけど、今回はしっかり裏ごししてペースト状です。
 あ。
 今回はちゃんと砂糖で煮ました。
 ただし、控えめに入れたので、かなり酸っぱいはず。

mini-anz1.jpg

 で、月曜日は福岡で有名なバーガー屋さんへ行きました。
 とある公園の高台にある、と言えば、地元民ならぴんとくるお店。
 伝説になりつつあるお年を召した男性が作っておられます。
 みみがちょっと聞こえづらいようなので、オーダーは明確にされたほうが良いかもしれません。
 パンもしっかりして、手作りのハンバーグもパリッと焼かれ、美味しかったです。

 ちなみに、この公園、地域猫の楽園です。

mini-imaya (4)

 みみちょっきん(避妊・去勢手術済みですよ、の印)されたにゃんこたちは皆人懐っこいのですが、この日はあまりの暑さにバテ気味でした。
 今日は雨。
 どこに避難したかな、みんな。

 そして、私はにゃんこのお口のココが好き↓
mini-imaya (7)

 かわいいねー。

 バーガーの後、お供達お勧めのカフェと雑貨屋さん、そしてパン屋さんを巡りました。
 すごく楽しかったけど、天気が良すぎたせいで焼けた…。
 日焼け止めを腕に塗っていなかったので、腕時計の形がくっきり(笑)。
 若くないからこれはかなりまずいなあ。
 でも、楽しかったからいいの(負け惜しみ)。

 明日は全国的に激しく雨が降ると予報が出ていますね。
 どうか、予報が外れて、普通の雨降りでありますように。
 ところで私にとって雨の一日は・・・。
 網戸洗いびより。
 来週、お客様がくるので網戸は是非洗っとかないと…。
 実は、そのために雨が来るの待ってた…。
 その前に、今日は低気圧にやられていたのでなにもやっていない・・・。
 朝から頭痛で、歯を食いしばって買い出しには行ったものの、午後はひたすら寝ていました。
 夕方に這い出して、今に至ります。
 明日こそは。
 あしたこそは・・・。 



  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

初夏の海あそび。 

2017, 05. 22 (Mon) 23:50

 週末にちょっと小さなお泊りに行ってきました。
 記念日的な旅行。
 ここ数年諸事情が重なってそれどころでなかったので、今年はちょっとタガが外れている。
 ここを覗いてくださる方にはもういい加減飽きてきた写真と思いますが、聖地巡礼しているうちにものすごくこの場所が気に入って宿を取りました。

夕陽の海

 朝は快晴でしたが黄砂か光化学スモッグのせいなのか、だんだん曇って来て・・・。
 今回は夕陽と星空を楽しむことができませんでした。
 夜の海と満天の星空の取り合わせが見られたらいいなーと思っていたのでちょっと残念。


モーラー薔薇

 小規模な旅館ですがお部屋は奮発して良いところを指定したので、最上階から風景を独り占め。
 しかも宿泊先からの連絡があった時に「記念日を祝いたくて」とこずるく言ってみたら、ガンチアのスパークリングワインの差し入れを頂きました。腹黒な客でごめんなさい、でも嬉しかったです。
 辛口で美味しかった…。
 夜中にちびちび舐めましたよ。
 好みの味だったんだ。
 昔、嫁ぎ先で無理して飲んだお屠蘇で真っ青から真っ白になった私の姿が忘れられない夫から止められて、飲み干すことができず、無念・・・。
 

ベランダから

 そして、バルコニーから撮った朝の海。
 とても良い天気でしたよ。
 子供が走り回り、犬も喜び…。
 とあるわんこが観光客と思われる一家に懐き、混じって一緒に帰ろうとしたところを飼い主である老夫婦に咎められ、「えー。わたし、ここんちのこになりたい~」って駄々をこねている(ずっとノーリードだった)のも見た。
 最後は回収されて帰宅。
 お父さんお母さんをあんまり困らせるんじゃないよ~。


茶ねこjpg

 そして、野性味あふれる茶トラさんに遭遇。
 耳カットしてあったな。
 でも、撫でさせてくれたし、ぬるぬるされた。
 そして、私たちに飽きたら飛んで跳ねて走って、草むらの中のトカゲをいたぶってましたよ。
 ここならいくらでも狩猟できるね。
 楽しいね~。
 でもね。
 あなたが夢中になってぱしぱしやっているすぐそばに、別のトカゲが葉っぱと同化してましたよ。
 ・・・狩猟本能って。


桜貝

 そして、ここの浜辺には桜貝が結構あるのに気が付きました。
 昔、幼馴染と海でたくさん桜貝を拾った思い出があって。
 せっかく持ち帰ったそれを引っ越しを重ねるうちに捨ててしまって、後で悔やみました。
 博多湾の人工海浜ではなかなか見つからないので、その貴重さに気が付いたというか。
 失くして知る、なんとやらで。
 子供のころ行ったのは多分壱岐対馬の壱岐のほうの浜辺だと思うけど、虹ノ松原にもちゃんとあるのですね。
 記念に少し拾いました。
 ただね。
 浜辺を歩いたら、うっかりぷちぷち踏み砕いちゃうのですよ…。
 私の巨足め。


足跡

 子供の小さな足跡。
 たぶん、五歳くらいかな・・・。
 かわいい。
 観光客の子供たちが大人の目が離れたすきに大はしゃぎして塩と砂まみれになり、叱られているのをあちこちで見かけました。
 ちなみに、冬は止めてあったユーリEDのシャワーは水が出るようになり、マリンスポーツの人たちがガンガン使っています。
 近所の体育会系男子たちは、トレーニングついでにがーっと脱いで海に飛び込み、きゃっきゃして、そのままウエアを着用して帰ってましたけどね(夕食の場所が浜辺が良く見える席だったので、食べながらめっちゃ観察)。
 

鏡山から

 それから、今までの巡礼で行っていなかった鏡山の展望です。
 勝生勇利の実家モデルの鏡山温泉の近くに登り口があり、大きな駐車場完備。
 広がる森は虹ノ松原です。
 左端に唐津城があるのですが、わかりますか?
 上がってみて気が付いたけど、遠足で何回か来たことがあるような。
 行って良かった。
 とても良い景色でした。
 だがしかし。
 駐車場の反対側にある鏡山神社。
 見た目は立派に改装された神社なのですが、随所にちょっとツッコミどころがあります。
 どこが、なのかは直接ご覧になった方が楽しいかと…。
 いや、けっしてそれを狙っているわけではないのだろうけれど。


長谷津猫

 この子は、唐津城にいつもいるキジトラちゃん。
 大人しくて、撫でさせてくれます。
 勇利のトレーニングスポット(ベンチ)のあたりが縄張りのようなので、お会いするのは二度目です。
 夫の今回の旅の目当てだったので、いてくれてよかった…。

 ところで佐賀とユーリのコラボはゴールデンウィークまでで終了していますが、巡礼のお嬢様方はまだまだいらしてましたよ~。
 唐津城ではユリオやヴィクトルのコスプレの人たちが何組かいたし、そこで遭遇した別のユーリファンの人たちと仲良くなって撮影会したりと、和やかな雰囲気。
 観光協会配布のマップを手にしている人もちらほら見かけましたよ。
 今もまだユーリ特需の恩恵が続いています。
 また開催したらまだまだ経済効果上がると思うよ、唐津市…。

 そして、ガッツリ焼けて、ちょっと熱中症にもなりかけました。
 あ、ついでに水あたりもしてしまい(飲み口の雑菌繁殖をなめてました)、己の軟弱ぶりを確認する二日間でもありましたとさ・・・。

 次回更新は、よるシリーズの続きを予定しています。
 ではでは、また。



  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

しろくなりゆく・・・。 

2017, 05. 01 (Mon) 20:32

 28-29日の二日間、上京しておりました。
 夫婦で前日までみっちり仕事だったので昼間に飛行機に乗るというゆっくり選択だったのですが・・・。
 出発の福岡市営地下鉄からみっちみち・・・。
 あれ? 連休は明日からだよね?
 と、首をかしげましたが、どなたも考えることは同じなのだろう…。
 昔務めていた会社は親会社が電気労連系だったのでGWは休みを取ることに寛大で、それでがっつりスペイン一周とイタリア一周をやったことがありまして。よくよく考えたらあれは前後に有給もぎ取ったのだった。

 そんなわけで、いきました東京。
 宿泊先は半蔵門のホテル。
 最初、目的地の六本木あたりのホテルを取ろうとしたのですが、デザイン重視の部屋やバスタブがない部屋が多かったのと、私としては半蔵門界隈の方が落ち着く…と思ったので、この帝国系ホテルを選びました。
 それが色々私を後に助けることになったのは後程。

kakoDSC_0652.jpg
 景色がとても良いのです。
 シングルだとお堀に面していないので見晴らしはあまり良くないみたい(ツインとダブルが景色確約)ですが、桜の頃もう一度泊まりたいなーと思いました。


 そして、今回の目的地、新国立美術館。
 アルフォンス・ミュシャ展。

kakoDSC_0658.jpg

 入館したのが五時くらいかな。
 ちょうどヒトとヒトのはざまで、混雑していなかったので思ったように見ることができました。
 一部、撮影可の場所がありまして、それぞれ激写・・・。
 なかなか直接観に行くことは出来ないだろうから、念入りに、じっとり、それこそ舐めるように眺めたひと時です。
 パリ時代の方は福岡に何度かきているので、そちらは、うん、こんなんだったよねと、さらりと通って・・・というか、スラブ叙事詩が場所を取りすぎて、その先のコーナーは手狭な感じ。
 休日の来観者が多い時間は行き来が大変だろうな・・・。
 とにかく、満足。
 行った甲斐がありました。


 そして、一階の草間彌生展。
 こちらも熊本の美術館で割と最近見たのですが・・・。
 (最近と言っても数年前・・・のはず。月日が流れるのは早い)

kakoDSC_0663.jpg

 やっぱり、国立だと規模が違う。
 2階のミュシャもそうだけど、天井の高さとか、空間の広さが違うので、飾られる点数とレイアウトから、迫力が断然違う…。
 そして、圧倒されついでに魂をおもいっきり削られました。

kakoDSC_0667.jpg

 黄色のカボチャ。
 これよりちょっと小さい版は物心ついた頃から福岡の市立美術館で見ている。
 そんなすごい作品とは知らなかったよ…。
 夜景をバックに、ちょっとシュールです。


 そして、翌日は鎌倉へ。
 世田谷のエリック・カールと、上野の雪村と、六本木のエルミタージュ展と、色々見たいものがあったのですが・・・。
 実は、草間展を後にしたあたりから急激に体調が悪くなり、それどころじゃなくなりました。
 原因の一つは周期的な物からくる貧血と頭痛。
 最初は美術館のレストランで晩御飯のつもりでしたが、それを諦めてホテルへ戻り、地下のお店で寿司を食べ、翌朝は朝食付きだったので一階のレストランで和定食を選択。
 とてもきちんとした食事が運ばれてきたものの、口にすることがなかなかできなくて。
 脳みそと胃は空腹を訴えるのに口が食べ物を拒み、さらに手足がしびれてきた力が入らないという最悪のパターンで、顔も指先も紙ナプキンのように白くなっていく妻を、「やばい・・・やばいやばい・・・」と気をもむ夫。
 でも食べないと夕方六時の飛行機に乗るまで体がもたないと解っていたから、なんとか努力した結果…。
 別料金のグレープフルーツジュースと紅茶を頼み(洋食チョイスなら最初からついていた)、お替り自由のみそ汁を二杯飲み・・・。
 なんとか、荷物をまとめてチェックアウトすることができました。
 これは多分、ご飯が美味しくなかったら無理だったと思われます。
 元気だったら、楽しかっただろう・・・。
 テラスからの景色もとても綺麗だったし。
 かつ、レストランスタッフの皆さんのきっちりしたサービスぶりにも助けられました…。
 ちなみに私のこの獣めいた症状は年に何度もやってくるので、親しい友人たちは「あ、あれね・・・」とここを読みながら思い浮かべているに違いない…。
 いつもいつもすみません・・・。
 ついでに告白するならば、昔は一緒にヨーロッパ旅行したいとしきりに言っていた母が「あの症状が出たら面倒だから、あんたはいいわ」と切り捨て、健康な友人と旅を楽しむようになりました。
 ・・・いや、これはこれでいいんだと思う。お友達は大切だよ、母よ…。

 とにかく、鎌倉へ行ったことがないから行ってみたいと言う夫の元よりの希望と、たとえどの美術館へ行ったところで人ごみの多さは避けられないし都内で移動を繰り返すとどこかで倒れるかもしれないという危機感が合致して、チェックアウト10分前に決まった29日の旅程。
 品川から乗り込んだ横須賀線で座ることもできたので、無事鎌倉へ到着。
 だがしかし。
 休日の鎌倉を舐めていました。
 すみません。
 いや、よくよく考えたらGW初日だったんだよな。
 観光客でごった返す鎌倉の洗礼を、ちょっと受ける形になりました。

 何が凄いって、四両しかない江ノ電がみっちみちだったことですね・・・。
 ホームには人があふれかえり、降りた長谷駅は狭い歩道を譲り合って歩かねば目的地にたどり着かない。
 なので、今回は鶴岡八幡と大仏のみで帰途につきました。
 他にいくつかお寺も回って~と思っていたけれど、とてもそんなのんきに歩ける雰囲気ではなくて。
 元気な時の私はけっこう歩くのが早いのですが、体調が悪いと牛の歩みになりますもので・・・。
 三時には撤収して、羽田でゆっくり過ごすこととなりました。
 鎌倉方面はいずれまたリベンジしたいです…。
 
kakoDSC_0683.jpg

 前に親に連れられてきたときも感動しましたが・・・。
 青い空の下の、大仏様。
 観光客が周りを取り囲んでいるのに、なぜか静けさを感じるのですよね。
 この姿を見たいと思っていたし、夫に見せることができて良かった。
 ここ数年間の色々をねぎらう形になったかな…と思います。

 明日こそは文章書きます。
 『よる。』シリーズで、なっちゃんと東京でお茶する、大野将のブラックな部分がじわじわでてくる話かな。
 最初、品川の設定だったけど、別の場所にするかなーと思案中です。
 その点でも、東京に行って良かった…。

 

  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →