まずは、ごあいさつ。 

2030, 04. 08 (Mon) 19:20

 はじめまして。
 犬飼ハルノと申します。

 主に、つれづれとオリジナルBL小説(R18)を書いています。
 更新は平日にほぼ毎日。
 創作はBL小説は現代モノが今のところ多いです。
 今までUPした物を目次にして、折り畳み部分(『続きを読む』クリックして下さい)に収納していますので、興味を持たれた方はご覧ください。
 ではでは、これからもお付き合いしていただければ幸いです。

 それから、文章が増えるにつれてここも読みづらくなったので、2013年5月より小説のみのまとめサイトを作りました。
 パソコンで読む方はこちらが楽です。
 サイト名は、『薔薇の中の薔薇と花の中の花』、ブログで『別邸』と言う時は、ここです。


薔薇の中の薔薇と花の中の花。
↑ クリックして頂くと、まとめサイトへ飛びます。
  
 
 
 並行して、pixivのアカウントをとりました。『犬飼』です。

     pixivの入り口banner
  二次創作だけのつもりでしたが、まとめサイトとしてこちらの方が楽な方はどうぞこちらから・・・。
  同人誌のチラ見のページも作っています。

 『小説家になろう』にも、同じく登録しています。そちらも同じ内容を公開中。



<同人誌について>

 現在発行済みの同人誌は四誌、すべてR-18です。
 もしも興味を持たれた方は、イベント(主にJ庭)で直接購入されるか、通販または電子化のダウンロードをご利用願います。

 紙面化した既刊5冊をpixivの『BOOTH』を通して、自家通販しています。
 また、電子化販売の委託を『DLsite.com』さんに委託しています(電子書籍の方は消費税が付くようです)。

 『恋の呪文。』            A5 96頁、400円。
  ネット掲載のものを改稿・印刷しました。まとめ読みをされたい方にお勧めです。
  
 『ずっと、ずっと甘い口唇。』   A5 200頁、800円。
  ネット掲載のものを改稿・印刷しました。大変分厚く仕上がりましたが、まとめ読みには良いかもしれません。

 『秘密の花園-きざはし-』   A5 44頁、200円。
  俊一と覚を中心に、『夏』、『夏の夜明け』、『七夕』、そして書下ろしとして『きざはし』を前後に収録。

  『樂園-season1-』   A5 58頁 300円。
  『女王様と俺』を始めとして、『恋の呪文』直後からの池山×江口関連のSSを掲載。
  半書き下ろしてして、『バレンタイン・ラプソディ』を収録。

  『よるがすぎて、あさがくる。』   A5 32頁 200円。
  『srawberry』の本間奈津美と『小さな、嘘。』の本間吉央、大野将の話。
  うっかり表紙にR指定を入れてしまいましたが、甘いところはほとんどありません…。
  彼らの、家族の話です。

  もしも、お手元に置いても良いよと思われる方は
  それぞれの誌名のリンクをクリックして頂ければ窓口へ飛びます。
  興味のある方は覗いてみて下さいね(『BOOTH』ご利用の場合、送料165円が必要です)。


  あと、BLでない話を語る場所も2012年より設置しています。

     表玄関のバナー
    ↑ 『表玄関』のバナーです。
   
  料理の事や児童文学の事はこちらに。
  表玄関で健全に語った後、ちょっとヨコシマな見解をこちらで書かせてもらう事になるかと思います。

最後になりましたが、拍手などでちょっとひとこと感想を頂けると励みになります。
もしも宜しければ、ぽちりとして下さいね。


  ↓ 過去作品はこの下にあります。『続きを読む』をクリック下さい。

続きを読む »



  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

スポンサーサイト

『かつげき!まんばぐみ!!』-8の①- 

2017, 11. 22 (Wed) 20:36

 昨日は非番の日の久々の晴天で、朝から気負いこんで動いたせいでしょうか。
 今日はそのツケが来て夕方まで寝込んでいました。
 いや、そもそもそろそろ体調がガクンと落ちるだろうなあと思って、その前にやれることはやろう!!と、思ったのですよね。
 本懐か。
 車が運転できないから買い出しはいつも自転車なのですが、疎開かってくらい買い込んで帰りの荷物はすごい・・・というか、いつか通りすがりのパトカーに職質されるのではないかと思うこの頃。
 余談はおいといて。

 もともとオリジナルで立ち上げたブログなので、ここに掲載してもあまり喜んでいただけないのは解ってはいるのですが、一応、生きていますよ~という意味で、とりあえず掲載しますね。

miniDSC_0691.jpg


 今日は、活劇刀剣乱舞の二次のシリーズです。
 二次はその背景がわからないとその世界が掴みにくいのに、ついつい刀剣沼の読者さん寄りに説明を省いてしまいがちなので、ご存じない方にはかなり読みづらいかと思いますが、どうぞよしなにお願いします。
 これも、最初は軽く書いて終わるつもりだったのが随分と遠くにきてしまいました…。
 
 刀剣乱舞は刀の付喪神がひとの身体を得て戦うという設定なのですが、いきなりニンゲンにされてしまった彼らの心の内にはそれなりの色々があるんじゃないかなーと思って書いています。
 ええと、付喪神もにんげんだもの、てきな?(←こんなんで大丈夫なのか)。
 頭の中に生まれてしまったからと書かずにはいられない私をお許しください。

 ではでは、また近いうちに必ず。




  ↓ 小説はこの下にあります。『続きを読む』をクリック下さい。

続きを読む »



  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

『ひかりのくに-3-』(YOI二次創作) 

2017, 11. 17 (Fri) 16:26

 めっきり寒くなりましたね。
 福岡はほんの少し前まで長袖のカットソー一枚で十分だった…というか、それでも日向では汗ばむ陽気だったので、心の準備が全くできておりません。
 11月なんだよ。
 もう、半ばすぎてしまったんだよ!!
 寒くなって当たり前じゃんか!!と、己をしかりつける昨日の仕事帰り。
 自転車漕ぎながら半泣きでした。
 耳が痛かった…。
 物理的な意味で。
 気温が下がると、空気中の酸素含有率が上がったような気がするので、本当は寒い季節の方が好きなんですけどね。
 きんと冷えた夜の星空とか、お月様とか、雲とか、眺めるのは好き。
 健康体な時に限りますが。
 でも冬は、洗濯物をがんがん干せないのが寂しいです。
 お日さまの匂いは好きなんだ←我儘

 さて。
 Pixivの方には先に上げておきましたが・・・。
 ようやく、ユーリの二次が完成しました。
 長かった。
 長いのろけ合戦『ひかりのくに』。
 しかも、へなちょこポエマーで申し訳ない。
 でも、私一人で見た夜明け前の浜辺の光景を昇華できて(←笑う所です)、満足でございます。
 本当に、とても不思議で綺麗な景色だったのです。
 それを勇利とヴィクトルで見たとなれば素敵じゃんと思う、腐女子の花道。
 しかと受け止めていただければ幸いです。

blogP_20170909_173443.jpg

 ではでは、ステレオのCDを入れ替えて・・・。
 刀剣の二次の仕上げに戻りますか…。
 オリジナル・・・は、たとえ二次の途中でも来週に一本、なんとか書こうと思っています。
 春庭に参加するつもりなので、少しずつ、オリジナルの方に脳みそを戻さねばな・・・と。
 あ、途中でぶった切っている「夜」シリーズあたりでどうかな。
 
 その前に、まだ、申し込み手続きをしていない。
 サークルカットを作るのがどうにも苦手で・・・・。
 でも、いい加減来週になんとかします。
 机の引き出しに眠っているペンタブさん、まだ生きているかなあ。
 ちなみに、来週は平日に長谷津巡礼の予定…。
 ぎりぎりスタンプラリーやっているようですが、今回は巡礼初心者さんのご案内と高取邸が主な目的です。
 また、浜崎海岸に行けるというのもちょっと楽しみ。
 ・・・って、こんなに盛りだくさんで来週乗り切れるのか。
 いや、乗り切ってみますと、言霊さんに誓う夕暮れでした。
 
 ではでは、みなさん、良い週末を。


  ↓ 小説はこの下にあります。『続きを読む』をクリック下さい。

続きを読む »



  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

『ひかりのくに-2-』(YOI二次創作) 

2017, 11. 07 (Tue) 21:03

 今日は実家へ自転車飛ばして干し柿つくりを手伝いました。
 そして、母の友人宅まで柿の配達。
 するとそのご友人からお駄賃にチョコレート貰った。
 いや、身体を動かすことによって痩せることをもくろんだお使いだったんだけど、ありがたくいただきます、ありがとうございます!

 さて。
 間が空いてしまいましたが・・・。
 衝動で書きはじめたユーリの二次の続きです。
 終わるはずだった・・・と言うか、無理やり終わらせようかと思ったけれど、さすがにそれはアカンと思いとどまり、ここでいったん切ります。
 今回、オール・ロシア人コーチののろけ。
 ・・・。
 あああ。
 どうか逃げないで。
 めちゃくちゃのろけてますが、ここを乗り越えないとエンドマークにたどり着かないので!!
 皆さん、私の後ろからレッツゴー。

blogP_20170909_173443.jpg

 ところでヴィクトルが早朝にみつけた景色は、私が前にホテルの窓から見たものです。
 (こちらの浜辺の写真は夕方)
 秋の早朝の、引き潮の浜辺。
 とても不思議な世界でした。
 写真に撮ればよかったんだけどなー。
 海辺に泊まる機会がありましたら、ぜひトライして下さいね。
 ちなみに、上の写真を撮った頃よりもう少し後の逢魔が時に高校生くらいの男の子三人がめちゃくちゃはじけていて、めちゃくちゃ真剣に、ジャンケンをしていました。
 そして、最後は海へダイブしていた体育会系の男の子たちよ…。
 めちゃくちゃ楽しそうだなーと思う半面、ああ、男の子って、ほんとにばかだなーとも思いましたよ。
 男の子のお母さんって本当に大変だな(笑)。
 せっかく楽しい場面を拝見したので、ちょっとそれをネタにして味付けさせてもらいました。
 ごっつぁんです!

 明日は雨だし、配達物受け取りがあるので、明日こそは文章やります~。



  ↓ 小説はこの下にあります。『続きを読む』をクリック下さい。

続きを読む »



  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

時の重み。 

2017, 10. 26 (Thu) 20:32

 ここ数日、とてもとても天気が良かったので、がんがん洗濯と天日干しにいそしんでいます。
 仕事が農閑期で良かった…。
 お金は1銭も入らないけれど、天気は何にも代えがたい…。
 そういえば、福岡はこの間の週末、風台風でした。
 少しばかり雨が降りましたが、それは大した雨量にならず。
 そのため、農作物の管理が大変だと聞いています。
 塩害の可能性があるので。
 ようは、強風に運ばれた海の塩が植物に付着し、枯らしてしまうのです。
 海岸沿いの農園などは散水することでなんとか塩を落とそうとされているようですが・・・。
 観光名所のコスモス畑などはもうすでに手の施しようのないところもあるようです。
 先週半ばまでは綺麗だっただけに、辛いですね。
 そして、うちはすごく海に近いというわけではないけれど、山よりは海に近いポジションだからなのか…。
 ベランダのアルミ柵に潮が吹いたような跡ができましたね・・・。
 車とか、エアコンの室外機とか、放置していたら大変なことになるかもしれない…。
 雨が降りすぎるのも大変だけど、降らない台風もそれなりに被害をもたらすということを痛感しています。

D3Mi5


 ところで。
 家事の合間に、ええと。
 久々にゲームしていました。刀剣の。
 向かないからおざなりにしていたんですけどね…。
 お気に入りの刀剣をランクアップさせることができる装備品がどうしても欲しくて、時間を差し出しました。
 そう。
 刀剣のゲームをされている方にしかわからない話なのですが、私の初期刀・山姥切国広がいつでも極装備になってもいいように、旅支度をしておきたかったのです。
 それにはアイテムが2つばかり足りなくて、今回はがりがり頑張りました。
 ようやく一そろい手に入って、ほっとした・・・。
 それにしても、欲しいアイテムはなかなか手に入らなくて、それほどほしいと思っていなかった新しい男(今回の呼び物)がひょっこり手の中に落ちた時は、なんかちょっと・・・。ごめんなさい、ため息が出た。
 多くの大切な時間を差し出して、欲しいものは手に入らなくて、対してほしくないものが手に入る。
 ・・・人生の縮図ですな。
 いや、その男がそのうちなくてはならない男になるかもしれないし。
 ・・・ならない気はするけどね。
 大切な男は一人で十分(笑)。
 
 それはそうと、片手間にゲームをするために、隠し扉の中から本を取り出して読み直すことにしました。
 なんだか、急に読みたくなったのですよね。
 最近、アメリカのドラマでNAVYシリーズにはまっているせいでしょうか。
 ミステリー仕立ての物が読みたくて。

 それが、ジョシュ・ラニヨンの『アドリアン・イングリッシュシリーズ』です。
 草間さんの挿絵がすばらしく、主人公たちの関係性をものの見事に表しています。











 主人公のアドリアン・イングリッシュはロス在住の書店店主兼ミステリー作家。
 そして、亡くなった父の遺産と美貌の母を持つ、どこか浮世離れした青年で、ゲイ。
 ゲイですと触れ回っていないにもかかわらず、なぜか初対面の人のほとんどが彼をゲイと断じます。
 本人は不思議で仕方ないのですが、両親譲りのとびぬけた美貌と富裕層ならではの優雅さがどうにもそう見えるもとなのか・・・。
 ホモフォビアの男たちからはあからさまな侮蔑を受けるけれど、彼以上に浮世離れした母は、そこいらの女の子を嫁にするくらいならそちらの方がずっと良いと思っているようで、家庭はいたって円満。
 ただし、アドリアンは、超絶に・・・。
 男運が悪いのです。
 いや、その前に殺人事件に巻き込まれやすい…のはサスペンス劇場の定め。
 そして、謎ときにはまる主人公は日本の二時間ドラマなら定番でしたね…。
 あれ、今はもうやっていないのかな。
 ご当地紹介やグルメがないのがアメリカのサスペンスドラマとの違いでしょうか。
 話がそれました。
 アドリアンには主に大学時代からの前カレでUCLAの教授になったメルと、今カレがスタンフォードの教授のガイと、元カレでロス警察の刑事のジェイクがいます。
 教授二人はゲイなのを隠していませんが、ジェイクは仕事場と家族には絶対知られたくないと思うばかりかそもそも自分がゲイだと認めたくない期間が長かったためこじれた過去があり、それが焦点となるのですが・・・。
 三人とも見た目的にも社会的地位的にもイイ男なので、男も女も放っておかない。
 そして、時には入れ食い状態の三人…。
 実は恋愛関係においては古風な観念のアドリアンと相いれない部分があります。
 そして、三人ともアドリアンとの関係はキープしつつつまみ食いはしたいと思っているろくでなし・・・。
 いや、作者はそんなこと一切思っておられないようですが、私がアドリアンの友達だったらお勧めしない三人だわ…。
 と、前に読んだときは思ったのですけどね。
 特に五巻。
 アドリアンが人生最大のモテ期を迎えますが、正直言って、あれは大殺界だと思う。
 そして今回丁寧に読み直してみたものの、やっぱり教授二人は最低だなと言う気持ちは一ミリたりとも変わりませんでしたけどね。
 アドリアンのお人よしにもほどがあるっていうのもあまり変わりませんでしたけども。
 ジェイクに対する見方は少し和らぎました。
 五巻を昨日,今日と二回読み返してようやく・・・かな。
 じれったい部分は多々ありますが。
 三年かけて得た答がハッピーエンドならば。
 まあいいかと。
 その答えを得るための三年間。
 二人が考えに考えた見つけた、着地点が幸せならば・・・。
 傷ついた人は多々あれど・・・って、ジェイクの元妻は殺しても殺したりないでしょうけれど。
 恋の力にはかなわなかったって言う結論、結局好きなんですよね、私が。
 あ。
 アドリアンのろくでなし彼氏伝説、考えたら高校時代の初恋の男(一巻の初っ端に殺されています)がスタートだったのか。
 つくづく・・・。
 世の中にはもっといい男がいるよって声をかけたくなる主人公でした。
 ただし、三巻から登場する家族たちがとても良くて、そこがまたこのシリーズの魅力です。
 分厚いですが、秋の夜長のお供に良いかもですよ~。

 

  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

なんだかんだ言って(4DX感想他)。 

2017, 10. 23 (Mon) 17:03

 こんばんは。
 安定の約束やぶりです…。
 なんだろう。
 先週はダラダラしていた覚えはないんだ。
 大宰府まで足を延ばしたし、家事も買い出しもなんでもそこそこやった。
 いや、それで回らないのか…。

 創作に手を付ける時間がないのは明らかなので、諦めてさくっと、YOIの4DX報告を。

blogP_20170915_113256.jpg


 こちら福岡ではキャナルシティ博多内にあるユナイテッドシネマが上映会場でした。
 ご一緒したのは、今年に入って私と師匠でどっぷりユーリ沼に沈めてしまったEさん。
 少女漫画すらほとんど読んだことのない彼女をユーリとBLに突っ込むという荒業を行ってしまいました、神様。
 にんげんってつみぶかいいきものなんですね(棒読み)
 話を戻しましょう。
 4DXの告知が出た時、映画館まで行くのが面倒くさいし円盤持っているからいいかと思っていたのですが・・・。
 Eさんから「大画面で観たくないですか?だって、ヴィクトルの香りとか、あるんですよね」と、言われた数時間後、前売り券ポチっていました。
 実は、彼女より先に前売り券入手していた私…。
 ネットで見たデザインを気に入ってしまったので、もう、本当にただの衝動買いです。
 円盤まとめ買いリターン!!
 そもそも、我慢ができない女なのですよ、私…。
 八月から九月にかけて、お誕生日おめでとう己と称して真珠のピアスを衝動買いしたよね!!
 オトナって怖いわ。
 まあ、今年のアジア映画祭の上映が同じ映画館だったことが幸いしたのかな…。
 封切の数日前にベトナム映画を鑑賞して、それから挑みました(←(笑))。
 ところで私は涙腺が緩い方です。
 なので、そのベトナムのおじいちゃん映画で号泣していたのは広い館内で私一人でした…。
 ああ、はーずかしー、はーずかしー(←カツ丼宣言したあと恥ずかしくなって夜の長谷津を爆走する勇利を想像下さい)

 fc2DKkAllEVoAEBDQn.jpg
 証拠写真。
 特製ドリンクを買えばグッズがもらえる仕組みでしたが、飲みきる自信がなかったのであきらめました。
 冷たいものってあまりいっぺんに飲めないんですよね・・・。ヘタレです。
 
 ちなみに、ヴィクトルの香りは。
 福岡会場がそうなのか、私の当たった時がそうなのか。
 昔のシャンプーでシーブリーズという夏向けの製品があるのですが・・・。
 それに、すんごく似てた。
 正直、えええ?と思いました。
 そりゃあ、映画館でエゴイストとか無理ですよねー。
 解っていたけど、期待値が大きすぎたわ(笑)。
 この時の席は最後尾。
 悪くはなかったけれど、ちょっと物足りない感があったかな。
 普段映画館で後ろの方に座るのでそこを選んだのですが、次回は真ん中にしてみようという話になりました。
 あ。
 第一話の勝生勇利の涙が天井から降ってきましたよ。
 面白かった。

fc2DKkAnjlUQAAoufn.jpg
 そして、お昼とお茶タイム。
 しゃべり倒し。

fc22P_20171001_201307.jpg
 ちなみにこの週、J庭が池袋で開催されていた時期です。
 友人の結婚式に出席したので行けなくて、残念でした。
 もちろん、友達が幸せになるのは嬉しい。でも、J庭に参加したかったのも本音だったので、二人の私が常に戦っておりましたよ(笑)。
 この着物はレンタルですがなかなか豪奢で、帯が気に入ったので写真に撮ってもらいました。
 全体のモチーフが孔雀です。
 最初この着物を予約した時、あとでものすごく後悔したんですけどね。
 あまりにも派手すぎないかと…。
 やっちゃった感に悶えた数か月。
 でも結局、式場は常に薄暗かったので、無問題でした(笑)。
 それに新郎新婦が若かったから、他のお友達たちがめちゃくちゃぴちぴちしていた。
 だから、誰も見てないみてないってね(笑)。

 そして迎えた第二弾。
fc2P_20171005_110756.jpg

 私の体調がどん底の頃だったので、予定をずらしてもらったにもかかわらずまだ回復していなかったのか、海風的なヴィクトルの匂いにやられました・・・。
 だんだん片頭痛がひどくなって、映画が終わって地上階に降りるまでに貧血みたいな状態になったのでとりあえず入った飲食店で固まっている間に、Eさんが薬局に走って薬を買ってきてくれまして、それで奇跡的に回復。
 こんな日に限って荷物を減らそうともくろんで薬の入ったポーチを置いてきてしまっていたので、本当に助かりました。
 この御恩は忘れません…。
 
fc2P_20171005_112949.jpg
 Eさんがキャナルの中を走ってくれている間、私を支えてくれたファンシーな世界。
 ムーミンよありがとう・・・。
 カバの妖怪とかずっと思っていてごめんなさい。

 ところで、座席を真ん中に指定した件ですが。
 これはあたりだったと思う。
 ど真ん中がお勧めだな、4DXに関しては。
 そして、ギオルギーの演技をこの席で存分に楽しみました。
 体調悪かったけど、それはめちゃくちゃ楽しかった。


 そして、待ちに待った第三弾。
fc2P_20171010_160040.jpg

 例えばなのですが、三週連続で通うのが無理でどれか一つだけ行くなら、多分どなたもラスト四話が見られるこの週にするのだろうなと思いました。
 そんなわけで、たまたまですが観客を一番多く感じました。
 今回は、ヴィクトルの香りを察知したらちょっとハンカチで防いでしまいました…。
 ごめんなさい。
 でも、やっぱり第三弾が一番楽しかったです。
 そして、今目の前で上映されているのはテレビアニメとして作られたもの。
 なら、劇場版として作られる次回作はどのようなクオリティに仕上がるのかな、と楽しみになりました。
 ああ、そういえば。
 私たちがめいいっぱい期待していたヴィクトルの涙が降ってこなかった…。
 それだけはとてもとても残念でした(笑)。
 たまたま機会が作動しなかったのか、プログラムされていなかったのか。
 どっちだろう。
 翌日もう一回観に走ったEさん。(←さっそく恩を仇で返す私)
 どうだったのかなー? 

fc2P_20171010_164744.jpg

 今回はお昼の回で二人ともお昼を食いっぱぐれたので、ホットケーキ。
 ここのデザートはどれも好きなので凄く迷う。

fc2P_20171010_195156_1.jpg

 もちろん、お土産も入手しました。
 チケットと同じデザインのリバーシ。
 これが一番欲しかったから嬉しい。
 ちなみに、平日来館者にはポストカードが付きましたが、二人あわせてギオルギー二枚、ピチットくん、クリス、JJ、あれ・・・?あと一枚誰だったかな・・・。
 あ。
 南くんだ、多分。
 そんなこんなで、一枚も主人公たちにかすりもしなかった私たちのくじ運よ。
 いいんだいいんだ。
 運は大切にとっておくんだ。

 4DXを観て以来、パソコンに向かっている時のBGMがOh!スケトラになってしました。
 それまでずっとしつこく陰陽師だったのですけどね。
 しばらくはそれで楽しみたいです。
 最初は勇利のFSの曲だけエンドレスの状態で聞きたいと思っていましたが、今はどの曲も好き。
 JJの曲すらも(笑)。 
 そのようなわけで、明日こそはYOIの二次創作バカンス編を仕上げます。
 今週こそはー。

 放映から一年経つアニメの沼を、なんだかんだ言い訳しつつもまだ潜り続けている私をどうかお許しくださいませ。



  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

キヨラカと毒と。 

2017, 10. 18 (Wed) 23:36

 こんばんは。
 やっつけ仕事な感じで大変申し訳ないのですが、表玄関を今日も更新しましたのでお知らせします。
 ええと、こちらのブログは溢れ出る萌えでひたひたの、いわば裏口、または裏庭で、「表玄関」はちょっとよそ行きな私・・・と言ったところでしょうか。
 分けて書くようになったのは、萌えフィルターをかけた状態で児童文学を語っていたら、一般の方々がうっかり間違ってここをご覧になっておられることに気がついたからです。
 そのようなわけで、表でキヨラカに語った本などを(結構毒まみれではありますが)、こちらでは腐った視線で語ることが多いのでよろしくお願いします。

 そんなわけで。
 今回は絵本の紹介をしています。

  『本について。』  (← クリックすると表玄関へ飛びます。)

 割と大人になると絵本は子供の領域と思われがちですが、私は何度でも踏み込んだ方が楽しいと思います。
 その時々で、感じることは違いますから。
 今はけっこうナンセンスだったりやらかすキャラクターが出てくる絵本が好きですね…。
 大人げない話も大好物。
 考えさせられる絵本もたくさんあります。
 逆にコドモコドモした絵本って、意外と少ないのだなと、私は思います。
 幼児用までかな・・・。
 それ以降は、例え自分の子供のために書いたものだとしても、絶対大人の世界が起点だと思う。
 子供たちは読んでいるうちに自然と、考えることとか思いとか、大人の世界のさまざまを吸収していくのかな。
 私は子育ての経験がないのでそのあたりがどうにも解らず、もどかしい気持ちになることたびたびです。
 ただ、どんな時も子供たちが熱心に本を読んでいる姿を見かけると、ものすごく嬉しくなります。
 よしよし、もっと読めどんどん読めと、念を送る(笑)。
 そんな感じで、今回紹介したのはかなり真面目な話です。
 もともとは、政治の人たちとか大企業のトップなどの間で公立図書館を攻撃するがカッコイイという風潮があるように見受けたので、にゃろめ・・・と思い、加古さんの著作を読んで脳みそ使って反省しろと言いたかったのですが(←同じ土俵に上がってしまっている…)
 いち腐女子の声なんか聞こえるわけがないよなー。
 いいの。
 自己満足だろうがなんだろうが。
 吠えることに意義がある(笑)。

 それとね。
 作者の加古さんの無頼ぶりをもっと熱く語りたかったなと思っています。
 あの、突然のちゃぶ台返しはなかなかできないと思うのですよね。
 平和に楽しく読み進んでいたら、いきなり逆さづりされるという…。
 見習いたいです、あのロックぶり…。

 とりあえず、表活動はここまで。
 またしばらく間が空くでしょうけれど・・・。
 時間の許す限り、両立したいなと思います。

 ちょっとふらりと美術館へ行ったり、いまごろになってフリージアの球根掘り起こして植え直したりしているうちにあれ?もう水曜日?というとぼけた事態になっています。
 時間が経つのは早い。
 ちょっとぼんやりしているうちに時間泥棒にがんがん盗まれていく…。
 いや、私が亀のようにとろいだけ。
 反省…。
 相変わらず予定がずれておりますが、き、金曜日こそ二次の更新をします。
 まずはユーリの合宿を何とかします。
 サントラをかけるとスイッチが入るので、多分大丈夫だ。うん。



  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

じかんをまもれないひとなのです。 

2017, 10. 17 (Tue) 00:02

 やってしまいました・・・。
 図書館で借りていた本、ネットで一度だけ返却日を二週間日延べできるのですが、ポチるの忘れてしまいまして。
 三冊、延滞のロックがかかってしまった…。
 前日の夜までは覚えていたんだけどな。
 明日はネットで図書館のHPアクセスしないといけないって…。
 紙に書いて机に貼っとけ、俺。
 どうして期日を守れないかなあ。
 後悔しても一日前には巻き戻せません。
 次こそ、時間を守ろうね…。
 とはいえもう何か月も借りて返してを繰り返していた本なので、いい加減踏ん切りをつけて書くことにしました。
 そう。
 ずーっと、表玄関で紹介したいと思って握りしめていた本なのです。
 運よく、予約がかからなかったから、ほんとうに半分我が家の本になりかけていましたよ。

 そんなわけで、半ばやっつけ仕事な感じではありますが、二冊表玄関で紹介しています。
 現在も美術家として活躍されている、田部光子さんの著作についてです。

   『美術家であるということ。』 (←クリックしていただくと、表玄関に跳びます。)

 表のほうを更新するのめちゃくちゃ久しぶりだ~。
 できれば明日、もう一冊紹介したいです…。
 できるかな(不安)。
 
 でも、明日は九州国立博物館に朝一で桃山時代展観に行こうかと思っている。
 旦那送り出して、洗濯して、室内干ししたら、出動。
 一部、他県の美術館で観たことある絵が混じっているけれどそうでないものもあるはずだから、念のためまとめて観るのだ。
 そんで、昼に天神に戻って独りランチして、帰宅したら家事の続きをして、夕方には同僚たちと飲み会の予定。
 おお、すごいぞ。
 引きこもりじゃないみたいなスケジュールだよ。

 頑張れ私。

 いやその前に、時間を大切にしようぜ。



  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

『ひかりのくに-1-』(YOI二次創作) 

2017, 10. 12 (Thu) 23:52

 またもや間が空いてしまいました。
 何をしていたかなーと思ったら、仕事とか4DX強化週間だったことでしょうか。
 ちょっと生存報告的に、完成してから掲載するつもりだったユーリオンアイスの二次を載せることにしました。
 未完ですみません。
 来週、ビシッと〆ます。ビシッと!!

 4DXのことはまた後日語るとして。
 三週間連続で観ていたら、急に書いてみようかなという気になりまして。
 正直なところ、YOIに関しては多くの人が素敵な作品をどんどん出されているので、何も私が書かなくてもいいかなーと思っていたのですよね。
 これだけあるなら、もしかしたら同じことを考えられた人がすでに二次創作として出されている可能性もあるし、とか己に言い訳をして(笑)。
 でも、一緒に観に行った子といろいろ話しているうちに私なりの二人を書きたくなりました。
 そんなわけで。 
 九月に唐津へ行ったときの光景を思い出しつつ、書きました。

blogP_20170909_173443.jpg

 あの時は、純粋な気持ちでお泊りを楽しんでいたのですけどね。
 使わねーぞって思っていたんだけど。
 書いちゃった。てへ。
 とても綺麗な景色だったのを、反芻しつつ。
 この浜辺を二人が歩いたならば、という想定で(笑)。

 アニメを最初から最後まで見て。
 そして、サントラを聞きながら、私はユーリでは綺麗なところだけを集めたいと思いました。
 勇利のFSの曲のような、きらきらした、光だけの話。
 そんなわけで、ひかりのくに。
 単純な題名ですみません(笑)。

 前半が勇利視点、後半がヴィクトル視点。
 そして来週掲載予定の続きは一夜明けての話。
 
 二次の世界でふらふらしてばかりですが、こちらの方も楽しんでいただけると嬉しいです。


  ↓ 小説はこの下にあります。『続きを読む』をクリック下さい。

続きを読む »



  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →

ぎょらい。 

2017, 10. 04 (Wed) 19:24

 こんばんは。
 水曜日ですね。
 今日は四時に頭痛で目覚め、一時間布団の中で悶絶していました。
 同じ部屋で寝ている人が五時ちょっと前に起床だから、眠りを妨げたくなかったから頑張った…。
 こういう時ってホントに時間の流れが遅く感じられてたまらんかった・・・。
 でも、時間がたつにつれ何とか治ったのでけろりとしてPCに向かっております。
 周期的なものなので、これからしばらく多分大丈夫…のはず。

 ところでみなさん、J庭、楽しまれました?
 ツイッターみていると、やっぱり参加したかったと地団太踏んでいます。
 わたくしはその週末に、年下の友人の披露宴を堪能しましたですよ…。
 いや、大切なお友達なので、めでたいことだし招待してもらってとても嬉しいのだけど、よりによって重なったからちょっともう一人の私がざわめいていました。
 ところでこの披露宴、所要時間は四時間。
 いろんな仕掛けがあって驚かされ続けました。
 そして、昭和生まれのわたくしとしましては・・・。
 平成生まれの新郎新婦とその友人たちが大変眩しかったです…。
 ただし、予想通りの大規模なお式だったので三か月前にレンタル着物屋さんで予約して正解だったと胸をなで下ろしています。
 たとえ、テンパってチョイスした着物がちょっと珍しい柄だったので(たくさん拝見しているうちにわけが分からなくなった…)、会場でこれから祇園に出勤ですか、姐さんと散々からかわれたとしてもね(笑)。
 そういえば、着付けついでにメイクと髪を施術してもらったのですが。
 暴風にも崩れないに違いないくらいがちっがちに固められた髪は、コンディショナーで先に緩ませてからシャンプーすれば取れるとか。
 前に別件で利用した時にヘアメイク担当のお姉さんが教えてくれた。
 ちなみに私は石鹸シャンプーなので、化粧落としのクレンジング剤を塗ってみましたよ。
 荒業だけど、とりあえず何とかなったと思う・・思いたい。
 
 とにかく今年のメイン、法事と結婚式出席が終わったので、もう楽隠居の気分…。
 は。
 いやいやいや。
 今週来週と4DX視聴が残っている(そこか)。

 ところで、今日のBL紹介は、ウノハナさんの『石橋防衛隊(個人)』。
 


 表紙からして面白そうだと思っていたのですが、期待を裏切らないウノハナさん・・・・。
 ざっくり説明すると、某衛大で実力の抜きんでている国分寺は周囲から『国への忠誠心にあふれている』と見られていますが、実はそんなものはかけらもなく、高校からの同級生の石橋の傍にいたいがために入学、そして、害虫を寄せ付けないために日々鍛錬を惜しまないという…。
 だから、『個人』。
 それに気づかない石橋(普通気付かんだろう…)は、そんな友人の超人ぶりを尊敬の眼差しで見つめつつ、ちょっと自分の凡人ぶりに落ち込んだり・・・。
 この漫画のキモは、なによりもお気楽で楽しいところ。
 力技で(国分寺の)進む展開、お馬鹿さんな男たち。
 それが好物の方にお勧め。
 それと、キーワードは潜水艦、あるいは魚雷。
 私はこの本について師匠と語る時、ついつい『魚雷』と言ってしまいます。
 まあ、それだけインパクトがありました、ぎょらい・・・。

 リアルで心がすさんでいる時にお勧めかな。
 笑えます。
 うん。笑いたい、笑い飛ばしたい方は今すぐ読もう。
 私は肩のあたりがすっと楽になりましたよ。

 ではでは、次回こそはなにか創作をおとどけできれば。
 お月様出ているなあ。
 シゲルとミケも書きたいし、夜シリーズの続きも書きたい。
 かきたいことばかりです。

 あ。
 もう宣言してしまいますが、3月のお庭は絶対参加します。
 新刊を何にするかもあらかた決めてる。
 がんばるよ。



  記事の一番下の『拍手』ボタンをクリックして頂くと小話をご覧になれます。
  現在は、『睦み月』で『シゲルとミケ』シリーズです。
  飲んだくれ猟師と化け猫の話。
  楽しんで頂けたら幸いです。

 アクセスして下さったり、拍手やバナークリックで励まして下さる皆さんに感謝しています。
 もしもよろしければ感想や要望など頂けると、本当に嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


   拍手小話はこちら →